通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

Attended と Unattended ロボット

UiPath のロボットは自動化の中心的な役割を担い、ビジネスの発展と成功を日々サポートする存在です。企業とその事業を推進する人々がロボットを導入しやすくするため、Attended または Unattended の 2 種類のライセンスを使用できます。

はじめに Attended ロボットUnattended ロボットの主な特徴を比較し、その後それぞれの種類について詳しく説明します。

最適な用途

Attended ロボット

個々のユーザーによる小規模で反復的な作業の実行支援

Unattended ロボット

長いプロセスまたはオートメーションの実行。人間の介入は不要

動作のしくみ

Attended ロボット

ユーザー、または特定のユーザー イベント (例: 入電) によりプロセスをトリガー

Unattended ロボット

ユーザーに依存せず、Orchestrator で制御してプロセスをトリガー

動作する場所

Attended ロボット

ユーザーが日常業務を実行するのと同じマシン

Unattended ロボット

Orchestrator に接続されている任意のマシン。通常は専用のマシンを使用

以上が 2 種類のロボットの違いです。ここからは、各ロボットがどのように動作するのかや、それぞれのメリットをより大きく受けられるのはどのようなユーザーかについて詳しく説明します。

Attended ロボット

Attended ロボットは、エンド ユーザー (人事担当者、コール センターのオペレーター、またはデータ検証スペシャリスト) のパーソナル アシスタントとして機能し、小規模な日常業務や業務プロセスに含まれる特定の作業の実行を支援します。

以下の図では、Attended ロボットがどのようにユーザーの業務を改善し生産性を向上させるかを、実際の例を挙げて説明しています。

  • ユーザーが、サポート チケットを受信します。内容を読み進めるうちに、この要望に応えるにはより詳しい情報が必要であることに気づきます。
  • ユーザーが、自分の代わりにドキュメントを検索するプロセスをトリガーします。
  • Attended ロボットが、サポート チケットに記載されているキーワードを使用して内部・外部ソースを検索し、関連ドキュメントを探します。
  • Attended ロボットが、見つかった情報をユーザーに提供します。
  • ユーザーが、ロボットにより提供されたドキュメントを使用して、短時間でより完成度の高い回答を返します。

この種類のデプロイでは、ロボットプロセスを実行する方法とタイミングをエンド ユーザーが完全にコントロールできます。

一方で、企業内での大規模な使用に最適なのが Unattended ロボットです。バックグラウンドで動作し、複数のユーザー、さらには部署全体における、反復的な業務や実行時間の長い業務にかかる負担を軽減します。

Unattended ロボット

この種類のロボットは、自動化プロジェクトの実行を開始するのにユーザーの直接的な操作を必要としません。通常、Unattended ロボットは専用のマシンで動作すること、また、Orchestrator 内で定義された設定に基づいて動作するようプログラム済みであることから、ユーザーが自身の業務を中断してタスク/プロセスをトリガーする必要はありません。

レポート システムの例を見てみましょう。頻繁に行われるレポートの提出や報告プロセスでは、従業員のパフォーマンス、部署ごとの日々の業務量、各種指標値などのデータを取得する作業が必要です。Unattended ロボットは、通常手動で行われ時間がかかるこのような作業の処理に活躍します。

企業に Unattended ロボットを導入して実際の計算作業やレポートの作成を任せれば、社員はそのレポートの結果に基づいて次のアクションを取る、という重要度の高い業務に時間を充てることができます。

1 年前に更新


Attended と Unattended ロボット


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。