Insights
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
サポート対象外
Insights
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

ビジュアリゼーション

比較

次の表では、v2021.10 より前の Insights のビジュアリゼーションと、それに対応する Insights v2021.10 のビジュアリゼーションの名前を比較できます。

v2021.10 より前の Insights

v2021.10 の Insights

  • インジケーター

  • Single Value

  • 円グラフ

  • 縦棒グラフ

  • 棒グラフ

  • 折れ線グラフ

  • 面グラフ

  • 領域

  • ピボット

  • ピボット

テーブルのビジュアリゼーションのフィールドでピボット テーブルを作成できますが、ピボット テーブルの固有のビジュアリゼーションはありません。

  • 散布図

  • Scatterplot

  • ツリーマップ

  • ツリー マップ

  • カレンダー ヒートマップ

利用できません。

  • 領域マップ

  • Map

このビジュアリゼーションを使用するには、緯度と経度の座標フィールド、または map_layer_name パラメーターが定義された state または city フィールドが必要です。このパラメーターを定義するには、ワークフローのカスタム変数を使用する必要があります。

例:

dimension: state { map_layer_name: us_states sql: ${TABLE}.state ;; }dimension: state { map_layer_name: us_states sql: ${TABLE}.state ;; }
  • サンバースト

  • 円グラフに内側の円と値のラベルを追加できるグラフです。

  • Box and whisker plot

  • BoxPlot

  • 極座標グラフ

利用できません。

  • ガント チャート

  • タイムライン

<img href="https://files.readme.io/9bdc04b-57.png">

  • 入力

  • ROI データセット/テーブルにプロセス ベースラインの列を設定する

ROI データセットに登録されていないケースは選択できません。

  • 比較

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.