Insights
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
サポート対象外
Insights
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

一般的な式

前提条件

v2021.10 より前の Insights で式にアクセスする

  1. ユーザーにはデザイナー権限が必要で、Insights ポータルに移動する必要があります。



  2. 次に、既存のダッシュボードに移動するか、新しいダッシュボードを作成します。



  3. 次に、ウィジェットを編集するか、新しいウィジェットを作成します。



  4. 次に、値の横のプラス記号をクリックします。



  5. 「fx」アイコンをクリックして新しい式を作成します。



  6. ここでは、[Functions] タブが表示されます。



  7. 一般的に使用される関数は、下の表内で比較できるよう強調表示されます。

v2021.10 の Insights で式にアクセスする

  1. ユーザーにはデザイナー権限が必要です。既存のダッシュボードに移動するか、ダッシュボードを最初から作成します。



  2. 次に、ダッシュボードを編集します。



  3. 次に [Add Tile] を選択し、[Visualization] を選択します。





  4. 次に、Explore を選択します。



  5. [Add New Measure]、[Add New Dimension]、または [Table Calculation] オプションを使用して、新しいカスタム式を作成します。



比較

一般的な式

v2021.10 より前の Insights

v2021.10 の Insights

Sum - リスト内の数値を合計します。

  • [Functions] タブで Sum 関数を検索して選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。\))\))

  • 次に、「Sum」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。

注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Round - 端数を返します。

  • Round 関数を検索し、タブから選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • Round」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Now - 現在の時刻を返します。

  • Now 関数を検索し、[Functions] タブから選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「Now」と入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Median - 中央値を計算します。

  • [Functions] タブで Median 関数を検索します。次に関数をクリックすると、Median 関数が式エディターに表示されます。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「Median」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

最大値

  • Max 関数を検索してクリックすると、式エディターに関数が追加されます。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に「Max」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

If - 条件に基づいて数値式を実行します。

  • [Functions] タブで If 関数を検索して選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「If」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Floor - 最も近い 1 の倍数に切り捨てられた数値を返します。

  • Floor 関数を検索し、クリックすると数式に関数が追加されます。
  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「Floor」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

数式内でフィールドをフィルター処理する

(フィールド、フィルター処理されたフィールド)

  • 式内でフィールドをフィルター処理するには、元のフィールドの横にフィールドを追加してそれをクリックし、[Rename] を選択して、フィルターを選択します。

  • フィルターを追加するには、フィールド名の横にある [Filter by Field] ボタンをクリックします。

  • ビジュアリゼーションの上部にフィルターが表示されます。

Day Difference - 開始時刻と終了時刻の差を返します。

  • [Functions] タブで Day Difference 関数を検索して選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「diff_days」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Count - 一意の値の数をカウントします。

  • 例: Count(ProcessName)
  • [Functions] タブで「Count」と入力し、関数を選択します。次に [Data Browser] タブに移動し、関数内で [ProcessName] をクリックします。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • Count_Distinct」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。

  • または、フィールドの横にある 3 点リーダー メニューを選択して [Count] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Count All - 項目のリストに含まれる実際の項目数を返します (重複を含む)。

  • 例: DUPCount(ProcessName)
  • [Functions] タブで Count All 関数を検索して統計関数を選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「Count」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。

  • または、フィールドの横にある 3 点リーダー メニューを選択して [Count] をクリックします。

注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Case - 条件に基づく結果の式を実行します。条件が満たされない場合は、else 条件が返されます。

  • Case 関数を検索し、[Functions] タブから選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「Case」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

Average - 平均値を計算します。

  • [Functions] タブで Average 関数を検索して選択します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • mean」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。

All

  • 利用できません。

Ceiling - 1 の位の数まで切り上げます。

  • [Functions] タブで Ceiling 関数を検索して選択し、式エディターに追加します。

  • まず、カスタム フィールドの横にある [Add] ボタンをクリックします。

  • [Table Calculation] を選択します。

  • 次に、「Ceiling」と入力し、必要なパラメーターを入力します。

  • テーブル計算の名前を選択し、[Save] をクリックします。
注: 詳しくは、こちらをご覧ください。
  • 前提条件
  • v2021.10 より前の Insights で式にアクセスする
  • v2021.10 の Insights で式にアクセスする
  • 比較

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.