Insights
2021.10
  • リリース ノート
  • 基本情報
  • アクセスと権限
  • Insights を操作する
  • トラブルシューティング
バナーの背景画像
Insights
最終更新日 2023年8月2日

予測

概要

予測を使用して、ビジネスや運用データ ポイントの結果を予測できます。たとえば、以下にキャプチャしたロボットの使用状況に関して、傾向が上向きになるか、下向きになるかを確認できます。



動作のしくみ

予測では、AutoRegressive Integrated Moving Average (ARIMA) アルゴリズムを使用して、データ結果が経時的にどのように変化するかを予測します。

予測を使用する状況

  • 経時的に節約できた時間や金額など、ビジネスへの影響を予測および監視する。
  • 定義されたタイムラインで Measure の目的 (ロボットの使用状況、ジョブの成功率、節約できた金額、節約できた時間など) を指定する。

予測を作成する

予測を作成するには、タイムフレームの Dimension を含むように Explore を設定し、既定またはカスタムの Measure を追加する必要があります。この例では、ロボットの使用状況の予測や、実行中のプロセス数の経時変化について説明します。

この例では、次のフィールドが使用されます。

  • Dimension: [ジョブ] > [終了日] > [月]
  • Measure: 実行されたプロセス

ダッシュボードを作成して Explore を設定する

  1. Insights を開きます。
  2. 既存のダッシュボードを使用するか、新しいダッシュボードを作成します。

    この例では、新しいタイルを作成できます。

  3. [Edit Dashboard] > [Add Tile] に移動します。
  4. [ジョブ] Explore を選択します。
  5. 以下の変数を検索するか、左側のサイドバーを使用して移動します。

    • Dimension: [ジョブ] > [終了日] > [月]
    • Measure: 実行されたプロセス
  6. Jobs End Month ディメンションのフィルターを設定して、タイムフレームをキャプチャします (例: 月初まで)。

    この例では、次の条件でフィルターを設定します。

    • is before
    • (絶対)
    • 3 月 1 日
  7. [実行] をクリックしてクエリを実行し、ビジュアリゼーションをトリガーします。



予測設定を構成する

注:

Explore が次の条件を満たしていることを確認してください。

  • タイムフレーム Dimension が 1 つだけ含まれる (Dimension のフィルが有効化されている場合)。
  • 既定またはカスタムの Measure が少なくとも 1 つ含まれる。
  • 予測には既定またはカスタムの Measure を最大で 5 つ含めることができる。
  • 結果をタイムフレーム Dimension で降順にフィルター処理する (例: 過去 3 か月)。
  • 構築しようとしているビジュアリゼーションがクエリ要件を満たしていることを確認する。

クエリを作成して実行した後、[Visualization] タブに移動して、予測の実行に使用する Measure を選択します。



  1. [Forecast] をクリックして測定フィールドを追加します。

    この例では、Explore に追加した [実行されたプロセス] フィールドのみが表示されます。予測には、最大 5 つの測定フィールドを追加できます。

  2. 期間を月単位で入力して、予測の [長さ] を設定します (例: 3 か月)。
  3. [Prediction Interval] を設定します。既定値は 95% です。予測間隔には、推定の精度が示されます。既定値を使用した場合、将来の値 (例: [実行されたプロセス]) が予測の上限と下限の範囲に収まる可能性が 95% であることを意味します。

  4. [Seasonality] を設定して、予測のサイクルを構成する、予測可能なデータの変動を考慮します。

    このオプションは、データ内の既知のパターンや未知のパターンの理由を説明できる場合に使用します。そうでないと、不正確な推定値になる可能性があります。

    • 自動: データ セット内のすべてのバリエーションを自動的に検出します。
    • カスタム: データのサイクルを構成する行の数を指定します。
    • なし: データに予測可能なサイクルがない場合に使用します。
  5. (任意) [Settings] をクリックして、予測の外観 (プロットのスタイル、グリッド線、近似曲線のスタイル、軸の詳細、フォントなど) を設定します。
  6. [実行] をクリックしてクエリを実行し、ビジュアリゼーションをトリガーします。
  7. 予測を新しいダッシュボードとして保存します。



予測を編集する

  1. Insights を開きます。
  2. 予測ダッシュボードに移動します。
  3. ダッシュボードの右上隅にある 3 点リーダー メニューをクリックし、[Edit dashboard] を選択します。
  4. タイルの右上隅にある 3 点リーダー メニューをクリックし、[Edit] を選択します。
  5. [Visualization] > [Forecast] に移動して、予測の設定を変更します。

    更新した Explore が予測要件を満たしていることを確認してください。

  6. [実行] をクリックしてクエリを実行し、ビジュアリゼーションをトリガーします。
  7. 予測を更新されたダッシュボードとして保存します。

予測を削除する

  1. Insights を開きます。
  2. 予測ダッシュボードに移動します。
  3. ダッシュボードの右上隅にある 3 点リーダー メニューをクリックし、[Edit dashboard] を選択します。
  4. タイルの右上隅にある 3 点リーダー メニューをクリックし、[Edit] を選択します。
  5. [Visualization] > [Forecast] に移動して、予測の設定を変更します。
  6. [Clear] をクリックして、予測を削除します。
  7. ダッシュボードを保存します。



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.