UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

インストールについて

インストール アーティファクトは、Orchestrator の初回購入時に提供されるか、カスタマー サクセス マネージャーまたは弊社サポート チームで用意いたします。製品を購入する前に試用をお望みのお客様は、弊社のウェブ サイトで提供している無料評価版をぜひお試しください。

Orchestrator のインストールは、次の方法で行うことができます。

  • Windows インストーラーを使用 - 1 つ以上のノードで Orchestrator およびそのコンポーネントすべての複雑なインストールを実行します。Windows インストーラーの修復機能はサポートされません。
  • Azure 用のインストールスクリプト - Azure Portal で行う、1 ノードまたはマルチノードでの Orchestrator およびそのコンポーネントの複雑なインストールです。
  • UiPath Platform インストーラー - Orchestrator、Robot、Studio のインストールのための実行ファイルです。インストール手順は、Windows インストーラーと同じですが、このインストーラーではコマンドライン引数を受け付けません。これは通常、単一ノードのアーキテクチャの場合にお勧めします。

選択したインストール方法に関係なく、指定したデータベースが存在しない場合は、インストール中に自動的に作成されます。

UiPath は、問題の診断および Orchestrator の改善を目的として、使用状況とパフォーマンスに関するデータを収集しています。UiPath プライバシーポリシーのプラクティスについては、プライバシーステートメントを参照してください。

🚧

重要!

UiPath Orchestratorのインストールを行う前に、「インストールの前提条件」に提示されているすべての手順を完了してください。

Internet Explorer または Edge ウェブブラウザーを使用して Orchestrator にログインした場合、ウェブサイトの名前にアンダースコア (“_”) が含まれていると (例: https://orchestrator_tests.com)、ログインできません。

また、選択したインストールの種類に関係なく、スケジューリング機能を適切に動作させるために、次のことを必ず確認するようにしてください。

  • 冗長化構成では、すべてのマシンのシステム時刻が誤差 1 秒以内で同期されていること
  • データベースおよび Orchestrator マシンのシステム時刻も同様に同期されていること
  • SQL データベースがエラー ステートの場合は、IIS から Orchestrator ウェブサーバーを再起動することが推奨されます。NLB 環境の場合は、すべてのウェブサーバーを再起動してください。

Windows インストーラーについて

UiPath Orchestrator Windows インストーラー (UiPathOrchestrator.msi) は、Orchestrator のインストールに役立ちます。次のことを実行できます。

  • 1 つまたは複数のノードでのインストール
  • IIS 設定の構成 (ウェブサイト + アプリケーションプール)
  • 選択されたウェブサイトポートに応じたファイアウォールルールの追加
  • SQL Server データベースに関するデータベース設定の構成
  • パッケージとアクティビティで使用されるすべての NuGet フィードの自動セットアップ
  • UiPath 製品の認証とアクセス制御を集中管理するための Identity Server のセットアップ
  • ログ用 Elasticsearch の設定
  • Windows 認証の有効化
  • Webhook サービスの有効化

既定で Orchestrator は C:\Program Files (x86)\UiPath\Orchestrator ディレクトリにインストールされます。

🚧

重要!

Web サイトとアプリケーション プールの名前は変更できません。

Azure インストールスクリプトについて

Azure インストールスクリプトを使用することで、Windows インストーラーやスクリプトのように、同一のコンポーネントをすべて 1 つのノードまたはマルチノードでインストールおよび構成することができます。このスクリプトと他のスクリプトの相違点は、Azure Portal に Orchestrator をアプリケーションサービスとともにインストールする場合に便利であるという点が挙げられます。

UiPath Platform インストーラー

UiPathPlatformInstaller.exe は、UiPath の全製品をバンドルしたインストーラーアプリケーションです。同じマシン上で、Orchestrator、Robot、Studio のインストール、アンインストール、更新ができます。これらのプロセスは、Windows インストーラー UiPathStudio.msi および UiPathOrchestrator.msi を使用した場合と同じです。

ただし、UiPathPlatformInstaller.exe ではコマンドライン引数を受け付けません。

Orchestrator のインストールを変更する

Orchestrator のインストール後は、インストールを変更してオプション機能 (Insights および/または Test Automation) を追加または削除できます。

インストーラーで変更する

[プログラムの追加と削除] に移動し、[UiPath Orchestrator] を選択して、その後 [変更] を選択します。上記の 2 つのモジュールのいずれも、[機能] 画面から有効化/無効化できます。その後、該当する設定画面に移動します。このフローはインストールの時と同じです。

コマンド ラインで変更する

どちらの機能も追加するには、両機能なしで Orchestrator のみをインストールした後に管理者のコマンド プロンプトから以下のコマンドを実行します。

UiPathOrchestrator.msi ADDLOCAL=InsightsFeature,TestAutomationFeature DB_INSIGHTS_DATABASE_NAME=UiPathInsights DB_INSIGHTS_SERVER_NAME=.\sqlexpress DB_INSIGHTS_AUTHENTICATION_MODE=WINDOWS TA_DATABASE_NAME=UiPathTestAutomation /Q /lvx* log.txt

1 つまたは両方の機能を削除するには、インストール後に以下のような REMOVE パラメーターを使用します。

UiPathOrchestrator.msi REMOVE=InsightsFeature,TestAutomationFeature /Q /lvx* log.txt

5 か月前に更新


インストールについて


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。