通知を受け取る

UiPath Developer

The UiPath Developer Guide

スコープによるアクティビティの優先度設定

Using the UiPath.Activities.API package from the Official feed (https://pkgs.dev.azure.com/uipath/Public.Feeds/_packaging/UiPath-Official/nuget/v3/index.json), you can set Studio to show activities that match the custom activity's scope at search. For information on how to use the API, see About the Activities SDK.

このため、カスタム アクティビティ内の plus_icon アイコンをクリックすると、現在のスコープに一致するアクティビティの候補がコマンド パレットに表示されます。

これを実現するには、次のメソッドで IScopedActivitiesService インターフェイスを使用します。

  • SetScopedActivity - スコープ アクティビティと、そのスコープに適したアクティビティを組み合わせたペアを追加します。
  • SetScopedActivities - 指定したスコープの種類に適したアクティビティの種類のリストを追加します。

以下に、カスタム アクティビティ内で、これらのメソッドを使用する例を示します。

public void Initialize(object argument)
        {
            try
            {
                if (!(argument is IWorkflowDesignApi api))
                {
                    return;
                }
                if (api.HasFeature(DesignFeatureKeys.ScopedActivities))
                {
                    api.ScopedActivitiesService.SetScopedActivities(typeof(FirstScopeActivity), new List<Type>() { typeof(FirstChildActivity), typeof(SecondChildActivity) });
                    api.ScopedActivitiesService.SetScopedActivity(typeof(SecondScopeActivity), typeof(ThirdChildActivity));
                }
            }
            catch (Exception ex)
            {
                Trace.TraceError(ex.Message);
            }
        }

約 1 か月前に更新


スコープによるアクティビティの優先度設定


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。