通知を受け取る

UiPath の開発者

The UiPath Developer Guide

アクティビティ SDK について

The UiPath.Activities.API SDK package is hosted on the Official activities feed (https://www.myget.org/F/workflow).

Among others, the package is used for:

🚧

重要

カスタム プロジェクトでは開発依存関係として UiPath.Activities.API SDK パッケージを使用する必要があります。開発依存関係について参照してください。

API の使用法

When the activities are loaded into Studio, a reference to IWorkflowDesignApi is provided in several ways:

  1. IRegisterMetadata の実装に public void Initialize(object api) メソッドを追加します。このメソッドはアクティビティの読み込みプロセスで呼び出され、読み込まれたアクティビティは後で使用するため api パラメーターを保存します。
  2. Define a class that implements IRegisterWorkflowDesignApi. The method IRegisterWorkflowDesignApi.Initialize(IWorkflowDesignApi api) is called during the activity loading process, and the activity can store the api parameter for later usage. When using this method only Studio versions from 2019.6 are able to load your package.
  3. api オブジェクトへの参照を、context.Services.GetService<IWorkflowDesignApi>() を呼び出すことで取得します。ここで、context は、通常アクティビティの設計者がアクセス可能な System.Activities.Presentation.EditingContext です。

Design Feature Keys

It is important to perform a preliminary check against the DesignFeatureKeys to see if the needed feature keys are supported. For more information, see the list of feature keys.

フィーチャーをチェックするには、IWorkflowDesignApi の参照に対して HasFeature メソッドを呼び出す必要があります。これを行わないと、Studio のより古いバージョンでは、関連する API メソッドの呼び出しが MissingMemberException または MissingMethodException で失敗する可能性があります。

IWorkflowDesignApi studioActivitiesApi;
            // How to check for a feature.
            if (studioActivitiesApi.HasFeature(UiPath.Studio.Activities.Api.DesignFeatureKeys.Settings))
            {
                // Call Method or lambda that is using specific feature
                // This ensures that the code is JIT compiled only after the feature check
           }

Interfaces

The following interfaces are available:

3 か月前に更新


アクティビティ SDK について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。