通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

不具合の同期

概要


You can synchronize execution results with external tools, as part of the Application Lifecycle Management tool integration. Information that is gathered during execution, such as results, logs, timestamps, and other details is synchronized with the tool that you have integrated with Test Manager.

現時点では、不具合の同期のために有効化できる接続は 1 つのプロジェクトにつき 1 つのみである点にご注意ください。

📘

はじめる前に

  • 不具合を同期するには、Test Manager でコネクタを設定する必要があります。Test Manager で利用可能なコネクタはこちらをご覧ください。
  • 最初にテスト セットを実行しておく必要があります。

不具合を作成する


不具合を作成するには、[テスト結果] ページでテスト ケースのログにアクセスします。

  1. [テスト結果] に移動します。
  2. テスト結果を開き、テスト ケースのキーをクリックしてログを開きます。
  3. [タスク] をクリックして [不具合を作成] を選択します。
948948

不具合が作成され、外部ツールに同期されます。同期された不具合があるテスト実行結果に移動すれば、不具合を直接ツール (Atlassian Jira など) で開くことができます。

947947

不具合のリンクを解除する


外部ツールから不具合のリンクを解除した場合、ツール内で作成されたエントリは変更されません。Test Manager では、テスト実行結果は外部ツールとリンクされません。

  1. [テスト結果] に移動します。
  2. テスト結果を開いて [タスク] をクリックします。
  3. [不具合のリンクを解除] を選択します。

8 か月前に更新


不具合の同期


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。