Communications Mining
最新
バナーの背景画像
Communications Mining 開発者ガイド
最終更新日 2024年2月8日

テナント

Communications Mining SaaS プラットフォーム上のテナントは、単一の組織のデータを表します。 場合によっては、組織に複数のテナントがあることがあります。 たとえば、組織では、運用環境と開発環境のそれぞれにテナントを割り当てることができます。

データとユーザーはテナント間で分離され、各テナントは Communications Mining プラットフォームに対して一意の API エンドポイントを使用します。 あるテナント内のユーザーおよびプロジェクトは、別のテナント内のユーザーおよびプロジェクトにアクセスできません。 ただし、Communications Mining のサポート ユーザーに対する例外です。Communications Mining プラットフォームの使用を支援するために、テナント内で権限が付与されることがあります。

API エンドポイント

UiPath を介してオンボーディングされたテナント

UiPath を介してオンボードされたテナントの場合、API エンドポイントの形式は https://cloud.uipath.com/<my_uipath_organisation>/<my_uipath_tenant>/reinfer_/api/...です。

Communications Mining を介してオンボードされたテナント

Communications Mining を介してオンボードされたテナントの場合、API エンドポイントの形式は https://<mydomain>.reinfer.io/api/...です。 <mydomain> はテナントの一意のドメインです。
一意のドメインは、Communications Mining の Web UI でログインするドメインと同じです。 次のスクリーンショットでは、ユーザーは example.reinfer.ioにログインしているため、テナントドメインは example され、テナント API エンドポイントは https://example.reinfer.io/apiになります。
example.reinfer.io のテナント ドメインを表示するスクリーンショット

  • API エンドポイント

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.