Communications Mining
最新
バナーの背景画像
Communications Mining 開発者ガイド
最終更新日 2024年2月8日

一括アップロード

重要:

請求対象の操作

作成されたコメント 1 件につき、または (一意の ID に基づいて) 更新されたコメント 1 件につき、1 AI ユニットが請求されます。

CLI では、コメント(事前にラベル付けされたコメントを含む)をバッチでアップロードできます。 ライブ接続が不要な場合に Communications Mining にデータをインポートするだけでなく、既存のトレーニング データを Communications Mining にアップロードしたり、Communications Mining の既存のコメントやラベルを上書きしたりするためにも使用できます。

メモ: このセクションでは、CLI がすでに インストール および 設定されている ことを前提としています。

データの準備

CLI では、各行が JSON 値である JSONL 形式 (改行区切り JSON とも呼ばれます) のデータが必要です。 多くのツールは、すぐにJSONLファイルをエクスポートできます。 ご不明な点がございましたら 、サポートにお問い合わせください

JSONL ファイルの各行は、コメント オブジェクトを表します。 各コメントオブジェクトには、少なくとも一意のID、タイムスタンプ、およびテキストが必要ですが、メタデータなどの他のフィールドを持つこともできます。 データに設定するフィールドについては、 コメントリファレンス を参照してください。

JSONL ファイルの各行は、次の形式である必要があります (必須フィールドのみが表示されます)。 (これは読みやすくするためにインデント付きで表示されますが、ファイル内ではすべて1行にまとめる必要があることに注意してください)。

{
  "comment": {
    "id": "<unique id>",
    "timestamp": "<timestamp>",
    "messages": [
      {
        "body": {
          "text": "<text of the comment>"
        }
      }
    ]
  }
}{
  "comment": {
    "id": "<unique id>",
    "timestamp": "<timestamp>",
    "messages": [
      {
        "body": {
          "text": "<text of the comment>"
        }
      }
    ]
  }
}

コメントと一緒にラベルをアップロードする場合は、次のようにラベルを含めることができます(上記と同じように、読みやすくするためにインデントで表示されますが、ファイル内ではすべて1行にする必要があります)。

{
  "comment": {
    "id": "<unique id>",
    "timestamp": "<timestamp>",
    "messages": [
      {
        "body": {
          "text": "<text of the comment>"
        }
      }
    ]
  },
  "labelling": {
    "assigned": [
      {
        "name": "<Your Label Name>",
        "sentiment": "<positive|negative>"
      },
      {
        "name": "<Another Label Name>",
        "sentiment": "<positive|negative>"
      }
    ]
  }
}{
  "comment": {
    "id": "<unique id>",
    "timestamp": "<timestamp>",
    "messages": [
      {
        "body": {
          "text": "<text of the comment>"
        }
      }
    ]
  },
  "labelling": {
    "assigned": [
      {
        "name": "<Your Label Name>",
        "sentiment": "<positive|negative>"
      },
      {
        "name": "<Another Label Name>",
        "sentiment": "<positive|negative>"
      }
    ]
  }
}

データをアップロードする

コメントをアップロードする

以下のコマンドは、指定されたソースにコメントをアップロードします。 コメントを新しい空のソースにアップロードすると、問題が発生した場合のロールバックが容易になるため、ソースを削除するだけにすることをお勧めします。

re create comments \
  --source <project_name/source_name> \
  --file <file_name.jsonl>re create comments \
  --source <project_name/source_name> \
  --file <file_name.jsonl>
既存のコメントを更新する場合は、 --overwrite フラグを指定する必要があります。 コメントは [ comment.id ] フィールドに基づいて上書きされます。 コメントを更新する前にソースのバックアップコピーを作成して、問題が発生した場合に元のコメントを復元できるようにすることをお勧めします。

ラベル付きのコメントをアップロードする

コメントと一緒にラベルをアップロードする場合は、ラベルをアップロードするデータセットを指定する必要があります。 アップロードを開始する前に、データセットをソースに接続する必要があります。

re create comments \
  --source <project_name/source_name> \
  --dataset <project_name/dataset_name> \
  --file <file_name.jsonl>re create comments \
  --source <project_name/source_name> \
  --dataset <project_name/dataset_name> \
  --file <file_name.jsonl>
既存のコメントのラベルを上書きするには、 --overwrite フラグを指定します。 これにより、既存のラベルが新しいラベルに置き換えられることに注意してください(既存のラベルは新しいラベルに追加されません)。 問題が発生した場合に元のラベルを復元できるように、ラベルを上書きする前にデータセットのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。
  • データの準備
  • データをアップロードする

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.