Communications Mining
最新
バナーの背景画像
Communications Mining 開発者ガイド
最終更新日 2024年2月8日

コマンド リファレンス

再設定

名前付きコンテキストを管理するための操作は、re config コマンドでスコープが設定されます。これには、コンテキストを作成、読み取り、更新、削除するためのサブコマンドと、デフォルトの名前付きコンテキストとユーティリティの設定が含まれます。
使用状況
re config [OPTIONS] <SUBCOMMAND>re config [OPTIONS] <SUBCOMMAND>
サブコマンド
コマンド説明
re config add構成ファイル内の名前付きコンテキストを作成または変更する
re config current使用中の現在のコンテキストを表示する
re config delete指定したコンテキストを reinfer 構成ファイルから削除します
re config get-token特定のコンテキストのトークン、または指定されていない場合は現在のコンテキストのトークンを出力します
re config ls構成ファイル内の使用可能なすべてのコンテキストを一覧表示します
re config useコマンドに何も指定されていない場合に使用する既定のコンテキストを設定する

使用可能なサブコマンドを表示したり、特定のサブコマンドに関するヘルプを表示したりするには

re config helpre config help

re config add

構成ファイル内の名前付きコンテキストを作成または変更する

使用状況
re config add [FLAGS] [OPTIONS]re config add [FLAGS] [OPTIONS]
オプション
名前説明
-n, --name <name>作成または更新されるコンテキストの名前
-e, --endpoint <endpoint>このコンテキストに使用される Communications Mining クラスター エンドポイントです
-t, --token <token>このコンテキストに使用される Communications Mining の API トークンです
--proxy <proxy>HTTP プロキシの URL です。指定した場合、すべての要求に使用されます。
-k, --accept-invalid-certificates無効な TLS 証明書を受け入れるかどうか。 これを使用する必要はなく、開発用に Communications Mining クラスターをローカルで実行します
# Add a new context called `acme`. The cli will interactively ask to provide an API token.
re config add --name acme --endpoint https://acme.reinfer.io

# Using `--name` with a context that already exists will modify it instead.# For example, the next command changes the endpoint of the `acme` context.
re config add --name acme --endpoint https://acme-dev.reinfer.io

# Create a context specifying all information as arguments.
re config add -n staging -e https://localhost:9443 -k -t MYTOKEN

# If options are not provided, the cli will interactively prompt user to enter them
re config add
# Standard output:
* Context name: my-context
I A new context `my-context` will be created
* Enter API token [none]: SECRETTOKEN
W Be careful, API tokens are stored in cleartext in /home/marius/.config/reinfer/contexts.json
* Endpoint [https://reinfer.io/]: https://acme.reinfer.io
I New context `my-context` was created# Add a new context called `acme`. The cli will interactively ask to provide an API token.
re config add --name acme --endpoint https://acme.reinfer.io

# Using `--name` with a context that already exists will modify it instead.# For example, the next command changes the endpoint of the `acme` context.
re config add --name acme --endpoint https://acme-dev.reinfer.io

# Create a context specifying all information as arguments.
re config add -n staging -e https://localhost:9443 -k -t MYTOKEN

# If options are not provided, the cli will interactively prompt user to enter them
re config add
# Standard output:
* Context name: my-context
I A new context `my-context` will be created
* Enter API token [none]: SECRETTOKEN
W Be careful, API tokens are stored in cleartext in /home/marius/.config/reinfer/contexts.json
* Endpoint [https://reinfer.io/]: https://acme.reinfer.io
I New context `my-context` was created

re config current

使用中の現在のコンテキストを標準出力に出力する

使用状況
re config currentre config current
# Print the currently used context to stdout
re config current

# Save the current context to an environment variable
export REINFER_CONTEXT=`re config current`# Print the currently used context to stdout
re config current

# Save the current context to an environment variable
export REINFER_CONTEXT=`re config current`

re config delete

指定したコンテキストを reinfer 構成ファイルから削除します

使用状況
re config delete [names]...re config delete [names]...
# Delete context acme
re config delete acme

# Delete multiple contexts
re config delete acme other-context# Delete context acme
re config delete acme

# Delete multiple contexts
re config delete acme other-context

re config get-token

特定のコンテキストの API トークン、または現在のコンテキスト (指定されていない場合) の API トークンを標準出力に出力します

使用
re config get-token [name]re config get-token [name]
# Print the API token for the current context to stdout
re config get-token

# Save the API token for the current context in an environment variable
export REINFER_TOKEN=`re config get-token`

# Same, but get the API token for a specific context (acme)
export REINFER_TOKEN=`re config get-token`# Print the API token for the current context to stdout
re config get-token

# Save the API token for the current context in an environment variable
export REINFER_TOKEN=`re config get-token`

# Same, but get the API token for a specific context (acme)
export REINFER_TOKEN=`re config get-token`

re config ls

構成ファイル内の使用可能なすべてのコンテキストを一覧表示します

使用状況
re config ls [OPTIONS]re config ls [OPTIONS]
オプション
オプション説明
--tokensAPIトークンを表示(デフォルトではトークンは非表示です)

re config use

コマンドの実行時に既定で使用するコンテキストを設定する

使用状況
re config use <name>re config use <name>
オプション
オプション説明
<name>新しい既定値にするコンテキストの名前

re create

新規リソースを作成するためのサブコマンド

使用状況

re create [OPTIONS] <SUBCOMMAND>re create [OPTIONS] <SUBCOMMAND>
サブコマンド
サブコマンド説明
re create annotations注釈を作成または更新する
re create bucket新しいバケットを作成する
re create commentsコメントを作成または更新する
re create dataset新しいデータセットを作成する
re create emailsメールを作成または更新する
re create project新しいプロジェクトを作成する
re create source新しいソースを作成
re create stream-exception新しいストリームの例外を作成する
re create user新しいユーザーを作成します (注: ウェルカム メールは送信されません)
オプション
オプション説明
-h, --helpヘルプ情報の印刷
-V, --versionバージョン情報を出力します

使用可能なサブコマンドを表示したり、特定のサブコマンドに関するヘルプを表示したりするには

re create helpre create help

re get

コメントをローカルファイルシステムに一括でエクスポートするなど、リソースを標準出力に出力します。
re get [OPTIONS] <SUBCOMMAND>re get [OPTIONS] <SUBCOMMAND>
サブコマンド
サブコマンド説明
re get buckets使用可能なバケットのリストを表示します。
re get commentソースから 1 つのコメントを取得する
re get commentsソースからすべてのコメントをダウンロードする
re get current-user使用中の API トークンに関連付けられているユーザーを取得する
re get datasets利用可能なデータセットのリストを表示する
re get projects使用可能なプロジェクトの一覧表示
re get sources使用可能なソースを一覧表示する
re get stream-commentsストリームからコメントを取得する
re get streamsデータセットで使用可能なストリームを一覧表示する
re get users使用可能なユーザーを一覧表示する

使用可能なサブコマンドを表示したり、特定のサブコマンドに関するヘルプを表示したりするには

re get helpre get help
オプション
オプション説明
-h, --helpヘルプ情報の印刷
-V, --versionバージョン情報を出力します

re get buckets

使用可能なバケットを一覧表示します。

使用状況

re get buckets [bucket-name]re get buckets [bucket-name]

re get comment

ソースから 1 つのコメントを取得します。

使用状況

re get comment [OPTIONS] --source <source> <comment-id>re get comment [OPTIONS] --source <source> <comment-id>
オプション説明
--source <source>(必須) ソースの名前または ID
-f, --file <path>コメントを JSON として書き込むパスです。 指定しない場合は、stdout が使用されます
<comment-id>コメント ID

re get comments

ソースから多くのコメントをダウンロードする

re get comments [FLAGS] [OPTIONS] <source>re get comments [FLAGS] [OPTIONS] <source>
オプション
オプション説明
<source>(必須) ソースの名前または ID
-d, --dataset <dataset>データセットの名前または ID
-f, --file <path>コメントを JSON として書き込むパスです。 指定しない場合は、stdout が使用されます。
--no-progressプログレスバーを表示しない(--fileが使用されている場合にのみ適用可能)
--from-timestamp <from-timestamp>取得するコメントの開始タイムスタンプ (両端を含む)
--predictions <include-predictions>各コメントの予測ラベルとエンティティを保存する
--reviewed-only <reviewed-only>レビュー済みのコメントのみをダウンロードする
--to-timestamp <to-timestamp>取得するコメントの終了タイムスタンプ (両端を含む)

re get current-user

使用中の API トークンに関連付けられているユーザーを取得する

使用状況

re get current-userre get current-user

re get datasets

利用可能なデータセットのリストを表示する

使用状況

re get datasets [dataset]re get datasets [dataset]
オプション
オプション説明
<dataset>指定した場合、このデータセット (名前または ID) のみを一覧表示します

re get projects

使用可能なプロジェクトの一覧表示

使用状況

re get projects [dataset]re get projects [dataset]
オプション
オプション説明
<dataset>指定した場合、このデータセット (名前または ID) のみを一覧表示します

re get sources

使用可能なソースを一覧表示する

使用状況

re get sources [source]re get sources [source]
オプション
オプション説明
<source>指定した場合、このデータセット (名前または ID) のみを一覧表示します

re get stream-comments

ストリームからコメントを取得する

使用状況

re get stream-comments [FLAGS] [OPTIONS] --stream <stream>re get stream-comments [FLAGS] [OPTIONS] --stream <stream>
オプション
オプション説明
--stream <stream>(必須) 完全なストリーム名 <owner>/<dataset>/<stream>
--individual-advance設定されている場合、コマンドは完全なバッチではなく、各コメントを順番に確認します
--listen <listen>設定されている場合、コマンドは永久に実行され、N秒ごとにポーリングされ、ストリームを進めます
--size <size>バッチごとに返されるコメントの最大数 [既定値: 16]

re get streams

データセットで使用可能なストリームを一覧表示する

使用状況

re get streams --dataset <dataset>re get streams --dataset <dataset>
オプション
オプション説明
-d, --dataset <dataset>(必須) データセットの名前または ID

re get users

使用可能なユーザーを一覧表示する

使用状況

re get users [OPTIONS]re get users [OPTIONS]
オプション
オプション説明
-u, --user <user>指定した ID を持つ 1 人のユーザーを取得するために使用します

再削除

リソースを削除するためのサブコマンド

使用状況
re delete <SUBCOMMAND>re delete <SUBCOMMAND>
サブコマンド
サブコマンド説明
re delete bucketバケットを削除する
re delete bulk特定の時間範囲のすべてのコメントを削除する
re delete commentsソース内のIDでコメントを削除する
re delete datasetデータセットを削除する
re delete helpこのメッセージまたは指定されたサブコマンドのヘルプを出力します
re delete projectプロジェクトを削除する
re delete sourceソースを削除する
re delete userユーザーを削除します。
フラグ
フラグ説明
-h, --helpヘルプ情報の印刷
-V, --versionバージョン情報を出力します

使用可能なサブコマンドを表示したり、特定のサブコマンドに関するヘルプを表示したりするには

re delete help

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.