Automation Hub
最新
Automation Hub API ガイド
Last updated 2024年5月30日

プレビュー
Automation Hub カスタム コネクタ

Automation Hub カスタム コネクタを使用すると、Automation Hub OpenAPI と対話するロボットやワークフローを容易に構築できます。このカスタム Automation Hub コネクタは、Integration Service のコネクタ ビルダーに基づいています。​

下の図は、コネクタの使用を開始するために実行する必要のある手順を簡単に表したものです。



カスタム コネクタをインポートする

注: コネクタは Automation Hub API 上に構築されていて、事前に構成済みであるため、すぐに StudioStudio Web で使用できます。一方、コネクタ ビルダーにインポートした後に、必要に応じて構成またはカスタマイズできます。

カスタム コネクタの使用を開始するには、コネクタを使用する予定の Automation Cloud 組織Integration Service に移動します。

  1. [コネクタ] タブで、[新しいコネクタを追加] を選択します。


  2. [API 定義から開始] を選択して、API 定義を指定します。
    • ローカル ファイルから – Postman または Swagger のコレクションをアップロードします (こちらからコネクタを今すぐダウンロードするか、後で Automation Hub の [部品を検索] 領域からダウンロードして、zip ファイルをアップロードします)。


  3. [続行] を選択します。

コネクタを構成する

  1. [インポートを確認] ウィンドウでは次の操作を行えます。
    • [プロバイダー名][アプリケーション名][コネクタ名] を変更できます。
    • カスタム コネクタで使用するリソースを変更できます。利用可能なすべてのリソースが自動的に選択されるので、除外するオプションの選択を解除します。
      • [検索] バーを使用して特定のリソースを検索します。


    • [作成] を選択します。
  2. [設定] ウィンドウが表示されます。
  3. [情報] タブでは、次のフィールドを設定できます。
    • コネクタ プレフィックス – 例: documentation。この値は、コネクタ キーに反映されます。
    • プロバイダー名 – プロバイダー名を入力します。
    • アプリケーション名 – アプリケーション名を入力します。
    • API の種類 – 現在サポートされている API は REST のみであるため、このフィールドは既定で無効化されています。
    • 表示名 – コネクタ カタログに表示される、コネクタの名前です。
    • 説明 – コネクタの説明を入力します。
    • アイコン[参照] を選択して、コンピューターから画像をアップロードします。
  4. [カタログ プレビュー] では、カスタム コネクタが Integration Service のコネクタ カタログにどのように表示されるかが表示されます。
  5. [保存] を選択します。
  6. コネクションを確認するには、右上のボタン [未接続] を選択し、[コネクションを追加] を選択します。


  7. ポップアップ ウィンドウが開きます。Automation Hub の OpenAPI トークンとアプリ キー (Automation Hub から生成) を入力する必要があります。[接続] を選択します。


  8. Web ページの右上に、「接続済み」というメッセージが表示されます。コネクタをパブリッシュするには、[パブリッシュ] を選択します。


UiPath Studio Web でコネクタを使用する

Studio Web でカスタム コネクタを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. Automation CloudTM の Web ページの左側にある Studio のアイコンを選択して、Studio Web にアクセスします。
  2. [新しいプロジェクト] を選択してプロジェクトの名前を入力し、[自動化の開始方法] を選択します。
  3. 緑色のアイコンを選択して [アクティビティを追加] を選択します。
  4. 新しく表示されるポップアップ ウィンドウで connector builder を検索します。既存の操作を含む以下の 6 つのアクティビティから選択できます。
    • レコードを取得

      Download Documents

    • レコードを挿入
    Add Users
    Add Collaborators
    Edit User
    Post Documents
    Submit CoE Idea (legacy)
    Submit Employee Driven Idea (legacy)
    Submit Idea from Schema
    Submit Process Mining Idea
    Update Tags
    Update Media
    Update Statusユーザーを追加する
    共同作業者を追加する
    ユーザーを編集
    ドキュメントの投稿
    CoE のアイデアの提出 (レガシ)
    個人のアイデアの提出 (レガシ)
    スキーマからアイデアを提出
    Process Mining のアイデアを提出
    タグを更新
    メディアの更新
    ステータスを更新
    • レコードを更新
    • レコードを削除
    • レコードのリストを表示
    GET App Inventory
    GET Automation Pipeline
    GET Automations
    GET Automation Store
    GET Automation Store Reviews
    GET Categories
    GET Collaborators
    GET Components
    GET Components from Ideas
    GET Cost Benefit Analisys
    GET Idea from Schema
    GET Scema for Idea
    GET Documents
    GET Roles
    GET Usersアプリ リストを取得
    自動化案件を取得
    自動化を取得 (GET Automations)
    Automation Store を取得する
    Automation Store のレビューを取得する
    カテゴリを取得
    共同作業者を取得
    コンポーネントを取得
    アイデアから部品を取得
    GET Cost Benefit Analisys
    スキーマからアイデアを取得
    アイデアのスキーマを取得
    ドキュメントを取得
    ロールを取得
    ユーザーを取得
    • すべてのレコードのリストを取得
    GET App Inventory
    GET Automation Pipeline
    GET Automations
    GET Automation Store
    GET Automation Store Reviews
    GET Categories
    GET Collaborators
    GET Components
    GET Components from Ideas
    GET Cost Benefit Analisys
    GET Idea from Schema
    GET Scema for Idea
    GET Documents
    GET Roles
    GET Usersアプリ リストを取得
    自動化案件を取得
    自動化を取得 (GET Automations)
    Automation Store を取得する
    Automation Store のレビューを取得する
    カテゴリを取得
    共同作業者を取得
    コンポーネントを取得
    アイデアから部品を取得
    GET Cost Benefit Analisys
    スキーマからアイデアを取得
    アイデアのスキーマを取得
    ドキュメントを取得
    ロールを取得
    ユーザーを取得
  5. 新しいアクティビティのタブを選択して展開し、コネクタと、クエリを実行するオブジェクトを選択します。
    docs image
  6. 出力は、Automation Hub API から返される応答を表します。

デスクトップ版の UiPath Studio でコネクタを使用する

Studio Desktop でカスタム コネクタの使用を開始するには、以下の手順を実行します。
  1. Studio Desktop を開きます。
  2. Studio のツールバーから [ パッケージを管理 ] を選択し、Connector Builder アクティビティ パッケージをインストールします。
  3. メイン ワークフローを開き、[コネクタ ビルダー スコープ] アクティビティをドラッグします。
  4. [構成] を選択します。
    docs image
  5. [Automation Hub - OpenAPI コネクタ] を選択します。
    docs image
  6. [保存] を選択すると、コネクタ ビルダーから既存の操作の一部を追加できるようになります。
  7. 操作を選択したら、コネクション ID と、クエリを実行するオブジェクトを選択します。
  8. 出力は、Automation Hub API から返される応答を表します。

Automation Hub カスタム コネクタのデモ このページで説明されている手順のビデオ デモをご覧ください。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.