AI Center
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
AI Center インストール ガイド
Automation CloudAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月6日

要件

概要

注: デプロイ プロファイルを選択する前に、「シングルノードおよびマルチノードのインストールにサポートされるユース ケース」をご覧ください。
必要なもの要件構成インストール

Linux マシン 1 台

(RHEL 8.2、8.3、8.4、8.5)

シングルノードのマシン要件マシンを構成する

SQL Server

(MS SQL 2016、2017、2019 - Enterprise および Standard)

-MS SQL Server を構成する-
DNS- -

シングルノードのマシン要件

この構成は、評価シナリオとデモ シナリオでのみサポートされます。

バンドル

最小

推奨仕様

(v-)CPU 合計16 (v-)CPU32 (v-)CPU
RAM52 GiB96 GiB
ノードごとのクラスター ディスク

256 GiB SSD

最小 IOPS: 1100

256 GiB SSD

最小 IOPS: 1100

データ ディスク

512 GiB SSD (オンラインの場合)

1 TiB SSD (オフラインの場合)

最小 IOPS 1100

2 TiB SSD

最小 IOPS 1100

etcd ディスク

16 GiB SSD

最小 IOPS: 240

16 GiB SSD

最小 IOPS: 240

UiPath バンドル ディスク

(オフライン インストールの場合のみ、最初のサーバー ノード上)

512 GiB SSD

最小 IOPS: 1100

512 GiB SSD

最小 IOPS: 1100

注: 上記の要件を満たしている場合、既定の設定で 3 つのスキルと 1 つのパイプラインを並行して実行できます。

Document Understanding 用に GPU がサポートされた追加エージェント ノード

バンドル要件
(v-)CPU8 (v-)CPU
RAM52 GiB

クラスター ディスク

256 GiB SSD

最小 IOPS: 1100

データ ディスクN/A
GPU RAM11 GiB
注: UiPath が提供する、トレーニング可能な Document Understanding ML パッケージは、画像数が最大 500 個のデータセットであれば CPU と GPU のどちらでも動作します。トレーニング時間を短縮し、モデルのパフォーマンスを向上させるには GPU の使用を強く推奨します。GPU を使用しないデプロイでは、検証ステーションの再トレーニング ループはサポートされていません。これは、データセットのサイズが大きくなる速度が速すぎると、CPU の計算能力の限界にすぐに達してしまう可能性があるからです。AI Center で UiPath Document OCR Local Serverを実行して年間 200 万ページ以上のドキュメントを処理する場合は、より快適な製品エクスペリエンスを得られるように GPU の使用を強く推奨します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.