Action Center
2022.4
false
  • リリース ノート
      • 2022.4.13
      • 2022.4.12
      • 2022.4.10
      • 2022.4.9
      • 2022.4.8
      • 2022.4.7
      • 2022.4.6
      • 2022.4.5
      • 2022.4.4
      • 2022.4.3
      • 2022.4.2
  • はじめる前に
  • 基本情報
    • はじめに
    • ロールと権限
    • アクセス制御
  • アクション
  • プロセス
  • トラブルシューティング
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年6月27日

ロールと権限

アクションのロールと権限は、Orchestrator で設定します。

Robot ロール

ロボットがアクションを生成したり、ストレージ バケットのデータをアップロード、ダウンロード、削除したりするには、そのロボットが適切な権限を持っている必要があります。ロボットのロールに、以下の権限が与えられていることを確認してください。

アクションを作成するには:

  • アクションの表示編集作成

アクションを割り当てるには:

  • アクションの割り当ての作成

ドキュメント データをアップロードするには:

  • ストレージ ファイルの表示編集作成
  • ストレージ バケットの表示

ダウンロード後にドキュメント データを削除するには:

  • ストレージ ファイルの表示編集削除
  • ストレージ バケットの表示

個人用ワークスペースの Administrator ロール

個人用ワークスペース フォルダーのコンテキストでアクションを生成し、Action Center の受信トレイに表示するために、既定で次の権限が追加されています。

  • アクションの作成表示編集削除
  • アクション カタログの作成表示編集削除

カスタム ロール - アクション

メモ:アクションの割り当ての作成権限があることにより、[アクション] パネルで [アクションを管理] ビューを表示でき、対象の Orchestrator フォルダー内のすべてのアクションを管理しやすくなります。自分に割り当てられたアクションのみを表示および管理するには、[マイ アクション] ビューに切り替えます。

アクションを処理するには、次のロールを定義することをお勧めします。

ドキュメント検証管理者

検証管理者は、生成されたすべてのドキュメント検証アクションを確認し、それらを [アクションを管理] ビューでユーザーに割り当てます。

次の権限が必要です。

  • アクションの表示編集
  • ストレージ ファイルの表示編集作成削除
  • ストレージ バケットの表示
  • アクションの割り当ての表示編集作成
  • アクション カタログの表示編集作成



ドキュメント検証ユーザー

検証ユーザーは、自分に割り当てられたすべてのフォーム アクションとドキュメント検証アクションを確認し、[マイ アクション] ビューで検証します。

次の権限が必要です。

  • アクションの表示編集
  • ストレージ ファイルの表示編集作成
  • ストレージ バケットの表示
  • アクションの割り当ての表示編集



ドキュメント分類管理者

分類管理者は、生成されたすべてのドキュメント分類アクションを確認し、それらを [アクションを管理] ビューでユーザーに割り当てます。

次の権限が必要です。

  • アクションの表示編集
  • ストレージ ファイルの表示編集作成削除
  • ストレージ バケットの表示
  • アクションの割り当ての表示編集作成
  • アクション カタログの表示編集作成



ドキュメント分類ユーザー

分類ユーザーは、自分に割り当てられたすべてのフォーム アクションとドキュメント分類アクションを確認し、[マイ アクション] ビューで編集します。

次の権限が必要です。

  • アクションの表示編集
  • ストレージ ファイルの表示編集作成
  • ストレージ バケットの表示
  • アクションの割り当ての表示編集



アクションの管理者ユーザー

アクション管理者は、生成されたすべてのフォーム アクションを確認し、それらを [アクションを管理] ビューでユーザーに割り当てます。

次の権限が必要です。

  • アクションの割り当ての表示作成
  • アクション カタログの表示編集作成
  • アクションの表示編集作成削除



アクション ラベルを管理するには、次の権限が必要です。

  • タグの表示作成削除

アクション ユーザー

アクション ユーザーは、自分に割り当てられたすべてのフォーム アクションを確認し、[マイ アクション] ビューで編集します。

次の権限が必要です。

  • アクションの表示編集作成



アクション ラベルを管理するには、次の権限が必要です。

  • タグの表示作成削除

テクニカル ユーザー

テクニカル ユーザーは、外部アクションを処理します。

次の権限が必要です。

  • アクションの編集

アクション ラベルを管理するには、次の権限が必要です。

  • タグの表示作成削除

カスタム ロール - プロセス

プロセスを処理するために、次のロールを定義することをお勧めします。

キュー プロセス ユーザー

キュー プロセス ユーザーは、キューに入力情報を提供するフォームを生成できます。

次の権限が必要です。

  • キューの表示
  • トランザクションの表示編集削除



ジョブ プロセス ユーザー

ジョブ プロセス ユーザーは、ジョブに入力情報を提供するフォームを生成できます。

次の権限が必要です。

  • プロセスの表示
  • ジョブの表示編集削除



    注:

    ファイルをアップロードしてプロセスをトリガーするには、次の権限が必要です。

    • ストレージ ファイルの表示編集作成

既知の制限事項

  1. Azure AD 連携が有効化されている場合、Active Directory アカウントを使用してサインインしていないユーザーに Action Center でタスクを割り当てることはできません。この問題は、ローカル ユーザー グループの場合にも発生します。ローカル ユーザー アカウントを使用してサインインしていないユーザーに Action Center でタスクを割り当てることはできません。

    回避策: アカウントの作成後に、Active Directory アカウントまたはローカル ユーザー アカウントのいずれかを使用してサインインするようユーザーに依頼することを検討してください。または、これまでどおりユーザーの UiPath アカウントにタスクを割り当てることもできます。その場合、組織管理者は、この問題が解決するまで UiPath アカウントの使用中止を見送る必要があります。

  2. ディレクトリ グループに権限が設定されたフォルダーの場合、指定したフォルダーに対する権限がないユーザーを含むすべての Azure AD ユーザーが [ユーザーに割り当て] ドロップダウン リストに表示されます。[ユーザーに割り当て] ドロップダウン リストに表示されていても、適切な権限を持たないユーザーにアクションを割り当てることはできません。この挙動は、フォルダーの権限に関係なくすべての Azure AD ユーザーを返す API が原因で、ユーザー インターフェイスでのみ発生する問題です。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.