通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

要件

概要


ユーザー ストーリー、エピック、その他のアーティファクトなどの要件の管理には、専用の要件管理ツールを使用するのが一般的です。Test Manager は、外部ツールからの要件の同期のほか、Test Manager 内からの要件の作成にも対応しています。Test Manager のプロジェクトには、外部ツールから同期した要件のほか、Test Manager 内で作成した要件も含めることができます。

ナビゲーションと検索


要件をすばやく見つけるには、検索機能とフィルターを使用します。ページ内の移動には、ページネーション設定機能を構成、使用します。または、階層リンクを使用してページ間を移動することもできます。

  1. フィルター - 以下の 2 つのフィルター タブから選択できます。
  • 参照 - すべての要件のリストを表示します。
  • 更新者: 自分 - (定義済み) Test Manager インスタンスを実行中の現在のユーザーが更新した要件のみを含むリストを表示します。
  1. 検索 - 要件をキー、名前、またはラベル (検索用語は完全に一致する必要があります) で検索するには、検索バーを使用します。
    ページ上部の検索バーを使用して、Test Manager 全体の項目 (テスト セット、テスト ケースなど) を検索できます。

要件を作成する


Test Manager プロジェクト内に要件を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. [テスト設計] メニューで [要件] ページに移動します。
898
  1. [要件を作成] をクリックします。[要件を作成] ウィンドウが表示されます。
  2. フィールドに、次のように入力します。
    • 名前 - 要件の名前。
    • 説明 - (任意) 要件の説明を入力します。書式付きテキストを入力する場合は、Markdown 構文を使用します。
    • 必要に応じて、任意の数のオブジェクト ラベルを追加できます。
  3. [作成] をクリックします。新しい要件が、[要件] ページに表示されます。

👍

追加のアクション

ドキュメントをアップロードする

外部ツールの要件を同期する


In order to keep requirements from external ALM tools in sync with requirements from Test Manager, configure a connection first. Refer to About ALM Tool Connectors to learn how to configure a project to be synchronized with an external ALM tool.

接続が正しく設定されれば、外部ツールで作成されるすべての要件が Test Manager 内にも作成されます。要件の名前と説明も、外部ツールで変更されるたびに同期されます。それらの属性は、Test Manager 内では読み取り専用になっています。

📘

外部 ALM システムとの接続設定が完了しても、既存のアーティファクトの初期同期は実行されません。膨大な量のデータが Test Manager 内に作成され、そのために予想もつかないほど長い時間がかかってしまうのを防ぐためです。ただし、外部ツール内のオブジェクトが更新された場合は、そのオブジェクトが Test Manager 内にまだ存在していなければ、必ず作成されます。

26 日前に更新



要件


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。