通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

移行後に NuGet パッケージにアクセスできない

現象

After converting a Robot from Service-Mode to User-Mode, the XML files in the NuGet Packages aren't accessible after the migration is complete and the following error message is displayed:

「Access to path C:\Users\john.doe\.nuget\packages\HelloWorld\1.0.0\lib\net45\Main.xaml is denied. (パス C:\Users\john.doe\.nuget\packages\HelloWorld\1.0.0\lib\net45\Main.xaml へのアクセスが拒否されました。)」

原因

Robot をサービス モードでデプロイすると、Robot のサービスを実行しているローカル システム ユーザーにより、パッケージがフォルダー (例:.nuget\packages) にダウンロードおよびインストールされます。

ユーザー モードに変換すると、そのフォルダーの NuGet パッケージにアクセスできなくなります。現在 Robot を実行するユーザーは、これらのファイルを表示または編集する権限を持たないからです。

解決方法

1. 元のフォルダーからすべてのパッケージを削除する

元のフォルダーからパッケージを削除すると、Robot は設定されたフォルダー内のプロセスをユーザーの権限で再インストールします。これにより、Robot は実行する必要があるファイルにいつでもアクセスすることができます。

2. パッケージ フォルダーを変更する

Robot をサービス モードからユーザー モードに変換するときに、フォルダー名も .nuget\packages から .nuget\packages_new に変更されます。

すると、Robot は .nuget\packages フォルダーを再作成し、そのフォルダー内のプロセスを後で使用できるようダウンロードします。

既定では、アクティビティ パッケージは %userprofile%\.nuget\packages フォルダーにダウンロード・インストールされます。別のフォルダーを設定するには、次のいずれかの方法で行います。

  • During installation, by installing from the command line with the option PACKAGES_FOLDER.

  • インストール後の場合、uipath.config ファイルを手動で編集する。

    1. テキスト エディターで uipath.config ファイルを開きます。既定では、このファイルは C:\Program Files\UiPath\Studio にあります。
    2. ノード packageSettings に、新しいフォルダーへのパスを値として含めたキー packagesInstallationFolder を追加します。
    3. 変更を保存し、Robot を再起動します。

    たとえば、ダウンロードする場所を C:\nuget に変更するには、uipath.config ファイルに以下を追加します。

<packageSettings>
  <add key="packagesInstallationFolder" value="C:\nuget" />
</packageSettings>

For more details around the differences between Service-Mode and User-Mode Robots, read the according to deployment document which provides a more detailed description of each type of Robot.

24 日前に更新


移行後に NuGet パッケージにアクセスできない


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。