Action Center
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年5月21日

ドキュメント検証アクションを作成

UiPath.IntelligentOCR.Activities.CreateDocumentValidationAction

Orchestrator の Action Center で種類が Document Validation のアクションを作成します。[ドキュメント検証アクションを作成] アクティビティの出力を、[ドキュメント検証アクション完了まで待機し再開] アクティビティと併用して、Action Center での人間のアクションの完了時にオーケストレーション ワークフローを中断および再開することができます。
注: ロボットと Orchestrator 間の接続が適切に確立されたことを確認してください。ロボットを Orchestrator に接続する方法の詳細は、こちらをご覧ください。

プロパティ

アクションの詳細
  • アクション カタログ - UiPath® Action Center のアクション カタログの名前を指定します。アクションを作成する前にアクション カタログが存在することを確認してください。存在しない場合、アクションの作成は失敗し、エラーが発生します。アクション カタログの詳細については、こちらをご覧ください。このプロパティは必須です。
  • アクション フォルダー パス - 自動プロビジョニングされたロボット ユーザー用の現在のプロセスのフォルダーとは別の Orchestrator フォルダーにアクションを作成する必要がある場合に、その作成先フォルダーを指定します。
  • アクション優先度 - アクションの優先度を指定します。指定できる値は、緊急です。既定値は、です。この入力は、UiPath.IntelligentOCR.Activities.Actions.Model.DocumentActionPriority 型の値のみ受け付けます。
  • アクション タイトル - アクションのタイトルを指定します。Action Center や Orchestrator で識別/アクセスできるように、すべてのアクションにタイトルを付ける必要があります。このプロパティは必須です。
アクションの出力
  • アクション オブジェクト (出力) - Orchestrator によって返されるアクション オブジェクトを提供します。このアクション オブジェクトは、[ドキュメント検証アクション完了まで待機し再開] アクティビティの入力として渡す必要があります。
共通
  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティでエラーが発生した場合でも、オートメーションを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白の場合にエラーが発生すると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
  • 表示名 - アクティビティの表示名を指定します。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーをスローする前に、アクティビティが Orchestrator に接続するのを待機する時間 (単位: ミリ秒) を指定します。既定値は、30,000 ミリ秒 (30 秒) です。このフィールドでは整数および Int32 型の変数のみがサポートされています。
ドキュメント検証データの入力
  • 自動抽出結果 - 自動的に生成される抽出結果です。プロプラエタリな ExtractionResult 変数に格納されます。このフィールドに変数が追加された場合、自動抽出の結果が表示され、結果を確認して変更できます。このフィールドが空のままである場合、検証ステーションが開きます。ユーザーは手動でデータを検証します。このフィールドでは ExtractionResult 変数のみサポートされています。必須です。
  • ドキュメント オブジェクト モデル - ドキュメントの検証に使用するドキュメント オブジェクト モデルです。このモデルは Document 変数に格納され、[ドキュメントをデジタル化] アクティビティから取得できます。その方法の詳細については、このアクティビティのドキュメントをご覧ください。このフィールドでは Document 変数のみをサポートします。必須です。
  • ドキュメント パス - 検証するドキュメントへのパスです。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。 必須です。
  • ドキュメント テキスト - String 変数に格納されたドキュメント自体のテキスト。この値は、[ドキュメントをデジタル化] アクティビティから取得できます。その方法の詳細については、このアクティビティのドキュメントをご覧ください。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。 必須です。
  • タクソノミー - ドキュメントの処理に使用するタクソノミーです。DocumentTaxonomy 変数に格納されます。このオブジェクトは、[タクソノミーを読み込み] アクティビティを使って、または文字列を DocumentTaxonomy オブジェクトに逆シリアル化して取得できます。このフィールドでは DocumentTaxonomy 変数のみをサポートします。必須です
その他
  • フィールド検証の信頼度 (%) (プレビュー) - 検証ステーションのレンダリング時に使用される上限の信頼度スコアを設定します。
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • 関連するページ範囲のみ表示 - 選択すると、抽出結果で言及されているページ範囲のみが表示され、範囲外のページは非表示になります。
ストレージの詳細
  • バケット ディレクトリ パス - 必須です。アクションの一部として使用されるファイルの保存および取得先となる、ストレージ バケット内のディレクトリのパスです。このフィールドでは文字列値のみがサポートされており、サブディレクトリを示す区切り文字として / が使用されます。例: "Finance/AccountsPayable"
  • バケット名 - アクションがデータを格納する既存のストレージ バケットの名前を指定します。アクションの作成先と同じ Orchestrator フォルダーに、このバケットが存在する必要があります。
    注:

    Orchestrator に対する必要な権限をすべて有効化したことを確認します。Orchestrator の Robot ロールに対する [フォルダー アクセス許可] に移動し、以下を確認します。

    • [ストレージ ファイル] のアクセス許可: Create オプションと Edit オプションが選択されていること。
    • [ストレージ バケット]のアクセス許可: View オプションが選択されていること。
    • アクションのアクセス許可: Create オプションが選択されていること。

[ドキュメント検証アクションを作成] を使用する

[ドキュメント検証アクションを作成] アクティビティは、オンプレミスの StudioAction Center、または Orchestrator で使用できます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.