UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

サービス

Robot サービスは、すべての操作の頭脳です。WCF チャネルを通じて Studio、Robot エージェントRobot コマンド ライ ンインターフェイス と通信し、情報を受信・処理し、Robot Executor に必要な指示を与えます。

Robot ハートビートを Orchestrator に送信して、実行ステータスを伝達したり、新しい実行命令を受信したりし、Orchestrator と実行ホスト間のプロキシとして機能します。

プロセスが実行される Windows セッションは、Robot サービスによって管理および監視され、Robot の資格情報によって信頼されます。

Robot サービスにはデプロイに応じて 2 つの種類があります。

  • SCM 管理の Robot サービス (UiPath.Service.Host.exe):
    • ローカル システム配下のサービス コントロール マネージャー (SCM) により起動されるコンソール アプリケーションです。
    • 無人の自動化シナリオに最適です。
    • マシン管理者の権限があります。
    • Windows サービスの下に一覧表示されています。
    • ユーザーがログインしていない場合でも Orchestrator からジョブを実行します。
    • Robot エージェント (トレイ) を閉じても、サービスは閉じられません。
    • 既定では UiPathStudio.msi を使用してデプロイされます。
  • ユーザー モードの Robot サービス (UiPath.Service.UserHost.exe):
    • SCM 管理の Robot サービスがインストールされていない場合に、自動的に起動される Windows アプリケーションです。
    • 有人の自動化シナリオに最適です。
    • インストールしたユーザーの権限を有しています。
    • Windows サービスの下に一覧表示されていません。
    • Orchestrator からジョブを実行するには、ユーザーがログインする必要があります。
    • Robot エージェント (トレイ) を閉じると、サービスも閉じられます。
    • 既定では UiPathStudioSetup.exe を使用してデプロイされます。

Updated 6 days ago


サービス


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。