Orchestrator
最新
バナーの背景画像
Orchestrator API ガイド
最終更新日 2024年3月21日

論理リソースとメタデータ

The following logical resources in Orchestrator can be manipulated using API methods:

  • アカウント
  • アラート
  • アセット
  • AuditLogs
  • 環境 (ロボット グループ)
  • フォルダー
  • ジョブ
  • ログ
  • 権限
  • プロセス
  • ProcessSchedules
  • QueueDefinitions
  • QueueItemComments
  • QueueItem イベント
  • QueueItems
  • QueueProcessingRecords
  • キュー
  • リリース
  • RobotLogs
  • ロボット
  • RobotsService
  • ロール
  • セッション
  • 設定
  • Stats
  • Status
  • ストレージ バケット
  • テナント
  • UserLoginAttempts
  • ユーザー

The Orchestrator API provides custom methods for querying stats about various entities registered in Orchestrator. Each logical resource is an OData entity. All entities (such as Robot, Process, Queue) have properties, relationships, and operations.



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.