Orchestrator
最新
バナーの背景画像
Orchestrator API ガイド
最終更新日 2024年3月21日

プロセスのデータ保持ポリシーの要求

指定したプロセスの保持ポリシーを削除する

/odata/ReleaseRetention({key}) エンドポイントに次の DELETE 要求を使用すると、指定したプロセスの既存の保持ポリシーを既定の組み込みポリシーにリセットできます。
注: 既定の移行ポリシー (つまり 120 日 + 削除) が設定されているプロセスに対して DELETE エンドポイントを呼び出すと、組み込みの保持ポリシー (30 日 + 削除) に置き換えられます。

API エンドポイント

DELETE https://cloud.uipath.com/{organizationName}/{tenantName}/orchestrator_/odata/ReleaseRetention({key})

要求ヘッダー

--header 'Authorization: Bearer {access_token}'\
--header 'Content-Type: application/json' \
--header 'X-UIPATH-OrganizationUnitId: {the_ID_of_the_folder_that_contains_the_process}' \--header 'Authorization: Bearer {access_token}'\
--header 'Content-Type: application/json' \
--header 'X-UIPATH-OrganizationUnitId: {the_ID_of_the_folder_that_contains_the_process}' \

パス パラメーター

パラメーター

データ型

説明

key

(必須)

Int64

保持ポリシーを既定にリセットするプロセスの ID です。

応答

204 Success

指定したプロセス ポリシーを、既定のポリシー (30 日間の保持 + 削除) にリセットします。

要求の例

API 呼び出しの構築に必要な情報をすべて収集したとします。

  • {key} 6789 です。これは、特定の保持ポリシーを既定にリセットするプロセスの ID です。
  • X-UIPATH-OrganizationUnitId 要求のヘッダー値は 202020 です。これは、カスタムの保持ポリシーを既定にリセットするプロセスを含むフォルダーの ID です。フォルダー ID の識別方法については、こちらをご覧ください。
    curl --location --request DELETE 'https://cloud.uipath.com/{organizationName}/{tenantName}/orchestrator_/odata/ReleaseRetention(6789)' \
    --header 'Authorization: Bearer 1234' \
    --header 'Content-Type: application/json' \
    --header 'X-UIPATH-OrganizationUnitId: 202020'curl --location --request DELETE 'https://cloud.uipath.com/{organizationName}/{tenantName}/orchestrator_/odata/ReleaseRetention(6789)' \
    --header 'Authorization: Bearer 1234' \
    --header 'Content-Type: application/json' \
    --header 'X-UIPATH-OrganizationUnitId: 202020'

    呼び出しが成功すると (応答コード 204)、カスタム ポリシーは既定のポリシーにリセットされます。

Orchestrator の UI では、この変更は対応するプロセスの 機能の更新アクションの監査の詳細情報にも表示されます。



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.