通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

オブジェクト リポジトリの作成

🚧

重要

モダン デザイン エクスペリエンスが有効化されているプロジェクトでは、オブジェクト リポジトリUiPath.UIAutomation.Activities または MobileAutomation.Activities パッケージ (バージョン 20.10 以降) で機能します。

オブジェクト リポジトリは、以下から収集した要素をアプリケーション、バージョン、画面ごとにグループ化したものです。

  • ローカル プロジェクト、すなわちローカル リポジトリ。
  • ライブラリ、すなわち現在のプロジェクトに対する UI ライブラリの依存関係。

ローカル リポジトリは、以下のいずれかの方法で作成できます。

  • 要素をキャプチャ」レコーダーを使用して UI の説明をキャプチャします。
  • [オブジェクト リポジトリ] パネルで直接、アプリケーション、画面、要素を手動で作成します。

UI ライブラリは以下の方法で作成できます。

  • 任意のプロジェクトからライブラリ プロジェクトにローカル リポジトリを抽出し、NuGet パッケージとしてパブリッシュします。
  • 新しいライブラリから開始し、そこでリポジトリを構築し、NuGet パッケージとしてパブリッシュします。
    その後、UI ライブラリの NuGet パッケージを使用し、依存関係としてプロセスに追加することができます。

🚧

重要

要素をキャプチャ」レコーダーでは、プロジェクト内で再利用するためにオブジェクトが記録されるだけであり、[デザイナー] パネル内にワークフローが生成されることはありません。

要素をキャプチャしてリポジトリを作成する

In a library or process, click the Capture Elements Record buttonRecord button button in the Object Repository to open the Capture Elements recorder.

11831183

Click Start recording Record buttonRecord button to begin capturing elements. The Capture Elements recorder uses the Unified Target technology available in the UIAutomation.Activities pack version 20.10 and higher to capture targets and anchors with a certain degree of accuracy for each selector, image, or anchor.

11771177

UI 要素はセレクター、あいまいセレクター、画像とともにキャプチャされ、それぞれにある程度の精度が確保されます。これらのターゲット要素を 1 つだけ維持するか、すべて維持するかを選択できます。同じことが、アプリケーション内の各 UI 要素に関連するアンカー要素にも当てはまります。

レコーダーでは、以下を実行できます。

  • [アプリケーションを追加] または [画面を追加] をクリックして、新しいアプリケーションまたは画面を追加します。
  • Pause recording at any time by clicking Pause Stop buttonStop button. To resume recording, click Record Record buttonRecord button again.
  • 記録された要素を管理します。
    • 左側のパネルで選択し、右側の [プロパティ] パネルで編集して、画面または要素のプロパティを更新します。
    • 右クリックして [削除] を選択して、要素を削除します。
    • 既存の要素を右クリックし、[要素を作成] を選択して、画面または要素の子として新しい要素を作成します。
    • 左側のパネルでドラッグ アンド ドロップして、要素を並べ替えたり、グループ化します。
  • Optionally, click Settings settings_iconsettings_icon, and then select if you want to configure each element or auto-apply changes (both settings are enabled by default).
  • [オブジェクトをライブラリに保存] Save buttonSave button をクリックして変更内容を保存し、レコーダーを閉じて、プロジェクトに戻ります。

記述子のプロパティ

オブジェクト リポジトリ内で認識しやすくなるよう、「要素をキャプチャ」レコーダーで、アプリケーション、画面、および要素に、それらの内容が分かるような名前を付ける必要があります。

要素の種類

アプリケーション内のセレクターは、ボタン、チェックボックス、テキスト フィールド、トグル、リスト ボックスなど、ロボットと対話可能なあらゆる種類の要素を表すことができます。キャプチャ済みの要素は「要素をキャプチャ」レコーダーで定義できます。

[種類] ドロップダウン リストから、各要素に適した種類を検索して選択することができます。オブジェクト リポジトリ内では、要素に種類別のアイコンが付けられるため、オブジェクトを区別しやすくなります。

560560

要素をキャプチャした後で、[オブジェクトをライブラリに保存] ボタンをクリックすると、オブジェクトがオブジェクト リポジトリに追加されます。 要素を追加するには、リポジトリ内の画面または要素を右クリックし、[要素を作成] を選択します。画面を追加するには、アプリケーションを右クリックし、[画面を作成] を選択します。

436436

既存のアプリケーションと画面に [要素をキャプチャ] を使用する

必要な要素をすべてキャプチャする前にレコーダーを終了した場合、またはオブジェクト リポジトリに既に追加されているアプリケーションまたは画面に対して、[要素をキャプチャ] を使用して要素を追加または変更する場合、そのアプリケーションまたは画面のコンテキストでいつでもレコーダーを起動できます。

  1. [プロジェクト UI 記述子] の下の任意のアプリケーションまたは画面を右クリックして、[要素をキャプチャ] を選択します。そのアプリケーションまたは画面のコンテキストで、[要素をキャプチャ] ウィンドウが開きます。
    • アプリケーションを選択した場合、そのアプリケーションのすべての画面と要素が [要素をキャプチャ] にあらかじめ入力されます。
    • 画面を選択した場合、その画面のすべての要素が [要素をキャプチャ] にあらかじめ入力されます。
  2. 必要に応じて、画面と要素を更新します。新しい画面を追加したり、記録を開始して新しい要素を追加したり、既存の画面や要素を編集または削除できます。既存の画面や要素に変更を加えると、変更は保存時にオブジェクト リポジトリの記述子に適用されます。
  3. [オブジェクトをライブラリに保存] Save buttonSave button をクリックして変更内容を保存し、レコーダーを閉じて、プロジェクトに戻ります。

オブジェクト リポジトリ パネルからリポジトリを作成する

[オブジェクト リポジトリ] パネル内でアプリケーション、各画面、要素を手動で定義することにより、独自のリポジトリを作成できます。

UI アプリケーションを作成する

[オブジェクト リポジトリ] パネルの [記述子] タブのプラス記号をクリックするか、同じタブのプロジェクト記述子を右クリックして [アプリケーションを作成] を選択します。[アプリケーションを作成] ウィンドウが表示されます。

883883

一意のアプリケーション名、バージョン、説明を入力します。[アプリケーションを作成] をクリックします。アプリケーションが、[記述子] タブの [プロジェクト UI 記述子] の下に表示されます。

画面を作成する

[記述子] タブでアプリケーションを選択してプラス記号をクリックするか、アプリケーションを右クリックして [画面を作成] を選択します。[画面を追加] ウィンドウが表示されます。

15541554

画面の一意の名前、および説明を追加します。自動化する画面を指定し、キャプチャした要素を統合ターゲットで編集します。

  • 必要に応じて、アプリケーション パスを変更します。
  • アプリケーション引数を追加します。
    完了したら、[画面を作成] をクリックします。

UI 要素を作成する

[記述子] タブでアプリ画面を選択してプラス記号をクリックするか、画面を右クリックして [要素を作成] を選択します。[要素を追加] ウィンドウが表示されます。

11511151

[記述子の種類] セクションで、[要素を指定] をクリックします。統合ターゲットを使用して画面から要素を指定し、キャプチャします。

直観的に理解できる名前を [要素名] フィールドに追加し、[種類] ドロップダウン リストから要素の種類を選択します完了したら [保存] をクリックします。

555555

📘

注:

  • オブジェクト リポジトリで要素を編集するには、対象の要素を右クリックして [要素を編集] を選択するか、ツリー内の要素をダブルクリックします。
  • 要素の記述子を編集するには、[要素を編集] ウィンドウの [記述子を編集] オプションを使用するか、ツリー内の要素を右クリックして [記述子を編集] を選択します。

レコーダーでオブジェクト リポジトリを使用する

オブジェクト リポジトリが (「オブジェクト リポジトリについて」ページの説明に従って) Studio のインスタンスに適用される場合は、アプリ/Web レコーダーの使用時に、生成されたアクティビティによりリポジトリの記述子が自動的に参照されることはありません。

アクティビティのレベルで、オブジェクト リポジトリに記述子を追加するか既存の記述子を使用するよう、情報提供用のツールチップで通知されます。

828828

そのためには、アクティビティ内でアイコンをクリックして、記述子を追加または再利用するための手順を実行します。あるいは、[オプション] Options buttonOptions button > [オブジェクト リポジトリに追加] の順に選択してオブジェクト リポジトリに要素を追加します。

517517

要素をアクティビティからリポジトリに追加する

オブジェクト リポジトリを作成した後は、[デザイナー] パネルから直接 UI 要素を追加できます。

[デザイナー] パネルでは、[クリック][文字を入力] など、セレクターをサポートするアクティビティを追加します。追加したアクティビティが [アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティ内にあることを確認してください。

アクティビティの本体内で、オブジェクト リポジトリ アイコンをクリックして [選択オプション] ウィンドウを開きます。要素をキャプチャし、[確認] を選択すると、[要素をオブジェクト リポジトリに追加] ウィンドウが開きます。要素に名前を追加し、[保存] をクリックします。[オブジェクト リポジトリ] パネルに要素が追加されます。

11231123

現在のプロジェクトでオブジェクトを使用する

オブジェクト リポジトリから、画面または要素をワークフロー内のアクティビティの上部にドラッグ アンド ドロップします。オブジェクトの画像、引数、その他詳細が自動的にアクティビティに追加されます。あるアクティビティがオブジェクト リポジトリの画面または要素を使用しているときは、アクティビティ内でオブジェクト リポジトリのアイコンをクリックすると、オブジェクト リポジトリ ツリーで使用されている記述子が強調表示されます。

In the below example, we dragged the MyAppScreen object on top of the Use Application/Browser activity. The application path was automatically added to the activity.

11511151

あるいは、ワークフロー内のプラス記号の上にオブジェクトをドラッグ アンド ドロップします。画面をドラッグ アンド ドロップすると、[アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティが自動的に追加されます。要素をドラッグ アンド ドロップすると、使用できるアクティビティのリストが表示されます。目的のアクティビティを選択すると、オブジェクトが自動的に追加されます。プロセス内で、アクティビティはアクティビティ名 + オブジェクト名のラベルを受け取ります。オブジェクトが追加された後、アクティビティは、そのアクティビティの [プロパティ] パネルに表示される記述子のプロパティをオブジェクト リポジトリから受け取ります。

  • To indicate or edit the descriptor from the activity, select Options Options buttonOptions button, and then Indicate target on screen or Edit Target. A dialog is displayed informing you that the action is performed on the descriptor in the Object Repository. Confirm your choice by selecting Indicate Descriptorand Edit Descriptor respectively.
  • To indicate or edit the descriptor for the current activity only, you must first remove the link between the activity and the Object Repository by selecting Options Options buttonOptions button, and then Unlink from Object Repository. Please note that when the Object Repository is enforced, unlinking removes the target from the activity.
10451045

オブジェクトがワークフローに追加されると、[オブジェクト リポジトリ] パネルの [UI アクティビティ] タブに、アクティビティとそれに含まれるオブジェクトが階層順に表示されます。表示されない場合は、プロジェクトを保存し、再度確認してください。

ワークフローは次のようにマークされます。

  • ワークフロー ファイル内の少なくとも 1 つのアクティビティが [オブジェクト] パネルの UI 記述子を参照している場合は、グレーのドット
  • ワークフローのすべてのアクティビティが [オブジェクト] パネルの UI 記述子を参照している場合は青のドット

UI アクティビティは、次のようにマークされます。

  • ワークフローのアクティビティが [オブジェクト] パネルの UI 記述子を参照していない場合は白のドット
  • アクティビティが [オブジェクト] パネルの UI 記述子を参照している場合は青のドット

記述子を編集

記述子はオブジェクト リポジトリから、「オンライン編集」あるいは「オフライン編集」のいずれかの方法で編集できます。

  • オンライン編集 - 現在のマシン上でアプリケーションまたはブラウザーにアクセスできる場合。アプリケーション/ブラウザーが画面上に表示され、要素を再度選択したり、変更したりできます。
  • オフライン編集 - アプリケーションがインストールされていないか、マシンがオフラインになっているため、現在のマシンではアプリケーション/ブラウザーにアクセスできない場合。要素のセレクターが表示され、要素を変更することができます。

オンライン編集

[記述子] タブで、要素を右クリックし、[記述子を編集] を選択します。選択画面が開き、別の要素をキャプチャしたり、セレクターやアンカーを編集したりできます。

18681868

[要素を編集] ウィンドウの [記述子を編集] ボタンをクリックしても、同じことができます。

18681868

📘

注:

アクティビティがそうした UI 記述子を参照している場合、[オブジェクト リポジトリ] パネルで UI 記述子が解決されます。

オフライン編集

オンライン編集と同じ手順が、ここでも適用されます。[記述子] タブで、画面または要素を右クリックし、[記述子を編集] を選択します。

790790

オフライン編集では、要素記述子の設定を直接変更することができます。ただし、新しい要素を指定することはできません。新しい要素を指定するには、アプリケーション/ブラウザーが正しいステートにあることを確認してください。

UI 記述子を解決する

既にオブジェクト リポジトリで参照されている画面または UI 要素を指定すると、プロジェクト UI 記述子または UI ライブラリのいずれかで一致するものが自動的に検出され、以下のウィンドウが表示されます。

12771277

次のオプションを使用できます。

  • 再利用 - 一致する記述子をオブジェクト リポジトリから現在のアクティビティに追加します。
  • 新規作成 - 新しい画面/要素の作成、またはオブジェクト リポジトリ内の既存の画面/要素の更新を行うオプション ウィンドウを開きます。
  • キャンセル - リポジトリ内のオブジェクトに一切変更を加えずに、アクティビティ内で現在示されているセレクターを保持します。

画面を指定すると、対応する UI 記述子が検出される一方、ターゲット要素を指定すると、一致する UI 記述子が検索されます。レコーダーを使用している場合は、画面と要素の一致するものが、ローカル UI ライブラリのプロジェクト UI 記述子または UI ライブラリのインポートされた依存関係の中から検索されます。

📘

注:

アクティビティが実行時に UI 記述子を参照している場合、[オブジェクト ブラウザー] パネルで解決されます。

記述子の変数

再利用性を向上させるために、記述子の変数を使用できます。

ターゲットを編集し、変数を追加して、オブジェクト リポジトリに追加するか、既存の画面または要素のセレクターにオブジェクト リポジトリから変数を追加することができます。変数を含む記述子をプロセスに追加するときは、必ずプロセス内に変数を作成してください。そうしなければ、式を読み取ることができません。

記述子セレクターに変数を追加するには、オブジェクト リポジトリ内の要素を右クリックして [記述子を編集] を選択し、[選択オプション] ウィンドウから変数を追加します。

Variables added in selectors must be enclosed in double curly brackets. For example, as seen in the image below, <name='{{VarNumber}}'/> adds the value of the variable VarNumber to the name attribute in the selector.

390390

以下の例では、[アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティの [ブラウザーの URL] フィールド内で変数を使用し、ターゲットを画面オブジェクトとしてオブジェクト リポジトリに追加しました。このようにして、URL が変更になるケースが記述子で考慮されるようにします。

11151115

要素の強調表示

アプリケーションがマシン上で起動しているか、ブラウザーに Web ページが開いている場合は、[オブジェクト リポジトリ] パネルで画面または要素を右クリックし、[強調表示] を選択してアプリケーション内の要素を強調表示します。

17091709

1 年前に更新


オブジェクト リポジトリの作成


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。