通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

バックグラウンド プロセス

バックグラウンド プロセスは、1 つのフォアグラウンド プロセスとともに、同じロボットで並行して実行できるプロセスを作成するためのテンプレートです。このため、バックグラウンド プロセスには、ユーザーの操作を必要とするアクティビティを含めることはできません。

バックグラウンド プロセス テンプレートの既定の依存関係は、UiPath.Excel.ActivitiesUiPath.Mail.ActivitiesUiPath.System.Activities、および UiPath.WebAPI.Activities です。

バックグラウンド プロセスが UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに含まれる [クリック][文字を入力] などの対話型アクティビティを使用しないことが重要です。ロボットがこのようなプロセスを処理する方法の詳細については、「Attended ロボットの並列実行」をご覧ください。

Studio で [ホーム] の Backstage ビューに移動し [バックグラウンド プロセス] を選択します。[新しいバックグラウンド プロセス] ウィンドウが開きます。フィールドに入力した後、[作成] をクリックします。

564564

バックグラウンド プロセスをパブリッシュする前に、対話型アクティビティが含まれていないことを確認してください。バックグラウンド プロセスでこのようなアクティビティを使用しているときに、フォアグラウンド プロセスと同時に実行すると、予期しない結果が生じる可能性があります。

バックグラウンド プロセスは、Orchestrator から Unattended ロボットで起動した場合、セッション 0 で動作することに注意してください。

2 年前に更新


バックグラウンド プロセス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。