通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ライブラリについて

A Library is a package which contains multiple reusable components. Libraries are saved as .nupkg files and can be installed as dependencies to workflows using Package Manager.

基本ライブラリを作成する」に記載されているように、たとえば、Excel スプレッドシートからデータを収集して他のシートに追加するライブラリを作成できます。さらに、このライブラリをパッケージ化して他のプロセスでアクティビティとして使用できます。

再利用可能なコンポーネントアクティビティの管理

A reusable component activity represents one or more workflows packaged together as a .nupkg file, and utilized in other processes.

ライブラリの作成

  1. Studio のバックステージ ビュー > [スタート] > [ライブラリ] に移動します。[新しい空のライブラリ] ウィンドウが開きます。
  2. Fill in the name and pick a location for the library. The default location is C:\Users\<current_user>\Documents\UiPath. Add a description and select Create. The new library is created and saved on your local machine.
    : ライブラリ名は 128 文字までで、説明は 500 文字までです。
  3. The Project Panel displays the tree view with the Project folder, Dependencies, and the NewActivity.xaml which contains the actual workflow.

📘

注:

By default, the dependencies available for new libraries are the same as for blank new projects, namely UiPath.Excel.Activities UiPath.Mail.Activities UiPath.System.Activities, and UiPath.UIAutomation.Activities, with the Lowest Applicable Version runtime rule.

[プロパティ] ウィンドウを開き、ライブラリへのツールチップ/ヘルプのリンクを追加します。

500500

新しいアクティビティを追加した後に、[アクティビティ] パネルでヒントが表示されます。選択したアクティビティで F1 キーを押すと、ヘルプ リンクが開きます。

When creating a new library from a template, the Designer panel doesn’t automatically open the .xaml file, unless the library template has a Main.xaml file.

ライブラリの使用された引数に注釈を追加して、後でアクティビティの [プロパティ] パネルにツールチップとして表示します。引数に注釈を追加する方法についての詳細は、「引数パネル」をご覧ください。

581581

📘

注:

In the case of libraries, it is recommended to use Nothing to assign a null value to a variable, rather than "". This is done to avoid any inconsistencies when using the packaged library as a dependency to a project.

ライブラリ設定の調整

ライブラリ プロジェクトごとに、一連の設定を個別に作成できます。これらの設定は [プロジェクト設定] ウィンドウで行えます。[プロジェクト設定] ウィンドウを開くには、[プロジェクト] パネルの settings_iconsettings_icon をクリックします。

563563

The Project Settings window enables you to change the library’s name and description. Set the Include Sources toggle to Yes to package all .xaml sources within the generated assembly file, including workflows that were previously made private.

❗️

重要

重大な変更の発生を防止するために、ライブラリとプロセスでは、同じバージョンの依存関係、または相違が軽微なパッケージ更新の範囲にある依存関係を使用することを強くお勧めします。これは、ライブラリの開発と再利用におけるベスト プラクティスです。
If you encounter System.MissingMethodException when executing a process that invokes a library, you should recompile your library using dependencies with a version closer to the ones used in the aforementioned process.

ライブラリのパブリッシュ

  1. [デザイン] リボン タブで、[パブリッシュ] を選択します。[ライブラリをパブリッシュ] ウィンドウが表示されます。
814814
  1. [パブリッシュする場所] カテゴリで、ライブラリを Orchestrator、カスタム NuGet フィード、またはローカル マシンにパブリッシュするように設定します。API キーを使用して、カスタム NuGet フィードを認証できます。
    ライブラリが Orchestrator にパブリッシュされると、[設定] ページの設定に従って、ホスト フィードまたはテナント フィードに格納されます。ライブラリ フィードについて詳しくは、こちらをご覧ください。

📘

注:

NuGet の制限により、Windows 環境パス変数を使用して、ユーザーが制限したサブフォルダーを含む場所にライブラリをパブリッシュすることはできません。

  1. [リリース ノート] カテゴリに、バージョンの詳細とその他の関連情報を入力します。パブリッシュ済みプロジェクトのリリース ノートは、Orchestrator の [パッケージ] セクションに表示されます。[リリース ノート] フィールドには、10,000 文字まで入力できます。
  2. Add a New Version to the project, and check the Is Prerelease box to mark the version as alpha if needed. Please note that this automatically changes the project’s version schema to semantic. When publishing a new version of the file locally, make sure that the custom location does not already include a file with the same proposed version number. For more details about project versioning, check the About Automation Projects page.

📘

注:

NuGet v3 の制約により、パブリッシュされたライブラリのリリース ノートは、Orchestrator でのみ表示されます。

  1. [ライブラリ設定] カテゴリで、[アクティビティ ルート カテゴリ] に名前を設定するか、既定のライブラリ名をそのまま使用します。[アクティビティ] パネルで、再利用可能なコンポーネントの新しいカテゴリが作成されます。以前に設定したルート カテゴリはドロップダウン リストに記憶されます。
  2. Select the check box next to the Include Sources to package all .xaml sources within the generated assembly file, including workflows that were previously made private. If needed, you can then decompile the assembly file and extract the workflows, which can be helpful at debug time.
  3. [証明書署名] セクションで、[証明書] ボックスの横にローカル証明書のパスを追加します。さらに、必要に応じて、[証明書のパスワード][オプションの証明書のタイムスタンパー] を追加します。詳細については、「パッケージの署名」ページをご覧ください。

📘

注:

Currently, only .pfx and .p12 certificate extensions are accepted for signing projects.

  1. Select Publish. The entire project folder is archived into a .nupkg file, and uploaded to Orchestrator, the custom NuGet feed or saved in the local directory.
  2. プロジェクトが正常にパブリッシュされると、[情報] ダイアログが表示されます。これには、次が含まれます。
    • パッケージが Orchestrator またはローカルにパブリッシュされる名前。
    • パブリッシュされたパッケージのバージョン番号
    • プロジェクトがパブリッシュされた場所 (プロジェクトがローカルにパブリッシュされた場合)
    • [クリップボードにコピー] オプション

ライブラリをパブリッシュする際の制限事項

次の制限事項によって、ライブラリ プロジェクトのパブリッシュが阻まれます。

  • [分離] オプションが選択された [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティを含むライブラリは、パブリッシュできません。[出力] パネルにエラー メッセージが表示されます。
  • [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティを使用する際には、呼び出されるファイルがライブラリ プロジェクトと同じフォルダーにあることを確認してください。
  • [対話型ワークフローを起動] アクティビティはライブラリではサポートされません。
  • ライブラリ内で [ワークフロー ファイルを呼び出し] を使用して、そのライブラリ自体を参照する機能はサポートされていません。
  • 次の両方の条件が成立する場合、Studio v2019.10.4 からはライブラリをパブリッシュできません。
    1. a folder or .xaml file inside the project has the exact same name as the library;
    2. an Invoke Workflow File activity part of a .xaml file located in any child folder part of the project.

Attempting to publish such a library results in the following error message: Compilation failed or was canceled., with the following error in the Output panel:

10271027

ここでパブリッシュしようとしたプロジェクトを次に示します。

11591159

次の 2 つの条件が成立していることがわかります。

  • MyLibraryProject フォルダーに、ライブラリ名 MyLibrary と同じ名前のサブフォルダーがある。
  • InvokeWorkflow ファイルが InvokingSequence ファイルに属していて、ルート フォルダー MyLibrary に置かれていない。

この問題を解決するには、次の 2 つの例のように、プロジェクト内部で MyLibrary フォルダーの名前を変更するか、InvokingSequence ファイルをルート フォルダーに移動します。

821821

Notice that in the first example, we renamed the MyLibrary subfolder to MyLibrary1, while in the second example we moved the .xaml file which contains the Invoke Workflow File activity, InvokingSequence to the root of the project.


  • Libraries containing .xaml files invoked from parent folders cannot be published from Studio v2019.10.3.
    この問題が発生した場合は、考えられる以下の 2 つの回避策のいずれかを使用してください。
  1. 両ファイルを同じフォルダーまたはプロジェクト内の同じレベルに移動したうえで、ライブラリをパブリッシュします。
  2. Switch to the legacy library compiler. To do so open the Development.json located at %ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\Profiles. For the UseLegacyLibraryCompiler flag set its value to true. Do not make any other changes to this file!
{
      "name": "UseLegacyLibraryCompiler",
      "value": true
    },

❗️

警告

Manually editing the Development.json file in any other way than presented here can lead to unexpected behavior.

再利用可能なコンポーネントをオートメーション プロジェクトに追加する

  1. 新しいプロジェクトを開くか、作成します。
  2. [すべてのパッケージ] カテゴリで、ライブラリを保存するフィードを選択し、パッケージをインストールします。
  3. [OK] を選択します。パッケージがプロジェクト定義に追加されます。
  4. [アクティビティ] パネルのカスタム カテゴリに、このアクティビティが表示されます。

📘

注:

ライブラリには前方互換性があります。つまり、v2018.3 およびそれ以降の Studio で作成したプロジェクトでのみ使用できます。ライブラリは、v2018.3 より前のバージョンの Orchestrator にはパブリッシュできません。

ライブラリ プロジェクトで、[ワークフローをインポート] を使用してライブラリを含むワークフローを追加した場合、そのライブラリで参照される依存関係はインポートされません。

1 年前に更新


ライブラリについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。