通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

バックグラウンド プロセスの自動化

📘

注:

この機能は Attended ロボットでのみ利用可能です。Unattended ロボットを使用して複数のプロセスを同時に実行する際は、実行中のプロセスごとに個別のライセンスが消費されます。

Attended ロボットは、人間と同じマシンで動作します。通常、ユーザー イベントによってトリガーされ、人間の監督下でのみ実行する必要があります。ライセンスに従った Robot の自動化機能の詳細をお読みください。

バックグラウンド プロセスは、特定のユーザーのマシン上のロボットによって実行されます。プロセスは、同一の Windows セッションで同時に実行されます。

実行中の複数のプロセスが同じ依存関係の異なるバージョンを必要とする場合でも、実行中のプロセスはそれぞれ独自のバージョンの依存関係を使用します。たとえば、プロセス A が必要とする依存関係が v18.4.6 であり、プロセス B が必要とする依存関係が v19.4.4 である場合、プロセスごとに必要な依存関係のバージョンをダウンロードして使用します。

この種類のライセンスに従って、Attended ロボットは、1 つのフォアグラウンド プロセス (UI 操作によって) と複数のバックグラウンド プロセス (UI 操作なし) を同時に実行できます。

フォアグラウンド プロセスは、オートメーション プロジェクトが UI 要素を操作する必要がある場合に使用されます。これらのプロセスは、UIAutomation アクティビティに大きく依存しています。一度に実行できるフォアグラウンド プロセスは 1 つだけです。

❗️

重要

UIAutomation アクティビティを使用するオートメーション プロセスは、ロックされた画面では実行できません。

バックグラウンド プロセスは、画面上の UI 要素を操作する必要はありませんが、情報を渡すためにバックグラウンド プロセスに依存しています。UIAutomation 系アクティビティは、これらの種類のプロジェクトでは使用できません。フォアグラウンド プロセスが既に実行されている場合でも、複数のこのようなプロセスをマシン上で同時に実行できます。

プロセスの種類は、通常、使用するアクティビティの種類によって決まります (UI 要素を操作するかどうか)。ただし、Studio から新しいプロセスを作成するときに種類を指定できます。デフォルトでは、特に指定しない限り、すべてのプロセスはフォアグラウンドとしてマークされます。

Attended ロボットと Unattended ロボットの動作

起動時、特定のユーザーに関連していないシステム プロセスを実行するために、Windows セッションが作成されます。このセッションを Session 0 と呼びます。このセッションによって、Windows ではマシン自体に必要なシステム プロセスを実行できるようになります。そのマシンにユーザーがログオンすると、User Session という名前の新しいセッションが作成されます。このセッションで、ユーザー固有のサービスが実行されます。

詳細については、Microsoft の セッション 0 Isolation に関するドキュメントを参照してください。そちらで、セッションがどのように作成され、各セッション間で情報がどのように処理されるかについての追加情報が提供されています。
バックグラウンド プロセスを使用することで、有人オートメーションと無人オートメーションでの実行時にプロセスがそれぞれ異なる動作をするようになります。Attended ロボットから開始されるバックグラウンド プロセスはユーザーのセッション (Session 1) で実行されます。これに対し、Unattended ロボットから開始されるバックグラウンド プロセスは Windows セッションで実行されます。

Attended ロボット

Attended ロボットによるバックグラウンド プロセス オートメーションは、マシン上のユーザーのセッションで実行されます。つまり、オートメーションは Studio または UiPath Assistant から開始され、ユーザーと同じ Windows セッションで実行されます。同じセッションでオートメーションが実行されるため、ロボットは情報を取得し、ユーザーに固有のファイルにアクセスすることができます。

Unattended ロボット

Background Process Automation with Unattended Robots are started from the via the Robot Service and run in the Windows Session (Session 0). It's important to know that Session 0 has no User Interface and cannot interact with a user session. When using this type of processes on Unattended Robots keep in mind that they run in the name of the user and they inherit its permissions. Make sure that the user under which the process runs has access to the needed resources and that the process does not require any type of User Interface. See the Windows Session document for more details on how windows sessions are being handled by the UiPath Robots.

📘

注:

Unattended ロボットでバックグラウンド プロセス オートメーションを実行する際に、Word、Excel、PowerPoint などの Microsoft Office アプリケーションが正しく動作しないことがあります。これは、これらのアプリケーションがユーザー セッションで実行するように構築されており、対話型のデスクトップ セッションとユーザー プロファイルを必要とするからです。Office 365 製品がサーバー セッション (セッション 0) でどのように動作するかについて詳しくは、Microsoft のドキュメント「サーバー サイド オートメーション」(https://support.microsoft.com/ja-jp/topic/office-%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-48bcfe93-8a89-47f1-0bce-017433ad79e2) をご覧ください。

バックグラウンド プロセスを実行する

v2020.4 のリリースより、[フォアグラウンドを使用] アクティビティを使用して、バックグラウンド プロセスフォアグラウンドに移行できるようになりました。このアクティビティの動作とオートメーション内での使用方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

少なくとも 1 つのプロセスが実行されている限り、Robot は Orchestrator でビジーとしてマークされます。

既に実行中の別のフォアグラウンド プロセスを開始することはできません。一方、バックグラウンド プロセスは、他のプロセスのステートや種類に関係なく開始できます。

バックグラウンド プロセスで[プロセスを並列実行] アクティビティを使用すれば、必要なトリガーに基づいて他のプロセスを開始できます。このアクティビティにより開始したプロセスは独立して動作します。たとえば、特定のアクションを監視するバックグラウンド プロセスによって新しいプロセス (フォアグラウンドまたはバックグラウンド) を開始し、特定のアクションの監視を中断されることなく継続できます。このアクティビティによって読み込まれたバックグラウンド プロセスは、フォアグラウンド プロセスおよび 1 つ以上のバックグラウンド プロセスが既に実行中であっても、ただちに開始されます。アクティビティがフォアグラウンド プロセスを開始した場合、以下のいずれかの状況が発生します。

  • 他のフォアグラウンド プロセスが実行されていない場合は、プロセスがただちに開始されます。
  • フォアグラウンド プロセスが既に実行中の場合は例外がスローされます。

1 日前に更新


バックグラウンド プロセスの自動化


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。