通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ロボットを管理する

ロボットを作成する

Orchestrator では、ロボット/マシン間のインタラクションに従って 2 種類のロボット、すなわち、標準ロボットとフローティング ロボットを作成できます。標準ロボットは、単一の標準マシン上でのみ動作します。一方、フローティング ロボットは、標準マシンでもテンプレートでも動作します。

標準ロボットの作成

前提条件:

  • ロボットを作成する権限 (ロボットに対する作成権限とマシンに対する表示権限)
  • Orchestrator への接続が必要で、Robot がインストールされているマシンの名前です。次のいずれかの方法で検索できます。
    • In Control Panel - Control Panel\System and Security\System です。
    • UiPath ロボット トレイの [Orchestrator の設定] ウィンドウ
  • 指定したマシンにアクセスする際に使用するユーザー名
  • 指定したユーザー名のパスワード (Attended ロボットには不要)
  1. Orchestrator の [ロボット] ページで、[追加] をクリックします。[標準ロボット] または [フローティング ロボット] の選択肢が表示されます。
  2. [標準ロボット] ボタンをクリックします。[標準ロボットを新規作成] ウィンドウが表示されます。
  3. ロボットを登録する標準マシンを選択します。このとき、2 つの可能性があります。
    • [マシン] ページであらかじめマシンを作成済みの場合は、[マシン] ドロップダウン リストから選択できます。
    • まだマシンを作成していない場合は、[マシン] フィールドに新しいマシンの名前を入力し、[マシンをプロビジョニング] ボタンをクリックします。この手順により、ロボット作成後、このマシンが [マシン] ページに追加されます。
19481948
  1. [名前] フィールドに、ロボットの名前を入力します。
  2. [種類] ドロップダウン リストから、目的のロボットの種類を選択します。詳細については、「ロボットについて」をご覧ください。
    ローカルでライセンス済みの Studio または StudioX を Orchestrator に接続する場合は、[スタンドアロン ライセンス] チェック ボックスを選択します。これにより、Orchestrator のライセンスのプールからライセンスが割り当てられなくなります。
  3. (任意) ロボットの説明を追加します。多数のロボットを持つロボット グループを扱う場合は、このフィールドに入力することを推奨します。
  4. [資格情報ストア] フィールドで、このロボットの資格情報を保存する場所を選択します。詳細については、「資格情報ストア」をご覧ください。
  5. In the Domain\Username field, type the username that is used to login to the specified machine. If the user is in a domain, you are required to specify it in a DOMAIN\username format. You must use short domain names, such as desktop\administrator and NOT
    desktop.local/administrator です。
  6. (任意) [パスワード] フィールドに入力します (Attended ロボットでは表示されません)。このとき、2 つの可能性があります。
    • One authentication option - The Features.SmartCardAuthentication.Enabled parameter is set to False:
      • 基本認証の資格情報 - 指定されたユーザー名の Windows パスワードを入力します。
    • Two authentication options - The Features.SmartCardAuthentication.Enabled parameter is set to True:
      • 基本認証の資格情報 - [このパスワードはスマート カード PIN を表します] オプションのチェックがオフになっていることを確認し、指定されたユーザー名の Windows パスワードを入力します。
      • スマート カード認証 - [このパスワードはスマート カード PIN を表します] オプションのチェックをオンにして、対応するスマート カードの PIN 番号を入力します。
  7. [作成] をクリックします。このロボットが [ロボット] ページに表示され、Orchestrator にプロビジョニングされます。ただし、最初はオフライン状態になります。

フローティング ロボットの作成

前提条件:

  • ロボット作成の権限 (ロボットに対する作成権限)
  • 指定したマシンにアクセスする際に使用するユーザー名
  1. Orchestrator の [ロボット] ページで、[追加] をクリックします。[標準ロボット] または [フローティング ロボット] の選択肢が表示されます。
  2. [フローティング ロボット] をクリックします。[フローティング ロボットを新規作成] ウィンドウが表示されます。
  3. [名前] フィールドに、ロボットの名前を入力します。
  4. [種類] のドロップダウン リストから、目的のロボットの種類を選択してください。フローティング ロボットにできるのは、Attended、Studio、StudioX ロボットのみです。
  5. (任意) ロボットの説明を追加します。多数のロボットを持つロボット グループを扱う場合は、このフィールドに入力することを推奨します。
  6. [資格情報ストア] フィールドで、このロボットの資格情報を保存する場所を選択します。詳細については、「資格情報ストア」をご覧ください。
  7. [ドメイン\ユーザー名] フィールドに、指定したマシンへのログイン時に使用する Active Directory のユーザー名を入力します。
  8. (任意) [パスワード] フィールドに入力します (Attended ロボットでは表示されません)。このとき、2 つの可能性があります。
    • One authentication option - The Features.SmartCardAuthentication.Enabled parameter is set to False:
      • 基本認証の資格情報 - 指定されたユーザー名の Windows パスワードを入力します。
    • Two authentication options - The Features.SmartCardAuthentication.Enabled parameter is set to True:
      • 基本認証の資格情報 - [このパスワードはスマート カード PIN を表します] オプションのチェックがオフになっていることを確認し、指定されたユーザー名の Windows パスワードを入力します。
      • スマート カード認証 - [このパスワードはスマート カード PIN を表します] オプションのチェックをオンにして、対応するスマート カードの PIN 番号を入力します。
  9. (任意) Studio ロボットまたは StudioX ロボットの場合、指定されたユーザー名に Windows パスワードを追加するオプションがあります。
    ローカルでライセンス済みの Studio または StudioX を Orchestrator に接続する場合は、[スタンドアロン ライセンス] チェック ボックスを選択します。これにより、Orchestrator のライセンスのプールからライセンスが割り当てられなくなります。
  10. [作成 ] をクリックします。このロボットが [ロボット] ページに表示され、Orchestrator にプロビジョニングされます。ただし、最初はオフライン状態になります。

標準ロボットをフローティング ロボットに変換する

  1. [その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [フローティングに変換] を選択します。

📘

フローティング ロボットに変換できるのは、Attended、Studio、StudioX 標準ロボットのみです。

ロボットの削除

特定のロボットを削除するには、[その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [削除] をクリックします。

または、[ロボット] ページから 1 つまたは複数のロボットを選択して、[削除] をクリックします。

📘

注:

ロボットを削除できるのは、ロボットに保留中またはアクティブなジョブが割り当てられていない場合のみです。ロボットを削除すると、そのロボットが関連付けられたロボット グループ、アセット、プロセス、スケジュールからも削除されます。

ロボットの編集

[その他のアクション] > [編集] ボタンをクリックして、必要な変更を行い、[更新] をクリックします。

17971797

[説明] タブでは、次の項目を変更できます。

ロボット設定は [設定] タブ内で設定できます。

  • ログ レベル
  • 開発ログを許可
  • コンソールにログイン
  • 解像度の幅
  • 解像度の高さ
  • 解像度の深さ
  • フォント スムージング
  • プロセスを自動ダウンロード

📘

注:

ロボットがビジー (プロセスの実行中) の場合、次の情報を編集することはできません
ドメイン \ ユーザー名
マシン
種類

ロボットのログの表示

特定のロボットのログを表示するには、該当する [その他のアクション] ボタンをクリックし、[ログを表示] をクリックします。

📘

重要

ロボット名を編集すると、編集前のロボット名でログ記録を行ったメッセージは表示されなくなります。

17971797

ロボットの監視

特定のロボットを監視するには、対応する [その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [ロボットを監視] をクリックします。または、[ロボットの概要] ウィジェット ([監視] > [ロボット]) で、ロボットを選択します。

ユーザーがプロセスを監視するには、ジョブおよび監視に関して [表示] 権限を持つ必要があります。さらに、[監視] > [ロボット] ページの [エラー フィード] ウィジェットでエラーを無効化するには、監視に関する [編集] 権限が必要です。ページをロボット グループ別に絞り込むには、ロボット グループに関する [表示] 権限が必要です。

2 年前に更新



ロボットを管理する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。