Automation Ops
2023.4
false
  • リリース ノート
      • 2023.4.1
      • 2023.4.2
      • 2023.4.3
      • 2023.4.4
      • 2023.4.5
      • 2023.4.6
      • 2023.4.7
  • 基本情報
  • ガバナンス
  • ログ
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Automation Ops ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年6月27日

ガバナンス ポリシーを作成する

  1. [Automation Ops™] > [ガバナンス > ポリシー] を選択します。既存のポリシーは、ページの表に一覧表示されます。 ポリシーは、次のいずれかの方法で作成できます。
    • 一から作成するには、表の上にある [製品ポリシーを追加] を選択します。
    • 既存のポリシーを基に作成するには、表内のポリシー上でホバーし、ポリシー行の右側に表示されるメニューで [複製] docs image を選択します。
    • Studio から生成されたポリシーを基に作成するには、表の上にある [ アップロード ] を選択し、JSON ポリシー ファイルを選択します。このファイルは、Automation Ops™ でさらに設定を続けることができます。 詳しくは、「 Studio からガバナンス ファイルを生成する」をご覧ください。
  2. ポリシーの一意の名前を入力し、適用する製品を選択して [追加] をクリックします。
  3. ポリシーを設定します

Studio からガバナンス ファイルを生成する

Studio の各プロファイルに対して現在構成されている設定を使用して JSON ファイルを生成し、それを新しいポリシーとして Automation Ops™ にインポートできます。 これは、ファイルベースのガバナンス モデルから移行する場合に特に便利です。既存のガバナンス ポリシーを Automation Ops™ に対応した形式にすばやくエクスポートできるためです。

  1. 組織に対して Automation Ops™ が有効化されていることを確認します。
  2. 対話型サインインを使用して Orchestrator に接続されている UiPath® Studio のインスタンスを開きます。
  3. [ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [ヘルプ] の順に選択します。
  4. 画面の右側で、[ガバナンス ファイルを生成] > [モダン ポリシー] の順に選択します。
  5. ファイルの保存場所を選択し、ファイル名を入力します (既定では uipath.modern.policies.zip)。 以下の 3 つのファイルを含む zip アーカイブを展開します。
    • uipath.policy.StudioPro.json - Studio Pro プロファイルからの設定が含まれています。
    • uipath.policy.Development.json - Studio プロファイルからの設定が含まれています。
    • uipath.policy.Business.json - StudioX プロファイルからの設定が含まれています。
  6. Automation Ops™ にガバナンス ファイルの 1 つをインポートするには、[ ポリシー] タブで [ アップロード ] をクリックし、ファイルを選択します。

    新しいポリシーが [ポリシー] タブの表に追加されます。

  • Studio からガバナンス ファイルを生成する

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.