通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Studio を更新する

古い Studio のリリースを新しいリリースに更新するプロセスは、現在マシンにインストールされている Studio が Enterprise Edition か Community Edition かによって異なります。

インストーラーは UiPath Automation Cloud のリソース センターからダウンロードするか、Studio の購入時に入手するか、担当のカスタマー サクセス マネージャーまたはサポート チームから入手できます。

バージョン管理スキーム

UiPath ではカレンダー バージョニングを使用しており、製品をリリースした年 (メジャー)、月 (マイナー)、パッチ (マイクロ) バージョンの形式のラベルを付けています。

Enterprise Edition を更新する

In releases prior to 2021.4, Studio and Robot were available as 32-bit applications. Starting with version 2021.4, a 64-bit installer is available by default. A 32-bit version is also available and can only be installed on 32-bit operating systems. UiPathPlatformInstaller.exe is no longer available starting with version 2021.4.

Update existing UiPathStudio.msi and UiPathPlatformInstaller.exe Enterprise installations as follows:

  • Use the 64-bit version of the installer (UiPathStudio.msi) to update existing 32-bit installations on 64-bit operating systems.
  • Use the 32-bit version of the installer (UiPathStudio-x86.msi) to update existing installations on 32-bit operating systems.

Existing installations on 64-bit operating systems that are using the default installation path (C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio) are migrated to C:\Program Files\UiPath\Studio after updating with the 64-bit installer. If the older version is installed in a custom location, the update does not change the installation path.

  1. インストーラーをダブルクリックして、インストール ウィザードを起動します。
  2. インストール オプションを示すページが表示されます。以前のセットアップを引き続き使用する場合は、設定の変更は行いません。セットアップを変更する場合は、次のオプションを使用します。
    • インストールの選択肢 - オートメーションを作成・テストするために UiPath Studio、StudioX、および Assistant をインストールするか、またはオートメーションを実行するために UiPath Assistant のみをインストールするかを選択します。
    • Robot のインストールの種類 - Robot のインストールの種類を選択します。サービス モード (無人オートメーションの実行に推奨されるオプション) またはユーザー モード (オートメーションの作成とテスト、および有人オートメーションの実行に推奨されるオプション) を選択します。詳細については、『Robot ガイド』の「ロボットの種類」をご覧ください。
      :information-source: Note: If you convert the Robot from service mode to user mode, the Robot might not be able to access the .xaml files from the original NuGet Packages folder. For details on how to resolve this, see the NuGet packages not accessible after migration troubleshooting article.
    • Windows ログイン時に Assistant を自動的に開始 - Windows へのログイン時に Assistant を起動します。
    • ツール - インストールする拡張機能とアドオンを StudioX Excel アドインJava 向け拡張機能Chrome 向け拡張機能Edge Chromium 向け拡張機能JavaScript Robot アドオンCitrix 向け拡張機能SAP Solution Manager プラグインの中から選択します。
    • パッケージ構成 - ローカル アクティビティをインストールするかどうかを選択します。
10541054
  1. [アップグレード] をクリックし、インストールが完了するまで待ってから、[完了] をクリックします。

For information on performing the update from the command line, see Command Line Parameters.

v2018.4 より前のバージョンから更新する場合の考慮事項

  • 1 つのマシンに UiPath スイート全体がインストールされており、v2018.2 以前のバージョンから更新する場合は、最初に Orchestrator 上で更新を行ってから、Studio と Robot を更新する必要があります。最初に Studio を更新すると、お使いの Orchestrator インスタンスが削除されます。これは、インストーラーのアップグレード コードの変更によるものです。

  • v2017.1、v2018.1、または v2018.2 から更新する場合、古いローカルのアクティビティ パッケージはすべて失われます。更新する前にバックアップを行ってください。

  • Please keep in mind that, upon upgrade from v2018.2, the activities packages are cumulated in the C:\Program Files\UiPath\Studio\Packages folder.

    If you have projects created with a Studio version prior to v2018.3, and they have dependencies in the %localappdata%/UiPath/Activities folder, add the path as a feed in the Package Manager, so that the projects can reference them.

    v2018.3 より前のバージョンから更新すると、プロジェクトを開いたときにStudio は依存関係の自動移行を実行します。Core アクティビティ パッケージの分割の一環である依存関係の移行について詳しくは、こちらをご覧ください。

    It is not recommended to perform manual changes to NuGet.config or any configuration files, and instead, UI or command-line arguments should be used. However, if manual changes were indeed made to configuration files, it is recommended to back up these files before upgrading to a later Studio version.

📘

注:

The location of the activity packs has changed from %programdata%\UiPath\Activities in 2016.2 to %localappdata%\UiPath\Activities in 2018.1 and above.

このため、v2016.2 から v2018.1、v2018.2、または v2018.3 に更新する際にアクティビティ パッケージが正常に機能するようにするためには、パッケージの再インストールが必要です。詳しくは、「アクティビティ パッケージを管理する」をご覧ください。

Community Edition を更新する

If you are using the Community Edition installed using UiPathStudioSetup.exe and activated with a Community license, Studio is automatically updated as soon as a new version is available, be it Stable or Preview. If the automatic update takes place while you have a project open in Studio, a Studio is updating message and a progress bar are displayed in the Studio status bar. You must restart Studio to complete the update process.

If you installed Studio using with the Community Edition installer and activated it with an Enterprise license, Studio is automatically updated to the latest Stable release, regardless of the update channel you selected.

📘

注:

Starting with v2021.2, UiPathStudioSetup.exe is a 64-bit installer. Automatic updates are no longer available for Community Edition installations on 32-bit operating systems.

If you manually update your Community Edition Studio, your user settings are not lost, but the existing UiPath extension for Chrome is removed from your browser. The content of the current UiPath folder from %localappdata%\UiPath installation folder is removed and the setup fails if you previously performed selections with UI Explorer in a Java application. Please note that these issues do not occur when Studio automatically updates to the latest version.

更新チャネルを選択する

更新チャネルを選択するには、[ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [ヘルプ] に移動して、[安定版] または [プレビュー版] のいずれかを選択します。変更を有効化するにはアプリケーションを再起動する必要がある点にご注意ください。

263263

1 年前に更新


Studio を更新する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。