通知を受け取る

UiPath Insights

The UiPath Insights Guide

Insights について

はじめに

Insights は、プラットフォームとしてサービスを提供する Web アプリケーションです。利用可能なビジネス メトリックや運用分析情報を組み合わせて、データのモデリングや分析を行うことができます。事前にロードされたダッシュボード テンプレートとユーザーが定義するダッシュボードを使用して目的の指標に対する企業データを可視化することで、ユーザーは新しい分析情報を発見したり、パフォーマンス指標を追跡したり、エラーに対するアラートを受信したりできます。

The Insights homepage displays all available dashboards to which the user has access. By default, all users have access to the Robots, Processes, and Queues Templates that are included with the product. The Business ROI template will be locked unless the administrator has added data to the ROI dataset, and the appropriate permissions are granted to a user. Each dashboard can be copied and customized, as well as downloaded in various formats.

Insights へのデータの取り込み

テナントで Insights を有効化すると、Orchestrator データベースに存在する履歴データが数分で Insights に取り込まれて利用できるようになります。

Following this initial setup, new data from Orchestrator will be ingested approximately every 20 minutes. Robot logs will also be ingested approximately every 20 minutes. Note, however, that only data reaching a final state in Orchestrator is ingested into the Insights database. For example, queue items are not ingested unless they have a state of Successful, Failed, or Abandoned, and jobs are only ingested after reaching either Success or Fail.

📘

注:

Insights に取り込まれたデータは履歴であり、修正することはできません。Orchestrator 上でプロセス、キュー、ロボットに対して変更が行われた場合も (つまり名前の変更)、既存のデータに影響を与えません。

システムのスループット

システムのパフォーマンスを測定するために、スループットのベースラインの詳細情報を確認できます。それぞれのエンティティが一定期間に作成および処理される件数は、以下のとおりです。

  • キュー アイテム イベント: : キュー アイテムの作成、削除、またはステータス変更に関連するイベントです。毎日約 140,000 件が処理され、毎分平均 100 件が処理されます。
  • ジョブ イベント: ジョブの作成、削除、またはステータスの変更に関連するイベントです。毎日約 140,000 件が処理され、毎分平均 100 件が処理されます。
  • ロボット ログ: ロボットによって生成される Info レベル以上のログです。毎日約 550,000 件が処理され、毎分平均 400 件が処理されます。

During burst throughput, the number of entities that are created and processed can reach up to three times over baseline.

ユーザー言語を選択する

Insights の言語は、そのテナントの Orchestrator テナントの設定で選択する必要があります。テナント内のすべてのユーザーは同じ言語設定を共有します。

Updated 8 days ago


Insights について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。