通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

認証

概要


認証フレームワークは、Identity Server によって発行されたサービス間 (S2S) アクセス トークンによる Test Manager へのアクセスを提供します。

要件

S2S 認証を使用してシングルテナント アプリケーションを Test Manager に対して認証するには、以下を実行する必要があります。

  • Orchestrator をインストールします。
  • Test Manager をインストールします。
  • 1 つ以上の Testing ロボット ライセンスがあることを確認します。
  • Test Automation ライセンスがあることを確認します。

条件

  • サービスへの初回アクセス時にテナントがプロビジョニングされていること。
  • Test Manager の管理者アカウントで Orchestrator の管理者がプロビジョニングされていること。
  • 認証時にライセンスの検証状態が確認されること。
  • API 経由で承認を要求、有効化、および無効化できないこと。

シングルテナント


シングルテナントの場合、Test Manager と Orchestrator との接続はユーザー アカウントの資格情報を使用して確立されます。

  1. ブラウザーを開き、アドレス バーに Test Manager の URL を入力します。
  2. ユーザー名とパスワードを入力します。

📘

テナントは [既定] に設定されます。これが、Test Manager のインストール プロセスで使用されるプリセット値であるためです。別のテナントを使用してログインする場合は、[変更] をクリックしてテナント名を入力します。

414414
  1. [ログイン] をクリックします。

マルチテナント


For multi-tenancy, the authentication is done through the user account credentials, the same as for single-tenancy, however, the authorization is done through OAuth. For more information, see Authorization Methods.

マルチテナントに関する問題のトラブルシューティング

認可エラー

既定のテナント以外のテナントを使用してログインしようとすると、認可エラーが表示されることがあります。

要件

解決策

この問題に対処するには、以下の手順に従います。

Step 1 - Enable Identity Server S2S integration for Orchestrator

  1. C:\Program Files (x86)\UiPath\Orchestrator に移動して UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを開き、Orchestrator の設定を変更します。
  2. IdentityServer.S2SIntegration.EnabledTrue に設定して、ファイルを保存します。

Step 2 - Set default authentication method for Test Manager

  1. C:\Program Files (x86)\UiPath\TestManager に移動して appsettings.production.json ファイルを開き、Test Manager の設定を変更します。
  2. AuthenticationMethodClientCredentialsFlow に設定して、ファイルを保存します。

:grey-exclamation: Restart both Test Manager and Orchestrator after these changes.

11 か月前に更新


認証


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。