通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: 表の行の反復処理

このチュートリアルでは、Excel の表で Transaction # の値がまだ入力されていないすべての行ごとに、以下のワークフローを繰り返すオートメーションを作成します。

  1. Cash In 列のセルから値をコピーします。
  2. この値をデスクトップ アプリケーションのフィールドに貼り付けます。
  3. デスクトップ アプリケーションからトランザクション番号をコピーします。
  4. この値を Transaction # 列のセルに貼り付けます。
  5. デスクトップ アプリケーションのボタンをクリックしてデータを送信します。

プロジェクトを作成し、使用する Excel ファイルを指定する Excel ファイル カードを追加することから始めます。このカードに [Excel の繰り返し (各行)] アクティビティを追加して、行ごとにアクティビティを繰り返すように指示します。Excel ファイルの中で、Transaction # の値が存在しない行に対してのみオートメーションを実行する必要があるので、[Excel の繰り返し (各行)] アクティビティに [条件分岐 (if)] アクティビティを追加します。これにより、Transaction # のセルが空であるという条件を満たす行に対してのみ、自動化するアクティビティが実行されるように指定します。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルを取得します。

  1. 既定の設定を使用して新しいプロジェクトを作成します
  2. このチュートリアルでは、このページ下部にあるボタンを使用して、オートメーション プロジェクトを収めたアーカイブをダウンロードして展開します。ファイル DoubleUI.xlsx をプロジェクト フォルダーにコピーし、ファイル DoubleUI.exe をダブルクリックして DoubleUI アプリケーションを開きます。

ステップ 2: Excel ファイルをプロジェクトに追加します。

  1. デザイナー パネルで plus_icon をクリックし、画面上部にある検索ボックスの [共通シナリオ] セクションで、[Excel ファイルを使用] をクリックし、ファイル DoubleUI.xlsx を参照して選択します。[Excel ファイル カード] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. [後で参照する名前] フィールドに「UID」と入力します。
    これで、このオートメーションでは名前を UID としたファイル DoubleUI.xlsx を操作対象として指定したことになります。
537

ステップ 3: Excel ファイルの行に対して反復処理します。

  1. Excel ファイル カードの plus_icon をクリックして、画面上部の検索ボックスの [共通シナリオ] セクションで [表または範囲を反復処理] をクリックします。[Excel の繰り返し (各行)] アクティビティが、デザイナー パネルの Excel ファイル カード内に追加されます。
  2. [Excel の繰り返し (各行)] アクティビティで [範囲または表] フィールドの右側にある plus button をクリックします。つづいて [UID] > [Input [シート]] > [Transaction [テーブル]] を選択して、ファイル UID の Input シートでテーブル Transactions を選択します。[範囲またはテーブル] フィールドに、選択したテーブルが [UID] Transactions として表示されます。
    これで、Transactions 表の行に対して反復処理を実行するように指定したことになります。
589

ステップ 4: アクティビティを実行するために満たす必要がある条件を追加します。

  1. [Excel の繰り返し (各行)] アクティビティで plus_icon をクリックします。つづいて、画面上部にある検索ボックスで [条件分岐 (if)] あくアクティビティを探してクリックします。[条件分岐 (if)] アクティビティが [アプリケーション カード] に追加されます。
  2. [条件分岐 (if)] アクティビティで、[条件] フィールドの右側の plus button をクリックし、[条件ビルダー] を選択します。
  3. 次の手順に従い、条件ビルダーに条件として「現在の行の Transaction # が空の場合」を追加します。
    • フィールドの右側にある plus button をクリックしてから、[CurrentRow] > [Transaction #] を選択します。これにより、条件で評価する値として、反復処理における現在の行から Transaction # の値が選択されます。
    • 中央のドロップダウン メニューから、[空] を選択します。
      この条件を満たす行について、[条件分岐 (if)] アクティビティの [Then] 分岐に追加したアクティビティが実行されます。
656

ステップ 5: デスクトップ アプリケーションを追加し、条件が満たされたときにそのアプリケーションで実行するアクティビティを追加します。

  1. [条件分岐 (if)] アクティビティの [Then] 分岐にある plus_icon をクリックします。つづいて、画面上部の検索ボックスで [アプリケーション カード] を探してクリックします。[条件分岐 (if)] アクティビティの [Then] 分岐にアプリケーション カードが追加されます。
  2. [アプリケーション カード] アクティビティで [アプリケーションを指定] をクリックしてから、DoubleUI のウィンドウ内部にマウス ポインターを移動します。ウィンドウが強調表示されるので、DoubleUI の任意の場所をクリックします。
    アプリケーション カードが更新され、アプリケーション ウィンドウのスクリーンショットがアクティビティに表示されます。
  3. [アプリケーション カード] アクティビティで plus_icon をクリックし、画面上部の検索ボックスで [文字を入力] を探してクリックします。[文字を入力] アクティビティが [アプリケーション カード] アクティビティに追加されます。
  4. [文字を入力] アクティビティで次の操作を行います。
    • [ターゲットを指定] をクリックし、DoubleUI.exe アプリケーションの [Cash In] フィールドにマウス ポインターを移動します。フィールドが強調表示されたらクリックします。[Cash In] ラベルではなく、その横の入力可能なフィールドをクリックします。[文字を入力] アクティビティで、[これを検索] にフィールドのラベルの画像、[ここに入力] に入力先フィールドの画像がそれぞれ表示されます。
      これで、DoubleUI.exe アプリケーションの [Cash In] フィールドに文字を入力するように指定したことになります。
    • [以下を入力] フィールドの右の plus button をクリックしてから、[CurrentRow] > [Cash In] を選択します。これにより、入力する値として、反復処理における現在の行から Cash In の値が選択されます。
  5. [アプリケーション カード] アクティビティ内で、[文字を入力] アクティビティの下にある plus_icon をクリックします。つづいて画面上部の検索ボックスで [テキストを取得] を探してクリックします。[アプリケーション カード] アクティビティで、[文字を入力] アクティビティの後に [テキストを取得] アクティビティが追加されます。
  6. [テキストを取得] アクティビティで、次の操作を行います。
    • [ターゲットを指定] をクリックし、DoubleUI.exe アプリケーションの [Transaction #] の値にマウス ポインターを移動します。値が強調表示されたらクリックします。ラベル [Transaction #] ではなく、その横の値をクリックします。[テキストを取得] アクティビティで、[これを検索] にフィールドのラベルの画像、[これを取得] に値の画像がそれぞれ表示されます。
      これで、DoubleUI.exe アプリケーションの [Transaction #] の値をコピーするように指定したことになります。
    • [保存先] フィールドの右の plus button をクリックしてから、[CurrentRow] > [Transaction #] を選択します。これにより、アプリケーションからコピーした値を貼り付けるセルとして、反復処理における現在の行の Transaction # 列が選択されます。
  7. [アプリケーション カード] アクティビティ内で、[テキストを取得] アクティビティの下の plus_icon をクリックします。つづいて、画面上部の検索ボックスで [クリック] を探して選択します。
    これにより、[アプリケーション カード] アクティビティで [テキストを取得] アクティビティの後に [クリック] アクティビティが追加されます。
  8. [クリック] アクティビティの [ターゲットを指定] をクリックし、DoubleUI.exe アプリケーションの [Accept] ボタンにマウス ポインターを移動します。ボタンが強調表示されたら、クリックします。この [クリック] アクティビティでは、ボタンの画像が [これをクリック] に表示されます。
    これで、DoubleUI.exe アプリケーションの [Accept] ボタンをクリックするように指定したことになります。
451
  1. リボン メニューで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてそのオートメーションを実行します。

UID テーブルの中で Transaction # の値が入力されていない各行の Cash In の値が DoubleUI アプリケーションに入力され、DoubleUI アプリケーションの Transaction # が UID テーブルの各行にコピーされます。

サンプルをダウンロード

2 年前に更新


チュートリアル: 表の行の反復処理


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。