通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: ピボット テーブルの作成

このチュートリアルでは、サプライヤーに関するデータが入力された Excel ファイルを使用します。この Excel ファイルに各市区町村にサプライヤーが何社存在し、それらのサプライヤーが各市区町村に何名の従業員を抱えているかを調べます。このタスクを実現するために、ピボット テーブルを作成するオートメーションを構築します。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルを取得

  1. 既定の設定を使用して新しいプロジェクトを作成します
  2. Download and extract the archive with the automation project in this tutorial using the button at the bottom of this page and copy the file Suppliers.xlsx to your project folder.

ステップ 2: Excel ファイルをプロジェクトに追加します。

  1. デザイナー パネルで plus_iconplus_icon をクリックします。
  2. In the Common Scenarios section of the search box at the top of the screen, double-click Use Excel File and then browse to and select the file Suppliers.xlsx. An Excel File Card activity is added to the Designer panel.
  3. In the activity, in the field And reference it later as enter Suppliers です。
    You have indicated that you will work on the file Suppliers.xlsx that is known in your automation as Suppliers です。
607607

ステップ 3: [ピボット テーブルを作成] アクティビティを追加して構成

  1. [Excel ファイル カード] で plus_iconplus_icon をクリックし、画面上部の検索ボックスで [ピボット テーブルを作成] アクティビティを検索して、それをダブルクリックします。Excel ファイル カードに、そのアクティビティが追加されます。
  2. [ピボット テーブルを作成] アクティビティで、以下の手順に従い、参照元とする範囲とピボット テーブルを作成する範囲を定義します。
    a) Click plus buttonplus button on the right side of the Source range field and then select Suppliers > Indicate in Excel.
    b) In the Excel file, select all the columns in the Input sheet and then click Confirm in the UiPath tab in the Excel ribbon menu.
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある列 A ~ L からピボット テーブルを作成するように指定したことになります。[表の範囲] フィールドには、選択した範囲として [Suppliers] Input!A:L が表示されます。
    c) Click plus buttonplus button on the right side of the New table name field and then select Text. In the Text Builder window, enter a name for the pivot table, for example CountByCity and click Save.
    d) Click plus buttonplus button on the right side of the Destination range field and then select Suppliers > Output [Sheet].
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Output シートにピボット テーブルを作成するように指定したことになります。[対象範囲] フィールドには、選択したシート [Suppliers] Output が表示されます。
  3. [ピボット テーブルを作成] アクティビティで、ピボット テーブルのフィールドを追加します。
    a) Click the Add Pivot Table Field button, then click plus buttonplus button on the right side of Field and select Column Name > City.
    b) [ピボット テーブルの種類] ドロップダウン メニューで [行] を選択します。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある列 City に入力された項目を、ピボット テーブルの行にするように指定したことになります。
    c) [ピボット テーブル フィールドを追加] ボタンを再度クリックして、サプライヤーの数をカウントする 2 番目のフィールドをピボット テーブルに追加します。
    In the second Pivot Field, click plus buttonplus button on the right side of Field and then select Column Name > Internal Name.
    d) [ピボット テーブルの種類] ドロップダウン メニューから [Value]、つづいて [関数] ドロップダウン メニューから [Count] をそれぞれ選択します。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある列 Internal Name で特定したサプライヤーをカウントするように指定したことになります。
    e) [ピボット テーブル フィールドを追加] を再度クリックして、従業員数を合計する 3 番目のフィールドをピボット テーブルに追加します。
    In the third Pivot Field, click plus buttonplus button on the right side of Field and then select Column Name > Number of Employees.
    f) [ピボット テーブルの種類] ドロップダウン メニューから [Value]、つづいて [関数] ドロップダウン メニューから [Sum] をそれぞれ選択します。
    これで、参照名が Suppliers である Excel ファイルの Input シートにある従業員数を合計するように指定したことになります。
850850
  1. リボン メニューで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてそのオートメーションを実行します。

Suppliers.xlsx ファイルの Output シートにピボット テーブルが作成されます。

サンプルをダウンロード

2 年前に更新


チュートリアル: ピボット テーブルの作成


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。