通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ワークフローの差分検出

ローカル リポジトリにあるプロセス、ライブラリ、project.json または .txt ファイルと GIT、TFS または SVN の最新バージョンの差異を比較するには、Studio のワークフロー差分検出ウィンドウを使用します。2 つのファイルが横に並べて表示され、追加または削除されたアクティビティ、パッケージ、変数、引数が強調表示されます。

2 つの .xaml ファイルの比較では、追加または削除されたアクティビティ、変数、引数、または変更されたアクティビティのプロパティがワークフロー差分検出ウィンドウに表示されます。[変更を表示] ウィンドウには、プロパティの既定値は表示されません。

ワークフローの差分検出機能は、project.json ファイルに加えた変更を比較する際に使用します。たとえば、依存関係の追加、更新、または削除、ランタイム ルールの変更、ワークフローのプライベート設定、グローバル例外ハンドラーの設定などです。

📘

注:

ワークフローの差分検出機能は、ファイルの保存後、ソース管理リポジトリへのチェックイン前に使用する必要があります。

ワークフローのバージョン比較

  1. Git、TFS または SVN リポジトリからワークフローやライブラリをチェックアウトし、変更を行ってファイルを保存します。ここで、チェックインをしないでください。
  2. [プロジェクト] パネルで .xaml ファイルを右クリックして [変更を表示] を選択します。*ワークフロー差分検出** ウィンドウが表示されます。

左側の [リモート] 列に、Git、TFS、または SVN リポジトリで管理されているこのファイルの .xaml 構造が表示されます。右側の [ローカル] 列にはローカルにマッピングされたファイルが表示されます。

[変更されたプロパティ] 列には、アクティビティ プロパティ、シーケンスの表示名、テキストボックスの変更前と変更後のステートが表示されます。

📘

注:

ローカルにマッピングされた .xaml ファイルが破損している場合は、ワークフロー差分検出ウィンドウが project.json/.txt ビューで開きます。

Project.json バージョンの比較

  1. Studio で project.json ファイルをチェックアウトし、[パッケージを管理] ウィンドウを開いて、依存関係のインストール、更新、削除を行います。[保存] をクリックして project.json を更新します。
  2. [プロジェクト] パネルで project.json ファイルを右クリックして [変更を表示] を選択します。ワークフロー差分検出ウィンドウが表示されます。

左側の [リモート] 列に、Git、TFS、または SVN リポジトリで管理されているこのファイルの project.json 構造が表示されます。右側の [ローカル] 列にはローカルにマッピングされたファイルが表示されます。

2 つのファイルを比較しやすいように、依存関係名はアルファベット順に表示されます。

ワークフロー差分検出ウィンドウのフィールドの説明

オプション

説明

前へ

比較しているファイルの前の変更に移動します。

次へ

比較しているファイルの次の変更に移動します。

すべて折りたたみ

.xaml ファイルのすべてのノードを折りたたみます。

すべて展開

.xaml ファイルのすべてのノードを展開します。

ファイル履歴を確認する

ワークフローの差分検出機能に加えて、同じコンテキスト メニューの [履歴を表示] メニュー項目では、同じファイルの 2 つのバージョン間の変更を比較できます。このオプションは、Git、TFS、SVN でバージョン管理されているファイル、.xaml または project.json で使用できます。

  1. Studio のソース管理からプロジェクトをチェックアウトします。プロジェクトには、複数の確定が含まれることを確認します。
  2. [プロジェクト] パネルで .xaml ファイルを右クリックして [履歴を表示] をクリックします。[履歴] ウィンドウが表示されます。
  1. [履歴] ウィンドウには、ファイルに対して行われたリビジョンとともに、コミット メッセージ、作成者、日付が表示されます。リビジョンをダブルクリックすると、ワークフロー差分検出ウィンドウが開き、選択したファイルと以前のバージョンの間の変更が表示されます。

[履歴] ウィンドウの [詳細] タブに、作成者、日付、リビジョン番号、コミット メッセージが表示されます。[変更箇所] タブには、選択した確定中のファイルが表示されます。ファイルをダブルクリックすると、ワークフロー差分検出ウィンドウが開き、選択したファイルと以前のバージョンの間の変更が表示されます。

[履歴を表示] のコンテキスト

[履歴を表示] ウィンドウのリビジョンのエントリを右クリックすると、コンテキスト メニューが開かれ、オプションが選択できるようになります。

オプション

説明

以前のものと比較

ファイルの選択したバージョンと以前のバージョンを比較します。

ローカルと比較

Git、TFS、SVN から選択したバージョンとローカル バージョンを比較します。

最新のものと比較

ファイルの選択したバージョンと最新のバージョンを比較します。

選択済みを比較

ファイルの選択した 2 つのバージョンを比較します。バージョンを比較するには、Ctrl + クリックを行ってから、右クリックします。3 つ以上のバージョンを選択した場合は、最新のものと最も古いものが比較されます。

2 年前に更新

ワークフローの差分検出


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。