通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

コマンド ライン パラメーター

コマンド ライン引数の説明

UiPath Studio Windows インストーラー (UiPathStudio.msi) がある場合は、コマンド ラインを使用して Studio または ロボットをインストールしたり更新したりすることができます。以下の表は、使用可能なパラメーターのリストです。また、いくつかの例も紹介しています。

Orchestrator で使用できるコマンド ライン引数については、こちらをクリックしてください。

📘

重要

サイレント モードでは、コマンド プロンプトから UiPath Platform の既存のインスタンスに変更を加えることはできません。ただし、更新の実行時にインストールされるインスタンスについては変更を加えることが可能です。

セットアップ コマンド ラインの引数は、UiPathPlatformInstaller.exe では機能しません。

これらのコマンドを実行するには、管理者権限が必要です。

Command

Description

/q

Helps you install the specified UiPath features silently, without displaying the user interface.

/l*vx <LogFile>

Generates an installer log file at the specified path. Starting with v2018.4.2, this file can also include licensing information if you license Studio or Robot at install time.

You can send the file further to our support team if, for any reason, you encounter difficulties during the installation process.

ADDLOCAL

Enables you to select what features you want to install. It supports the following options:
DesktopFeature - indicates that you want to install Robot and Studio features.

Studio - Installs Studio. It cannot be used without DesktopFeature.

Robot - Installs the Robot in user mode. Add the RegisterService parameter if you want to register the Robot as a service. It cannot be used without DesktopFeature.

RegisterService - Registers the Robot as a Windows service. Can only be used with the Robot and the DesktopFeature arguments.

Packages - Installs the activities packages. It cannot be used without the DesktopFeature and Robot arguments.

StartupLauncher - Runs the Robot at Windows startup. It cannot be used without the DesktopFeatureand Robot arguments.

JavaBridge - Install the UiPath Java Bridge for a better integration and automation in regards to Java applications. Please note that installing the Java Bridge may cause the installation to last longer than usual. It cannot be used without the DesktopFeature and Robot arguments.

ChromeExtension - Installs the UiPath Google Chrome Extension. It cannot be used without the DesktopFeature and Robot arguments.

CitrixClient - Installs the UiPath Citrix Client Extension. It cannot be used without the DesktopFeature and Robot arguments.

APPLICATIONFOLDER

Enables you to install Studio and Robot in a custom location.

NUGET_OPTIONS

This parameter is recommended if you are working in an offline environment. If set to DisableOnlineFeeds, this parameter helps you disable the online UiPath official and Community feeds for the Robot - only the Orchestrator and local feeds are taken into consideration.

Please note that the URL feeds are not deleted from the configuration files, just ignored.

It can be used for both installations and upgrades.

PACKAGES_FOLDER

Enables you to change the download location of your workflows and their dependencies for Studio and/or Robot. This folder can be user specific or accessible by all users from a machine. This parameter can be used even if the Robot is installed as a service or in user mode.

If you do not provide this parameter the default folder is %userProfile%\\.nuget\\packages.

For installations on Windows Server machines (that enable concurrent execution - HD Robots), you must provide paths that are specific to each user. Using the same shared folder for all users in HD environments is not supported.

It is possible to use environment variables such as %USERNAME% or %USERPROFILE%. The % special character needs to be escaped as follows:
When the setup is invoked from Command Prompt - use ^ - UiPathStudio.msi PACKAGES_FOLDER=C:\Some\Path\^%USERNAME^%;
In batch scripts - use % - UiPathStudio.msi PACKAGES_FOLDER=C:\Some\Path\%%USERNAME%%
In PowerShell console or scripts - no escaping is needed.

If your user is an Active Directory domain account, it is recommended that you specify the domain name in the folder structure too, such as c:\packages\^%UserDomain^%.^%Username^%.

CUSTOM_NUGET_FEEDS

Enables you to add custom NuGet activities feeds for Studio and/or Robot. This command only adds or updates the existing list of feeds.

It must be populated with key-value pairs of type string. Valid locations include online feeds, folder paths, and shared network drives. Make sure that the provided feeds are reachable by all users from a given machine. If the value parameter contains blank spaces, please add the entire string between quotation marks. Separate feeds with semicolons (;).
Example: CUSTOM_NUGET_FEEDS="Feed Name 1, https://my.custom.nuget.feed; FeedName2, D:\Custom\Activities\Packages\".

CODE

Licenses your Studio instance.

CONNECTIONSTRING

Automatically connects the Robot to Orchestrator using the connection string while also installing it. Please note that the following are required:
the WindowsAuth.Enabled parameter from the web.config file has to be set to true
the WindowsAuth.Domain parameter has to be set to a valid domain
the Service Mode Robot

以下の例では、UiPathStudio.msi インストーラーが置かれているディレクトリにいることを前提としています。たとえば、cd D:\UiPathInstaller などのコマンドでこれを行うことができます。

  • Studio のインストールとロボットの Windows サービスとしてのインストールを実行し、アクティビティ パッケージをインストールします。 - UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService,Packages
  • Studio とロボットをユーザー モードでインストールする - UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot
  • サイレント モードで Studio をインストールし、Robot をサービスとしてインストールし、ローカル アクティビティ フィードと Java 拡張機能をインストールします。- UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService,Packages,StartupLauncher,JavaBridge /Q
  • サイレント モードで Studio をインストールし、Robot をサービスとしてインストールし、ローカル アクティビティ フィード、Citrix 拡張をインストールする - UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService,Packages,CitrixClient /Q
  • サイレント モードで、Studio をインストールし、Robot を Windows サービスとしてインストールし、アクティビティ パッケージをインストールする (すべてを D:\UiPath フォルダーにインストール) - UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService,Packages APPLICATIONFOLDER=D:\UiPath /Q
  • サイレント モードで Robot を Windows サービスとしてインストールし、Orchestrator に接続する -
    UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Robot,RegisterService CONNECTIONSTRING=https://platform.uipath.com/api/robotsservice/GetConnectionData?tenantId=1 /Q
  • サイレント モードで Studio をインストールしてライセンスを取得し、ロボットを Windows サービスとして登録し、ローカル アクティビティ フィードをインストールする - UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService,Packages CODE=1234567890 /Q
  • サイレント モードで Studio をインストールし、Robot を Windows サービスとしてインストールし、公式オンライン アクティビティ フィードを無効化し、カスタム フィードを 2 つ追加します。- UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService NUGET_OPTIONS=DisableOnlineFeeds CUSTOM_NUGET_FEEDS="Feed Name1, https://my.custom.nuget.feed; FeedName2, D:\RPA\Activities\Packages\" /Q
  • Robot を Windows サービスとしてインストールし、公式オンライン フィードを無効化する - UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Robot,RegisterService NUGET_OPTIONS=DisableOnlineFeeds

1 年前に更新

コマンド ライン パラメーター


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。