通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ライブラリについて

ライブラリとは、複数の再利用可能なコンポーネントを含むパッケージをいいます。ライブラリは .nupkg ファイルとして保存され、パッケージ マネージャーを使用してワークフローに対する依存関係としてインストールすることが可能です。

再利用可能なコンポーネントアクティビティの管理

再利用可能なコンポーネントアクティビティとは、アクティビティとしてパッケージ化され、他のプロセスで利用されるワークフローを指します。

ライブラリの作成

  1. Studio のバックステージ ビュー > [スタート] > [ライブラリ] に移動します。[新しい空のライブラリ] ウィンドウが開きます。
  2. ライブラリの名前を入力し、場所を指定します。既定の場所は C:\Users\<current_user>\Documents\UiPath です。説明を追加して [作成] を選択します。新しいライブラリが作成され、ローカル マシンに保存されます。
    メモ: ライブラリ名は 128 文字までで、説明は 500 文字までです。
  3. [プロジェクト] パネルに、プロジェクト フォルダー、依存関係、実際のワークフローを含む NewActivity.xaml がツリーで表示されます。

📘

注:

既定では、新しいライブラリで使用可能な依存関係は、[最も低い適用可能なバージョン] のランタイム ルールが適用される新しい空のプロジェクト、すなわち、UiPath.Excel.ActivitiesUiPath.Mail.ActivitiesUiPath.System.ActivitiesUiPath.UIAutomation.Activities と同じです。

テンプレートを使用して新しいライブラリを作成する際、そのテンプレートに Main.xaml ファイルが含まれていない限り、デザイナーパネルは自動的に .xaml ファイルを開きません。

ライブラリのパブリッシュ

  1. [デザイン] リボン タブで、[パブリッシュ] を選択します。[ライブラリをパブリッシュ] ウィンドウが表示されます。
  1. [パブリッシュする場所] カテゴリで、ライブラリを Orchestrator、カスタム NuGet フィード、またはローカル マシンにパブリッシュするように設定します。API キーを使用して、カスタム NuGet フィードを認証できます。

📘

注:

NuGet の制約により、現在のユーザーに制限されるサブフォルダーを含む場所への Windows 環境のパスにパブリッシュすることはできません。

  1. [リリース ノート] に入力します。これは、後ほど Orchestrator の [パッケージ] セクションで確認できます。新しいバージョン番号を追加するか、自動的に生成される番号をそのまま使用します。[リリース ノート] フィールドには、10,000 文字まで入力できます。バージョン番号の生成の詳細については、「オートメーション プロジェクトのパブリッシュについて」ページを参照してください。

📘

注:

NuGet v3 の制約により、パブリッシュされたライブラリのリリース ノートは、Orchestrator でのみ表示されます。

  1. [ライブラリ設定] カテゴリで、[アクティビティ ルート カテゴリ] に名前を設定するか、既定のライブラリ名をそのまま使用します。これにより [アクティビティ] パネルで、再利用可能なコンポーネントの新しいカテゴリが作成されます。[ソースを含む] の横にあるチェック ボックスをオンにして、以前非公開にしていたワークフローを含め、すべての .xaml ソースを生成されたアセンブリ ファイルにパッケージ化します。これは、ワークフローをデバッグする際に役立ちます。
  2. [パブリッシュ] を選択します。プロジェクト フォルダー全体が .nupkg ファイルにアーカイブされ、Orchestrator、カスタム NuGet フィードにアップロードされるか、ローカル ディレクトリに保存されます。
  3. プロジェクトが正常にパブリッシュされると、[情報] ダイアログが表示されます。これには、次が含まれます。
    • Orchestrator の [パッケージ] ページ、またはローカルにパブリッシュされたパッケージの名前
    • パブリッシュされたパッケージのバージョン番号
    • プロジェクトがパブリッシュされた場所 (プロジェクトがローカルにパブリッシュされた場合)
    • [クリップボードにコピー] オプション

ライブラリをパブリッシュする際の制限事項

次の制限事項によって、ライブラリ プロジェクトのパブリッシュが阻まれます。

  • [分離] オプションが選択された [ワークフロー ファイルを呼び出し] を含むライブラリは、パブリッシュできません。[出力] パネルにエラー メッセージが表示されます。
  • [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティを使用する際には、呼び出されたファイルがライブラリ プロジェクトと同じフォルダーにあることを確認してください。
  • [対話型ワークフローを起動] アクティビティはライブラリではサポートされていません。

再利用可能なコンポーネントをオートメーション プロジェクトに追加する

  1. 新しいプロジェクトを開くか、作成します。
  2. [すべてのパッケージ] カテゴリで、ライブラリを保存するフィードを選択し、パッケージをインストールします。
  3. [OK] を選択します。パッケージがプロジェクト定義に追加されます。
  4. [アクティビティ] パネルのカスタム カテゴリに、このアクティビティが表示されます。

📘

注:

ライブラリは前方互換性があります。このため、v2018.3 およびそれ以降の Studio で作成したプロジェクトでのみ使用できます。ライブラリは、2018.3 より前のバージョンの Orchestrator にはパブリッシュできません。

ライブラリ プロジェクトで、[ワークフローをインポート] を使用してライブラリを含むワークフローを追加した場合、そのライブラリを参照する依存関係はインポートされません。

9 か月前に更新


ライブラリについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。