通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

ソフトウェア要件

Supported Versions

Operating System

Windows 7 update KB 2533623 (required by OCR and Computer Vision activities)
Windows 7 N
Windows 7 SP1 Update for Universal C Runtime
Windows 8.1
Windows 8.1 N
Windows 10
Windows 10 N
Windows Server 2008 R2 update KB 963697, KB 2999226, and the Desktop Experience feature
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Please note that Windows Server 2016 must be installed with the Desktop Experience feature. This feature can not be added after installation, and a complete reinstallation of the Windows Server 2016 in this case. You can find out more information here.
Windows Server 2019
Citrix environments (!) - click here for the full list.
XenApp v6.5 or greater
XenDesktop v7.0 or greater

.NET Framework

minimum: 4.6.1
Please note that if your machine runs Windows OS in a particular language (other than English), make sure to install the corresponding language pack for the .Net framework version you are using. This is required for running Studio in any of the available languages. The .Net framework and related language pack version must correspond, and any conflicting .Net framework versions installed on the machine should be removed.

Web Browser (for browser automations)

Internet Explorer v8.0 or greater.
Google Chrome version 64 or greater. Automated with the extension for Chrome or the Webdriver protocol.
Mozilla Firefox version 52.0 or greater. Automated with the extension for Firefox or the Webdriver protocol.
Microsoft Edge on Windows 10 version 1803 or greater. Automated with the extension for Edge.

(!) 以下の条件が満たされている場合、ロボットを Citrix 環境にインストールすることができます。

  • ローカルではなく、Orchestrator にてライセンスされています。
  • マシン名は固定されています。

Citrix 環境においてローカルでロボットのライセンスを取得する場合、Citrix マシンを起動するたびにライセンスを取得する必要があります。

📘

重要

まれに、ロボットが動作を停止し、一時ファイルへのアクセス権なしを意味するエラーがスローされる場合があります。これは Windows 7、または Windows Server 2008 R2 にて発生する問題で、こちらの修正プログラムをインストールすることで解決できます。この問題が発生しているシステムにのみ修正プログラムを適用してください。

こちらから StudioOrchestrator のソフトウェア要件もあわせてご確認ください。

1 年前に更新



ソフトウェア要件


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。