UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

最小化された RDP ウィンドウでのタスクの実行

仮想環境上での自動化は、UI オブジェクトとの直接対話ではなく、要素の視覚的な認識によって実行されます。つまり、ほとんどの UI 上の操作が機能するには、RDP ウィンドウが常に表示されている必要があります。ただし、リモート デスクトップのウィンドウが最小化されている間も、リモート コンピューター上で対話型タスクを実行することは可能です。これらの対話は、RDP を介してロボット端末にアクセスするすべてのコンピューターで、リモート デスクトップのレジストリ設定を変更することで、バックグラウンドで実行することができます。ロボット端末では、これらの設定を変更する必要はありません。

設定は、次のように Windows レジストリ エディターで変更します (管理者権限が必要です)。

  1. 開いているすべてのリモート デスクトップ セッションを閉じます。
  2. Win + Rを押し、「regedit」と入力した後、Enter を押します。[レジストリ エディター] ウィンドウが表示されます。
  3. 以下のレジストリ キーに移動します。
    • 現在のユーザーに適用する場合:
      • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Terminal Server Client (32 ビット)
      • HKEY_CURRENT_USER\Software\Wow6432Node\Microsoft\Terminal Server Client (64 ビット)
    • すべてのユーザーに適用する場合:
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Terminal Server Client (32 ビット)
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Terminal Server Client (64 ビット)
  4. 新しい DWORD 値を RemoteDesktop_SuppressWhenMinimized の名で作成します。
    4.1. [レジストリ エディター] ウィンドウの右パネル内を右クリックします。
    4.2. [新規] > [DWORD (32ビット) 値] を選択します。新しいレジストリ値が右パネルに追加されます。
    4.3. 既定の名前を RemoteDesktop_SuppressWhenMinimized に変更します。

4.4. RemoteDesktop_SuppressWhenMinimizedをダブルクリックします。[DWORD (32 ビット) 値の編集] ウィンドウが表示されます。
4.5.[値のデータ]フィールドに 2 と入力します。
4.6.[OK] を押して変更を保存します。

  1. [レジストリ エディター] ウィンドウを閉じます。
  2. ジョブを実行する前にロボットマシンからすべてのユーザーをサインオフします。すると、RDP ウィンドウが最小化されていても UI 上の操作を自動化できます。

2 か月前に更新


最小化された RDP ウィンドウでのタスクの実行


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。