通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

エージェント デスクトップについて

エージェント デスクトップは、有人オートメーションのあらゆるニーズの中心となります。これは、ジョブを表示、管理、スケジューリングできるようにするアプリケーションです。Robot サービスのクライアントであるエージェント デスクトップでは、ユーザーの入力に基づいて、ジョブの開始や停止、設定の変更などが可能です。

エージェント デスクトップは、有人プロセスの使用に特化して設計されていますが、開始できるプロセスの種類に関しては何の制限もありません。したがって、Orchestrator に簡単に接続し、ジョブを開始できます。

ロボット エージェントの種類は、インストールの際に選択します。エージェント デスクトップは全面的にロボット トレイに代わるものではありませんが、使用できるのは、いずれか一方のみです。使用するロボット エージェントの種類によって、Robot サービスのデプロイが影響を受けることはありません。

448448

Robot をインストールして実行すると、Robot_iconRobot_icon アイコンがシステム トレイに表示されます。このアイコンをクリックすると Agent Desktop にフォーカスが置かれます。右クリックするとメニューが表示され、そこで [設定] [Orchestrator の設定] を選択できるほか、UiPath Assistant を終了することもできます。ユーザー モードのRobot をインストールした場合は、エージェント デスクトップを閉じると Robot サービスも終了します。サービス モードの Robot をインストールした場合は、エージェント デスクトップを閉じても Robot サービスは終了しません。

エージェント デスクトップのシステム トレイ アイコンの色によって、Orchestrator とエージェント デスクトップとの接続状態が次のように示されます。

  • connectedconnected - 接続が確立されている場合。
  • disconnecteddisconnected - 未接続の場合。
  • connection_errorconnection_error - エラーが発生した場合 (例: UiPath Robot サービスが停止したなど)。

トレイ アイコンにマウス カーソルを置く操作やエージェント デスクトップのステータス バーでも、Orchestrator との接続状態が次のように表示されます。

  • Connected, licensed - when a Robot exists and is licensed. The following tooltip message is displayed on mouse hover: "Robot is connected and license is acquired." です。
  • Connected, unlicensed - when a Robot exists, but is not licensed. The following tooltip message is displayed on mouse hover: "There are no available licenses on the server." です。
  • ロボットは利用できません。 - 次のそれぞれの状況で、マウス カーソルを置くと次のツールチップ メッセージが表示されます。
    • "An Orchestrator Robot definition must exist for this user." - if a Machine that hosts the Robot is not defined on Orchestrator. For example, if you deployed your Robots using the ConnectionString without first defining the Robots in Orchestrator.
    • “Robot does not exist.” - 定義されているロボットがありません。
    • “There are no available licenses on the server.” - 現在、Orchestrator に用意されているライセンスがすべて消費されています。
    • “Robot already connected to machine ‘Machine_Name’.” - フローティング ロボットが既に別のマシンで使用されています。
    • "The machine key is linked to another machine!" - Orchestrator との接続に使用したキーが、Orchestrator で別のマシンに属しています。

詳細は、エージェント デスクトップのフィールドの説明をご覧ください。

エージェント デスクトップのメイン ウィンドウは、展開可能な次の各ウィジェットで構成されています。

実行中のプロセス ウィジェット

実行中のプロセス ウィジェットを使用すると次の操作が可能です。

  • 現在フォアグラウンドとバックグラウンドで実行されているすべてのプロセスを表示します。
  • プロセスを一時停止、再開、または停止する。[Studio プロセス設定] ウィンドウで、プロセスの [一時停止] ボタンを無効化できます。プロセスを開始すると、その実行ステータスが表示されます。[ステータスを報告] アクティビティを使用して、プロセスの実行中にカスタムのステータス メッセージが表示されるように指定できます。
419419

プロセス リスト ウィジェット

プロセス リスト ウィジェットを使用すると次の操作が可能です。

  • すべての利用可能なオートメーション プロセスを表示します。
    • Orchestrator にエージェント デスクトップを接続している場合は、ロボットが属するロボット グループとフォルダーにあるプロセスが表示されます。プロセスにマウス カーソルを置くと、そのプロセスの名前と、Orchestrator でそのプロセスが置かれているフォルダーが表示されます。
    • If Agent Desktop is not connected to Orchestrator, processes from the %ProgramData%\UiPath\Packages folder are displayed. The Packages folder can be specified, as explained on this page.
  • プロセスを開始または停止します。実行中のプロセス ウィジェットからプロセスを一時停止できます。
  • 新しいバージョンが用意されているプロセスやダウンロードしてローカルで解凍する必要があるプロセスをダウンロードして、インストールの状況を確認します。
  • 使用可能なプロセスを検索できます。
416416

[スケジュール] ウィジェット

[スケジュール] ウィジェットを使用すると、選択したプロセスを実行する時間や期間を指定できます。[プロセス リスト] ウィジェットで表示できるプロセスであれば、スケジュールに設定できます。実行の頻度を、一回限り、毎日 1 回、毎週 1 回、または毎月 1 回に設定し、それぞれに独自の日付設定を構成できます。1 件のスケジュールに設定できるプロセスは 1 つのみです。[スケジュールを編集] ボタンをクリックすると、スケジュールの変更や削除ができます。

411411

スケジュールを設定したプロセスが開始される直前にアラームが表示されます。スケジュールを設定したプロセスは、ユーザーの同意がないと開始されない点に注意してください。アラームのウィンドウでは、アラームの スヌーズ (10 分以内に再度アラームを表示)、消去、またはプロセスの 開始 を指示できます。

353353

2 年前に更新


エージェント デスクトップについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。