UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Azure スクリプトを使用した更新

🚧

重要!

If you have not previously done so (e.g. upgrading from v2019.10), ensure that you have created the app services for:

  1. Identity Server.
  2. Webhooks Service.
  1. 入手可能な最新の UiPathOrchestrator.zip アーカイブをダウンロードします。
  2. PowerShell コマンド Unblock-File を使用して UiPathOrchestrator.zip ファイルのブロックを解除します。たとえば、Unblock-File .\UiPathOrchestrator.zip となります。
  3. UiPathOrchestrator.zip のアーカイブを解除します。
  4. 更新する Orchestrator インスタンス上の PowerShell で Publish-Orchestrator.ps1 スクリプトを実行します。web.config の設定は、スクリプトのパラメーターとして明示的に指定しないかぎり、保持されることに注意してください。これらのまたは、更新で保持されるパラメーター値のすべての一覧を確認してください。
  5. Run the Publish-IdentityServer.ps1 script, in PowerShell, as seen below. See the parameter descriptions here for more details.
  6. Run the Publish-Webhooks.ps1 script, in PowerShell, as seen below. See the parameter descriptions here for more details.
  7. マルチノードの Orchestrator インスタンスを更新する場合は、FLUSHALL または FLUSHDB コマンドを使用して、すべての Redis キャッシュ キーをフラッシュします。詳細については、こちらまたはこちらを参照してください。
  8. Orchestrator アプリケーションサービスを開始します。Azure Portal で Orchestrator を使用してください。
  9. Restart the UiPath Robot service on all Robot machines you have connected to Orchestrator.

Publish-IdentityServer.ps1 更新

🚧

重要!

If you have not previously done so (e.g. upgrading from v2019.10), ensure that you have created the app service for Identity Server.

After you have downloaded the latest Publish-IdentityServer.ps1 script to your local machine, run the script as follows to update the Identity Server Azure web app:

.\Publish-IdentityServer.ps1 `
    -action Update `
    -azureSubscriptionId "<subscription_id>" `
    -azureAccountTenantId "<azure_tenant_id>" `
    -azureAccountApplicationId "<azure_application_id>" `
    -azureAccountPassword "<azure_account_password>" `
    -package "UiPath.IdentityServer.Web.zip" `
    -cliPackage "UiPath.IdentityServer.Migrator.Cli.zip" `
    -stopApplicationBeforePublish `
    -resourceGroupName "<resourcegroup_name>" `
    -appServiceName "<appservice_name>" `
    -unattended

Publish-Webhooks.ps1 更新

🚧

重要!

If you have not previously done so (e.g. upgrading from v2019.10), ensure that you have created the app service for the Webhooks Service.

After you have downloaded and extracted the latest UiPathWebhooks.zip archive to your local machine, run the Publish-Webhooks.ps1 script as follows to update the Webhooks Service Azure web app:

.\Publish-Webhooks.ps1 `
-action Update `
-package "UiPath.WebhookService.zip" `
-azureAccountApplicationId "<azure_application_id>" `
-azureAccountPassword "<azure_account_password>" `
-azureSubscriptionId "<subscription_id>" `
-azureAccountTenantId "<azure_tenant_id>" `
-resourceGroupName "<resourcegroup_name>" `
-appServiceName "<appservice_name>" `
-stopApplicationBeforePublish

約 1 か月前に更新


Azure スクリプトを使用した更新


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。