Test Suite
v2023.4
UiPath CLI - Automation Suite 2023.4
バナーの背景画像
ロゴ
Test Suite
最終更新日 2023年12月19日

UiPath CLI

このセクション下にある UiPath CLI のリリース ノートをご覧ください。

V23.6.0

公開日: 2023 年 6 月 30 日

バグ修正

  • パッケージを Orchestrator にデプロイする際に、--createProcess パラメーターが指定されていなくてもプロセスが作成されていました。現在は、--createProcess パラメーターを -c true または -c false に設定することで、プロセスの作成を制御できるようになりました。
  • パッケージャーに関する問題を修正し、CLI の実行を効率化しました。
  • Azure DevOps プラグインが、ワークフロー プロジェクトの構築時に Orchestrator に格納されたパッケージを取得できず、セキュリティで保護されたネットワークを使用する場合に問題となっていました。現在は、CLI が Orchestrator に格納されたパッケージを取得できるようになったため、プロジェクトを正常に構築できるようになりました。

V23.2.0

公開日: 2023 年 3 月 9 日

バグ修正

  • Orchestrator のフォルダー名に「&」記号が含まれていると、タスクが失敗していました。現在は、「&」記号が含まれている Orchestrator のフォルダー名をタスクのパラメーターとして渡せるようになりました。
  • manifest.json ファイルが UiPath.CLI NuGet パッケージに含まれなくなる問題を修正しました。

v22.10.1

公開日: 2023 年 1 月 17 日

バグ修正

  • CLI を使用してパッケージ化された Windows プロジェクトが Orchestrator で正常に実行されるようになりました。
  • 基本認証ヘッダーを Orchestrator の要求から削除しました。

V22.10

公開日: 2022 年 12 月 9 日

UiPath CLI の最初のスタンドアロン バージョンをリリースしました。プラグインを使用せずに、RPA パッケージの管理やテストに関連するタスクを実行できます。UiPath CLI の使い方について詳しくは、以下のページをご覧ください。

新着情報

  • Orchestrator でプロセスとして実行するパッケージを自由に決められるように、デプロイするパッケージからプロセスを作成するかどうかを選択できるようになりました。タスクの package deploy に以下のパラメーターを設定します。
    • "createProcess": false - プロセスは作成されません。
    • "createProcess": true - プロセスが作成されます。

改良点

  • CLI で Windows プロジェクトとクロスプラットフォーム プロジェクトのコンパイルがサポートされるようになりました。これにより、ビルド エージェントでさらに多くのプロジェクトを実行できます。
  • コンパイル時にパッケージャーで発生するすべてのエラーを、コンソールのエラー ログから確認したり調査したりできるようになりました。

バグ修正

  • 入力の JSON ファイルの outputType パラメーターが明示的に Process に指定されている場合に、パッケージが Orchestrator にライブラリとしてデプロイされなくなりました。
  • ワークフロー アナライザーが YAML ファイルを分析しようとしてしまう問題を修正しました。
  • V23.6.0
  • バグ修正
  • V23.2.0
  • バグ修正
  • v22.10.1
  • バグ修正
  • V22.10
  • 新着情報
  • 改良点
  • バグ修正
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.