通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

コマンド ライン パラメーター

インストール コマンド ライン引数の説明

It is possible to install or update Task Capture using the below-mentioned command lines if you have the task-capture-setup.msi installer. The table below lists all the available parameters you can use, paired with some examples.

📘

注:

Setup command-line arguments cannot be used and do not work on TaskCapture.exe です。
このパッケージはすべての msiexec コマンドをネイティブにサポートします。
これらのコマンドを実行するには、管理者権限が必要です。

Item

Command

Description

Install Options

/i

Used for normal installation.

/a

Used for administrative installation

/x

Used to uninstall the package

APPLICATIONROOTDIRECTORY='{folder_path}'

Used to change the installation directory

Display Options

/quiet

quiet mode

/passive

unattended mode

/q[n|b|r|f]

Set the User Interface level as follows:
f - Full User Interface(default)
b - Basic User Interface
r - Reduced User Interface
n - No User Interface

Restart Options

/norestart

The machine will not be restarted after the installation is completed.

/promptrestart

The user will be prompted if a reboot is required

/forcerestart

The machine will be restarted after the installation is complete

Custom Parameters

LICENSECODE=1111-1111-1111-1111
or
LICENSECODE=offline_activation_string

Activate the Stand-Alone edition app via the license code or license activation string (for offline activation).

TEMPLATES=template1.ssword;template2.ssword;...

Install custom templates as default.

PROXYCONFIG="config.json" along with the path to the configuration file

Configure the Proxy settings.

SHOWTELEMETRYTOGGLE

Shows the telemetry configuration options on the Settings -> General page.

TELEMETRYENABLED

Enables the telemetry configuration.
Example:
msiexec /i task-capture-setup.msi /qb TELEMETRYENABLED = 0 SHOWTELEMETRYTOGGLE = 0
Turns off telemetry by default and hides the toggle from the settings -> general page.

SHOWSIGNIN

Hides/shows the sign-in option on the application UI.
Example:
msiexec /i task-capture-setup.msi /qb SHOWSIGNIN=0
Removes sign in option from the application header and settings -> general -> licensing page.

🚧

重要:

  • スペースを含む値を渡す場合は、二重引用符で囲む必要があります。
  • 二重引用符はエスケープする必要があります。
  • エスケープする必要がある文字の前にバッククォート記号 (PowerShell の場合は `、コマンド プロンプトの場合は ^) を使用してください。
  • テンプレート ファイルは .ssword 形式である必要があります。Task Capture を使用したファイルの作成方法については、こちらのページをご覧ください。

:white-check-mark: The following example illustrates the tool's silent installation (q) with Basic user interface (b) and license activation (LICENSECODE):

In the msiexec /i ${task-capture-setup.msi} /qb LICENSECODE=${license_code} the following elements are avaialble:

  • ${task-capture-setup.msi} - .msi インストーラー ファイルへのパス
    例: C:\Users\user.name\Downloads\task-capture-setup.msi
  • ${license_code} - 次のいずれか

:white-check-mark: The following example illustrates how to install your pre-defined custom templates by using the TEMPLATES parameter:

はじめに以下を使用します。
msiexec /i task-capture-setup.msi /qb TEMPLATES=^"C:\Users\username\Documents\MyTemplate.ssword^" - CMD の場合
msiexec /i task-capture-setup.msi /qb TEMPLATES=`"C:\Users\username\Documents\MyTemplate.ssword`" - PowerShell の場合
次の要素が含まれます。

  • task-capture-setup.msi - .msi インストーラー ファイルへのパス
  • TEMPLATES= - 次の情報を含むパラメーター
    • ^"C:\Users\username\Documents\MyTemplate.ssword^ (CMD) or `"C:\Users\username\Documents\MyTemplate.ssword`" (POWERSHELL) the path towards the pre-defined custom template that you set up.

アプリケーション コマンド ライン引数の説明

Task Capture の実行可能ファイルでは、次の CLI 引数を使用できます。

📘

注:

  • これらの引数は、.msi インストールで LICENSECODE または TEMPLATES 引数を使用してインストーラーを呼び出す場合に使用されます。
  • 使用すると、他のウィンドウを開くことなく Task Capture がサイレントに呼び出されます。

ライセンス アクティベーション引数

--activate=${license}: ${license} has one of the following values:

  • オンライン アクティベーションのライセンス コード
    e.g. --activate=1111-1111-1111-1111
  • オフライン アクティベーション文字列: Task Capture でオフライン アクティベーションを行う場合に、最後の手順で使用される文字列

ライセンス ディアクティベーション引数

--deactivate - アクティブなライセンスをディアクティベーションします。これを使用すると、Task Capture はライセンス サーバーにディアクティベーション要求を送信し、ライセンス ファイルを削除します。

既定のテンプレートとしてのカスタム テンプレートのインストール

--import-templates={template1};{template2};... - 選択したテンプレートをインストール フォルダーに追加します。

:heavy-check-mark: For multiple templates use a semicolon as separator (;).
:heavy-check-mark: Task Capture attempts to import each given template.
:heavy-check-mark: If one of the selected templates cannot be imported Code 1 is displayed.
:heavy-check-mark: All the errors are written to the log file.

使用状況

:white-check-mark: MSI 版で利用可能なアクションの一部では、管理者権限が必要な場合があります。

The executable file name is Task Capture.exe and, depending on the installation type is locates in:

  • %localappdata%/Programs/task-capture フォルダー (.exe インストーラーの場合)
  • %programfiles%/Task Capture フォルダー (.msi インストーラーの場合)

:white-check-mark: Since the name of the file and folders contain space, don’t forget to wrap the path of the executable file in double-quotes.

例:

  • "%programfiles%/Task Capture/Task Capture.exe" --activate=1111-1111-1111-1111 - .msi 版をアクティベーションします。
  • %localappdata%/Programs/task-capture/Task Capture.exe” --deactivate - .exe 版をディアクティベーションします。

約 9 時間前に更新


コマンド ライン パラメーター


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。