通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

2023 年

リリース ノート


今年のリリース ノートは、左の目次に表示される月をクリックすると表示されます。
各ページには、その月に Automation Cloud に加えられた変更 (新機能、バグ修正など) が表示されます。

 

更新が利用可能になるタイミング


Automation Cloud の場合、リリース ノートで発表する更新内容は組織や次の項目に応じて段階的に利用可能になります。

  • ライセンス プラン
  • your organization and tenant region.

そのため、更新内容が利用できるタイミングはユーザーによって異なります。

リリース ノートで変更が最初に告知される日付は、その機能が最初に利用可能になる日付です。ご自身の環境で変更がまだ確認できなくても、すぐに確認できるようになります。

最初のリリース: 変更はまず、Community ユーザーに対して利用可能になります。リリース ノートはこのタイミングで公開されます。

Enterprise リリース: Enterprise または Enterprise 無料トライアル ユーザーの場合は、公開日の 1 日後に更新内容が利用可能になります。各ユーザーのホスティング リージョンで変更が利用可能になるまでの正確な日数は、全リージョンへの変更のデプロイが完了するタイミングに応じて異なります。
Enterprise リリースの公開や、他のリージョンでの公開のタイミングであらためて告知を行うことはありません。

:

Release note dateCommunity release dateEnterprise release date
11 July 202311 July 2023starting with 12 July 2023

 

更新遅延組織

This feature is available for enterprise customers with an Advanced Tier license.
Please contact the UiPath Sales team for more information on how to become an Advance Tier customer.

ユーザーの組織が更新遅延リージョンでホストされている場合、Automation Cloud とそのサービスが、上記ルールの対象となる他のエンタープライズ組織にデプロイされた少なくとも 2 週間後に、ユーザーのリージョンでも利用可能になります。
各ユーザーのホスティング リージョンの更新遅延組織で変更が利用可能になるまでの正確な日数は、全リージョンへの変更のデプロイが完了するタイミングに応じて異なり、14 日よりわずかに長くかかる可能性があります。

通常のエンタープライズ組織を実稼働前環境として更新のテストに使用し、更新遅延組織を運用環境として使用できます。エンタープライズ組織で更新内容が利用可能になってから約 2 週間後に更新遅延組織にも変更が反映されます。

 

Automation Cloud のステータス


To stay up to date with uptime for all Automation Cloud services, including the Apps service, planned maintenance periods, or incidents, see the Status page.

25 日前に更新

2023 年


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。