通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

サービス接続の設定

概要


Azure Pipelines でサービス接続を使用して UiPath Orchestrator サービスに接続して、オートメーション タスクを実行できます。
For more information, see Manage service connections.

考慮事項


UiPath Orchestrator サービス接続の構成を開始する前に、以下のことを考慮に入れておいてください。

  • Orchestrator をオンプレミスで実行する場合は、基本認証方法を使用できます。
  • For Orchestrator Cloud versions (SaaS), you can use the External Authentication method, to register the plugin in Automation Cloud or Automation Suite.
  • Orchestrator インスタンスが Microsoft Azure Marketplace (PaaS) にデプロイされている場合は、Orchestrator と Identity Server の情報にアクセスする必要があります。
    For more information, see Azure Marketplace Deployment.

UiPath Orchestrator サービス接続を構成する


Orchestrator を Azure DevOps に追加するには、次のようにサービス接続を追加して設定する必要があります。

  1. Open your Azure DevOps project (e.g., https://yourCompany.visualstudio.com/yourProject など)。
  2. [Project Settings] > [Service connections] に移動します。
  3. [New service connection] をクリックし、検索機能を使用して UiPath Orchestrator 接続を見つけます。
  4. [Next] をクリックして、認証方法を選択します。
  5. いずれかの認証方法にスキップして、設定を続行します。
  6. 次のサービス接続設定を構成します。
    • Service connection nameDescription: サービス接続の名前を入力し、任意で説明を追加します。
    • Grant access permission to all pipelines: プロジェクト レベルのパイプラインにアクセス許可を付与する場合は、このオプションを選択します。

基本認証

この方法は、Orchestrator インスタンスをオンプレミスで実行する場合に使用できます。この認証方法を使用するには、次の設定を構成します。

  • Orchestrator URL: Add the Orchestrator Public URL to which the Identity Server connects. (e.g., https://orchestrator.yourDomain.local)
  • Username and Password: Enter your Orchestrator username and password. If you use federated authentication in your organization, you need to add the username as follows: yourDomain\yourUsername です。
  • テナント: プロビジョニングされたテナントを追加します。

After you complete the basic authentication settings, go back to step 6 in Configuring UiPath Orchestrator service connection to complete the service connection setup.

467467

トークン ベースの認証

トークン ベースの認証の場合は、以下の設定を構成します。

  • Orchestrator URL: Add the Orchestrator Public URL to which the Identity Server connects. (e.g., https://orchestrator.yourDomain.local など)。
  • Account Name: Add your organization’s unique URL.
  • API Key: You can find the API key in Automation Cloud or Automation Suite, under Tenants > API Access. For more information, see Viewing API Access Information.
  • テナント: プロビジョニングされたテナントを追加します。

After you complete the token based authentication settings, go back to step 6 in Configuring UiPath Orchestrator service connection to complete the service connection setup.

466466

外部アプリケーション

You can use this method if your Orchestrator instance runs in the cloud or through Automation Suite. For this authentication method, you need to configure an external application and provide scopes in Automation Cloud or Automation Suite.

  1. Log in to Automation Cloud or Automation Suite as Administrator and navigate to Admin > External Applications.
  2. [アプリケーションを追加] をクリックして、以下の設定を構成します。
  • アプリケーション名: アプリケーションの名前を入力します。
  • アプリケーションの種類: この値を [機密] アプリケーションに設定します。
  • リソース: 次のアプリケーション スコープを設定します。
クリックして、アプリケーション スコープのセクションを展開します。
  1. [スコープを追加] をクリックします。
  2. [リソース] として [Orchestrator API アクセス] を選択します。
  3. 以下のスコープを選択します。
  • OR.Folders
  • OR.BackgroundTasks
  • OR.TestSets
  • OR.TestSetExecutions
  • OR.TestSetSchedules
  • OR.Settings.Read
  • OR.Robots.Read
  • OR.Machines.Read
  • OR.Execution
  • OR.Assets
  • OR.Users.Read
  • OR.Jobs
  • OR.Monitoring
    このコード ブロックを使用して、アプリケーション スコープのリストをコピーできます。
OR.Folders OR.BackgroundTasks OR.TestSets OR.TestSetExecutions OR.TestSetSchedules OR.Settings.Read OR.Robots.Read OR.Machines.Read OR.Execution OR.Assets OR.Users.Read OR.Jobs OR.Monitoring
  1. [保存] をクリックします。
  • リダイレクト URL: このフィールドは空白のままにできます。
  1. [追加] をクリックしてアプリケーションを登録します。

🚧

重要

  • アプリケーション ID とシークレットが最後に生成されます。この情報は安全な場所に保存し、後で使用するために手元に置いておいてください。
  • 新しいシークレットを生成して使用すると、古いシークレットは無効になります。

For more information, see Add external application in Automation Cloud or Managing external applications in Automation Suite.

After you complete the external application registration in Automation Cloud or Automation Suite, you can configure the following settings:

  • Orchestrator URL: Add the Orchestrator Public URL to which the Identity Server connects. (e.g., https://orchestrator.yourDomain.local など)。
  • Identity URL (Azure Marketplace にデプロイされた Orchestrator の場合のみ): Identity Server の URL を追加します。App Service[概要] セクションにあります。
  • Account Name: Add your organization’s unique URL. This is optional if your Orchestrator is deployed in the Azure Marketplace.
  • アプリケーション IDシークレット: 外部アプリの登録によって生成されたアプリケーション ID とシークレットを追加します。
  • アプリケーション スコープ: 外部アプリのリソースとして登録したスコープを追加します。
  • テナント: Orchestrator が Azure Marketplace にデプロイされている場合、これは任意です。

After you complete the external application settings, go back to step 6 in Configuring UiPath Orchestrator service connection to complete the service connection setup.

465465

2 か月前に更新


サービス接続の設定


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。