通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

2022.4

2022 年 5 月 23 日

Automation Suite v2022.4.0 が利用できるようになりました。

2022 年 5 月 9 日

更新内容

テスト ポートフォリオ機能を拡張し、ユーザーとグループのアクセス管理が可能になり、また新しい連携機能、テスト実行の改善などが追加されました。

クラウド版を確認しているユーザーにとって、今回のリリースで追加された機能はすでに馴染み深いものである可能性があります。

ユーザーとグループのアクセス管理

組織管理者およびプロジェクト所有者は、Test Manager 内のプロジェクトに対するユーザーまたはグループのアクセスを許可できるようになりました。

To assign users and groups to projects, see User and group access management.

Redmine との連携

Redmine で課題や要件を管理している場合は、Test Manager との連携を使用して、テスト結果から不具合のレポートを Redmine で作成し、Test Manager に要件を同期できます。

To configure the connection, see Redmine Integration.

一括操作

Test Manager で一括操作が利用できるようになりました。要件、テスト ケース、テスト セット、テスト結果などの複数のオブジェクトを一度に削除できます。また、複数のオブジェクトのラベルを 1 度に編集できるため、大量のオブジェクトを扱う作業をより速く実行できます。

For more information, see Bulk operations.

Task Capture で文書化

Task Capture の文書化機能を活用することで、手動テストをより簡単に作成できるようになりました。記録されたアクションは、手動ステップとしてテスト ケースに追加できます。

For more information, see Creating steps from recording.

テスト結果

手動のステップが含まれなくても、テスト ケースのテスト実行結果を設定できます。このため、たとえば、自動での実行ができない場合でも自動化されたテスト ケースに結果を設定できます。

For more information, see Setting test execution results.

影響を受ける要件の表示

テスト レポートが改良され、実行ログに影響を受ける要件に関する情報が表示されるようになりました。影響を受ける要件は、[影響を受ける要件] タブで評価できます。

For more information, see Execution log.

テスト レポート

テスト結果の表示方法を見直し、より詳細な情報が構造化された方法で表示されるようになりました。スクリーンショットを含むアサーション用のビューが個別に追加さました。また、実行に関する詳細情報 (例外、実行環境、引数など) を表示するタブも追加されました。

For more information, see Execution log.

UX の改良

他の UiPath 製品に合わせて製品エクスペリエンスを向上させるためのいくつかの変更を行いました。

API

新しい ObjectLabels スコープでは、以下のエンドポイントを使用できます。これにより、API を使用して Test Manager のオブジェクト ラベル (要件、テスト ケース、ラベルなど) を操作できます。

GET /api/objectlabels/project/{projectId}/all
GET /api/objectlabels/object/{objectId}/all
POST /api/objectlabels/object/{id}/assign
POST /api/objectlabels/object/{id}/unassign

For more information, see Test Manager Permissions.

バグ修正


ユーザー セッションの問題が原因で、ライセンスが割り当てられたユーザーでも Test Manager の機能を完全に利用できませんでした。


ラベルについて

クリックして詳細を表示

このバージョンの Test Manager は、以下の 2 つのデプロイ モデルで使用できます。

  • Standalone Test Manager
  • Automation Suite に含まれる Test Manager サービス

この 2 種類のデプロイの機能は類似しているため、ユーザー ガイドやリリース ノートでは同じドキュメントが共有されています。
ただし、いずれかのデプロイにのみ適用される情報がある場合は、以下のラベルを使用しています。

  • - スタンドアロンの Test Manager にのみ適用され、Automation Suite の Test Manager には適用されません。
  • - Automation Suite の Test Manager にのみ適用され、スタンドアロンの Test Manager には適用されません。

ラベルがない場合は、その情報は両方の種類のデプロイに適用されます。

2 か月前に更新


2022.4


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。