通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

プロジェクト テンプレート

Project templates can speed up automation design when used as a starting point for new automation projects. StudioX comes with a number of built-in templates and enables you to use custom templates from other sources, such as the organization-wide and Getting Started template feeds. In addition, you can create and publish your own custom templates.

テンプレートを使用する

利用可能なすべてのプロジェクト テンプレートを確認するには、StudioX の Backstage ビューの [テンプレート] タブにある [テンプレートを検索] のドロップダウン メニューから [すべて] を選択します。

15061506

最近使用されたテンプレートのリストが上部に表示されます。名前および説明によるテンプレートの検索、プレリリース版を含めるかどうかの選択、場所によるテンプレートのフィルター処理が可能です。

使用できるテンプレートの場所は以下のとおりです。

  • すべて - すべての場所
  • 入門 - StudioX を簡単に使い始められるように作成されたテンプレート。このカテゴリ下のテンプレートにはカスタマイズ可能なフィールドが含まれているため、使用するデータに合わせて新しく作成したタスク内の設定を調整できます。
  • 組み込み - Studio とともにインストールされるテンプレート
  • オフィシャル - オフィシャル UiPath フィードからのテンプレート
  • Orchestrator - 組織全体のテンプレート フィード (Orchestrator に接続されているときに利用可能)
  • ローカル - ローカル ユーザー フィード (既定: C:\Users\User\Documents\UiPath\.templates)。場所を定義するには、StudioX の Backstage ビューで [設定] > [場所] の順に選択します。

入門テンプレート

このカテゴリには、StudioX を使い始める際に役立つ再利用可能なタスクのコレクションが含まれています。各テンプレート内のアクティビティに追加されている注釈には、アクティビティの目的と設定方法に関する詳細情報が含まれています。

テンプレート上でホバーすると、テンプレートの目的が記載された簡単な説明が表示されます。

14981498

組み込みテンプレート

StudioX には、既定で多くのテンプレートが用意されています。各テンプレートは、一連の共通タスクを自動化する十分に機能的なプロジェクトです。オートメーション プロジェクトの設計方法の詳細を学ぶために現状のままで使用することも、独自のオートメーション用の開始点として使用することもできます。各テンプレート内でアクティビティに追加された注釈には、アクティビティの目的およびアクティビティの設定方法に関する詳細情報が含まれます。

組み込みのテンプレートを使用して新しいプロジェクトを作成するには、StudioX の Backstage ビューで [スタート] タブを選択し、画面右側にあるいずれかのエントリを選択します。または、テンプレートを検索したり、[すべてのテンプレートを表示] をクリックして利用可能なすべてのテンプレートを表示することもできます。

15001500

テンプレートに基づいてプロジェクトを作成する

  1. テンプレートをクリックします。テンプレートに関する詳細を示すウィンドウが開きます。
  2. 使用するバージョン (既定では最新バージョン) をウィンドウの左下隅から選択し、[テンプレートを使用] をクリックします。
  3. [プロセスの名前][場所] を設定します。
  4. [Create] をクリックします。
  5. カスタマイズ可能なフィールドに関する情報のポップアップが表示されます。[続行] をクリックし、必要に応じて [今後表示しない] を選択します。
  6. タスク内のカスタマイズ可能なフィールドを使用して、独自のデータを追加します。タスクの設定がすべて完了したら、タスクを実行するか、新しいアクティビティを追加してさらにカスタマイズできます。

カスタマイズ可能なフィールドには、先頭にアイコンが表示されます。

472472

テンプレートを作成する

個人的に使用するため、または組織内で共有するためにカスタム テンプレートを作成し、パブリッシュすることができます。

新しいプロジェクト テンプレートを作成するには

  1. StudioX の Backstage ビューで [スタート] タブを選択し、[新規] > [テンプレート] を選択します。[新しいテンプレート] ウィンドウが表示されます。
  2. 次の情報を入力します。
    • 名前 - テンプレートの名前を入力します。
    • 場所 - ハード ドライブ上のテンプレートの作成場所を参照します。既定の場所は C:\Users\User\Documents\UiPath\.templates です。
    • 説明 - 必要に応じて、テンプレートの内容に関する簡単な説明を入力します。
563563
  1. [Create] をクリックします。
  2. カスタマイズ可能なフィールドに関する情報のポップアップが表示されます。[続行] をクリックし、必要に応じて [今後表示しない] チェックボックスを選択します。
  3. 目的のアクティビティを追加および設定します。
  4. 入力フィールドの設定を行えるようにするには、そのフィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックして、メニューの [カスタマイズ可能としてマーク] を選択します。
  5. プロジェクトを実行してテストし、保存します。

カスタマイズ可能なフィールド

カスタマイズ可能なフィールドを使用すると、テンプレートのパブリッシュ時にクリアされるサンプル データを含むテンプレートを作成できます。その後、このテンプレートから独自のデータを使用してタスクを容易に作成できます。

テンプレートを作成するときには、テンプレートのパブリッシュ後に設定可能となる必要のあるフィールドがいくつかある場合があります。たとえば、Excel アクティビティを使用したテンプレートを作成する場合に、自動化の対象に応じて使用するファイルや選択する範囲が変わってくる可能性があるときなどに便利です。

For those instances, you can mark fields as customizable by clicking Plus plus buttonplus button on the right side of the field, then selecting Mark as Customizable.

288288

これにより、フィールドにアイコンが表示されます。カスタマイズ可能としてマークされたフィールドは、引き続き他のフィールドと同様に使用できるため、プロジェクトを独自の値で実行およびテストできます。

474474

テンプレートをパブリッシュすると、このフィールドの値はクリアされます。テンプレートを保存後に再び開くと、テスト値は保持されていて、編集を続行できます。

If you decide you’d like this field not to be configurable and maintain the values, select Plus plus buttonplus button > Unmark as customizable.

289289

テンプレートをパブリッシュする

テンプレートのパブリッシュはプロジェクトのパブリッシュと似ています。異なるのは、ウィザードでテンプレートの情報を入力する手順がある点です。テンプレートをパブリッシュするには、StudioX の [デザイン] タブのリボンで [パブリッシュ] を選択して必要な情報を入力します。

650650

For more detailed instructions, see About Publishing Automation Projects in the Studio Guide.

6 か月前に更新


プロジェクト テンプレート


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。