通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

オブジェクト リポジトリ

オブジェクト リポジトリを使用すると、オートメーション プロジェクト内部および複数のオートメーション プロジェクトをまたいで UI 要素を再利用できます。また、アプリケーションの UI ライブラリをインポートして、ライブラリに含まれる UI 要素を複数のオートメーション プロジェクトで使用できます。

オブジェクト リポジトリの主な機能を以下に示します。

  • プロジェクト全体の UI 要素を 1 か所に集約できます。
  • [オブジェクト リポジトリ] パネルの [UI アクティビティ] タブを使用して、プロセス内のすべての UI アクティビティのリストを表示できます。
  • [オブジェクト リポジトリ] パネルから要素をドラッグ アンド ドロップできます。
  • ライブラリからインポートしたオブジェクトを、ローカル プロジェクトまたは複数のプロジェクトで再利用できます。

前提条件

オブジェクト リポジトリUiPath.UIAutomation.Activities パッケージ (バージョン 2020.10 以降) で機能します。UIAutomationNext パッケージは 20.10 の時点で非推奨になっていることに注意してください。現在、UIAutomationNext のアクティビティは UIAutomation パッケージに含まれています。

[オブジェクト リポジトリの使用を強制] トグルが [はい] に設定されている場合は、UIAutomation パッケージのアクティビティ部分がオブジェクト リポジトリの要素を参照する必要があります。

主な概念

UI 要素

UI 要素には、完全または部分的な要素セレクター、アンカー セレクター、画面および要素画像のキャプチャ コンテキスト、画面上の要素について記述するその他のメタデータが含まれます。

UI ライブラリ

UI ライブラリとは、アプリケーション、アプリケーションのバージョン、画面ごとに要素をまとめてカプセル化したものです。UI ライブラリには複数のアプリケーションが含まれる場合がありますが、含められるバージョンは 1 つのアプリケーションにつき 1 つだけです。このメカニズムにより、依存関係をアップグレードするときに、プロジェクト内で使用していたアプリケーションのバージョンも確実にアップグレードされます。

再利用性

オブジェクト リポジトリを使用すると、UI ライブラリを依存関係としてプロジェクトにインストールできるため、複数のプロジェクトをまたいでグローバル レベルで UI 要素を再利用できます。

プロジェクトに UI ライブラリをインポートする

Create a task in StudioX. From the Manage Packages window, go to the feed where the UI Library you wish to install is published and install it to your current project, just as you would an activity package. The UI Library is added as a dependency to your project, and its descriptors are visible in the Object Repository panel, under UI Libraries. Please note that one UI Library can contain a single version of a UI Descriptor and a single version of an application.

330330

UI 要素を使用する

プロジェクトの [記述子] パネルまたは [UI ライブラリ] セクションの UI 要素を使用するには、デザイナー パネルにドラッグ アンド ドロップするだけです。この操作によりコマンド パレットがトリガーされ、この要素に使用できるアクティビティが示されます。最適なアクティビティを選択すると、それがデザイナーに追加されます。

14131413

または、オブジェクト リポジトリに対応したアクティビティの上に UI 要素をドラッグ アンド ドロップすると、アクティビティが自動的に記述子を認識します。

465465

オブジェクトをコピーして貼り付ける

[オブジェクト リポジトリ] パネル内で右クリックすると表示される [ツリーをコピー] オプションを使用して、ツリー構造全体をオブジェクト リポジトリに、またはオブジェクト リポジトリからコピーしたり、StudioX インスタンス間でコピーしたりできます。

さらに、[コピー] オプションまたはキーボード ショートカットの組み合わせ (ショートカット キー Ctrl + C と Ctrl + V) を使用し、リポジトリから個々の要素をコピーして、前述の場所にペーストすることもできます。

11 か月前に更新


オブジェクト リポジトリ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。