通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

ユーザー インターフェイス

UiPath StudioX インターフェイスには、特定の機能に簡単にアクセスできるように複数のパネルが用意されています。パネルはドッキングしたり、どこにでも移動できるようにフローティングに設定したり、自動的に隠すように設定したりできます。

Backstage ビュー

StudioX を最初に開いたときに表示されるビューです。このビューは、デザイン ビューの左上隅の [ホーム] をクリックして開くこともできます。ここでは、プロジェクトへのアクセス、StudioX 設定の構成、ヘルプやライセンス情報へのアクセスなどができます。このビューでは、次のボタンやタブを利用できます。

  • 開く - オートメーション プロジェクトを参照して開きます。
  • 閉じる - 現在開いているオートメーション プロジェクトを閉じます。
  • 開始 - 新しいタスクオートメーション プロジェクトを作成するか、最近アクセスしたプロジェクトを開きます。
  • ツール - Web ブラウザー向けの Excel アドインや拡張機能、Web ブラウザーで実行するアクションを StudioX でキャプチャできるようにするアプリケーションなどをインストールします。拡張機能の詳細については、『UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド』の「拡張機能」をご覧ください。
  • 設定 - StudioX の外観と操作性の変更、グローバル設定の指定、アクティビティ パッケージのソースの管理などを実行します。詳細については、「StudioX 設定の構成」をご覧ください。
  • ヘルプ - 製品ドキュメント、リリース ノート、オンライン リソース、コミュニティ フォーラムRPA アカデミーにアクセスできます。
    製品のバージョンとインストール、ライセンスが使用可能かどうか、更新チャネル、デバイス ID に関する情報も [ヘルプ] タブから得られます。[情報をコピー] ボタンを使用すれば、情報の詳細をすばやくクリップボードにコピーできます。

デザイン ビュー

オートメーション プロジェクトを作成、実行、パブリッシュするビューです。

リボン

ウィンドウ上部のリボンは、[最小化/展開] ボタン minimize_expandminimize_expand をクリックすることで最小化または展開できます。このビューには次のボタンがあります。

  • 保存 - オートメーション プロジェクトを保存します。
  • 切り取り/コピー/貼り付け - これらのボタンを使用して、デザイナー パネルでアクティビティの切り取り、コピー、貼り付けができます。
  • プロジェクト - [プロジェクト設定] を選択して、プロジェクトの名前や説明、ワークフロー アナライザーのルール、またはアクティビティのグローバルな設定を編集します。[プロジェクト フォルダーを開く] を選択して、Windows のファイル エクスプローラーでプロジェクト フォルダーを開きます。
  • プロジェクト ノートブック - オートメーション プロジェクトのプロジェクト ノートブックとして定義した Excel ファイルを開きます。設定を編集するには、このボタンの横の矢印をクリックして、[プロジェクト ノートブックを構成] を選択します。
  • パッケージを管理 - [パッケージを管理] ウィンドウを開き、プロジェクトのアクティビティ パッケージとソースを構成できます。
  • アプリ/Web レコーダー - アプリ/Web レコーダーを開きます。このレコーダーは、画面上のアクションをキャプチャし、それらに基づいて一連のアクティビティを自動的に生成します。詳細については、「アプリ/Web レコーダー」をご覧ください。
  • データ抽出 - 抽出ウィザードが開き、アプリケーションまたは Web ページから構造化データを抽出できます。詳細については、「表データを抽出」をご覧ください。
  • ファイルを分析 - プロジェクトのメイン ファイルに検証エラーとワークフロー アナライザーのルール違反があるかチェックします。結果は [エラー リスト] パネルに表示されます。ワークフロー アナライザーの設定を編集するには、このボタンの横の矢印をクリックして、[ワークフロー アナライザーの設定] を選択します。
  • Excel にエクスポート - オートメーション プロジェクトを Excel ファイルにエクスポートします。
  • パブリッシュ - プロジェクトとプロジェクト フォルダーにあるすべての他のファイルをアーカイブし、ロボットに送信して実行できるようにします。
  • 実行 - オートメーション プロジェクトを実行します。
    プロジェクトの実行中に作業を中断せずに続行するには、このボタンの下にある矢印をクリックし、[PiP (試験段階) で実行] を選択します。プロジェクトは、フローティング ウィンドウで起動される新しいセッションで実行されます。

📘

注:

オートメーション プロジェクトの実行中に作成されたものではないファイルは、Orchestrator へのパブリッシュ時に読み取り専用になります。業務プロセスにおいて将来的に特定のファイルへの書き込みが必要となる場合は、プロジェクトの実行中にファイルを作成するようにしてください。

アクティビティを追加の検索バー

[アクティビティを追加] 検索バーでは、アクティビティをすばやく検索し、オートメーション プロジェクトに追加できます。

[アクティビティを追加] 検索バーを開くには、プロジェクトに追加したいずれかのアクティビティの上部または下部にある [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックするか、Ctrl + Shift + T のキーボード ショートカットを使用します。

このバーは次の 2 つのセクションに分かれています。

  • [共通シナリオ] には、各種の共通アクティビティと事前構成済みのオートメーションが、プロジェクト ワークフローの中で [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon をクリックした場所に基づいて一覧表示されます。これによって、あらゆる状況で最も関連性が高い検索結果にすばやくアクセスできます。
  • [アクティビティ] には、インストールしたパッケージにあるすべてのアクティビティが一覧表示されます。

フィードバックを送る

StudioX から直接送信できるフィードバックとして、[製品に関する提案を提出][バグを報告] の 2 種類があります。タイトルバーの send_feedbacksend_feedback をクリックすると、どちらにもアクセスできます。

[品質向上にご協力ください] ウィンドウで、次の情報を入力して [送信] をクリックします。

  • [目的] ドロップダウン メニューから、[製品に関する提案を提出] または [バグを報告] を選択します。
  • [対象] ドロップダウン メニューから、フィードバックの送信対象の製品を選択します。StudioX は既定で選択されています。
  • [内容の重要度] フィールドで [低][高][重大] のいずれかを選択します。
  • [件名] フィールドに、メッセージの件名を入力します。
  • [再現ステップ] または [説明] フィールドに詳細な説明を入力します。
  • [追加] をクリックするとファイルを添付できます。最大 6 個の画像、ビデオ、またはテキスト ファイルを添付できます。それぞれのサイズは 10 MB 未満とします。

送信できる投稿は 5 分間で最大 3 件です。

📘

注:

[アクティビティ] パネルと [アクティビティを追加] 検索バーは、あいまい検索をサポートしているので、検索用語と正確に一致していなくても結果が返されます。検索用語がやや不完全な場合、スペルに誤りがある場合、各単語の先頭文字のみを指定している場合でも結果が返されます。

デザイナー パネル

デザイナー パネルは、オートメーションを作成するときのキャンバスとなります。ここでは、自動化するアクティビティの追加、そのプロパティの表示と編集、アクティビティの順序指定によるワークフローの定義などを実行します。オートメーション プロジェクトはダイアグラムで示されるので、プロセスを構成するアクティビティのシーケンスを視覚的に確認できます。

アクティビティは、ダブルクリックするかドラッグ アンド ドロップすることによって[アクティビティ] パネルから追加できます。または、既に追加されているアクティビティの上下にある [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon ボタンをクリックし、[アクティビティを追加] 検索バーから選択することもできます。パネルに追加したすべてのアクティビティについて、名前、主要なアクティビティのプロパティ、そのアクティビティの構成に役立つボタンやリンク、参考スクリーンショットなどの詳細情報を表示できます。さまざまな種類のアクティビティの識別に役立つように、各アクティビティの左側境界線は、適用先のアプリケーションごとに色分けされています。たとえば、Excel 系アクティビティの左側境界線は緑色で、Outlook 系アクティビティの左側境界線は青色です。

pan_modepan_mode アイコンをクリックし、スペース キーを押し、マウスの中ボタンを押して、パン モードを有効にします。ズーム ドロップダウンを使用してズーム レベルを変更し、reset_zoomreset_zoom アイコンをクリックして 100% にリセットします。

[画面に合わせる] fit_screenfit_screen アイコンは全体のワークフローがデザイナー パネルに収まるようにズームを変更します。overviewoverview アイコンをクリックして、プロジェクト全体の概要を取得し、フォーカスを調整してセクションを移動します。

コンテキスト メニュー

コンテキスト メニューを使用すると、プロジェクト内のアクティビティに対していくつかの操作を実行できます。プロジェクト内のアクティビティを右クリックすると、コンテキスト メニューを表示できます。

コンテキスト メニューのフィールドの説明

オプション

説明

名前の変更

アクティビティの名前を編集します。

開く

デザイナー パネルで選択したアクティビティを開きます。

折りたたみ

Collapses the activity thus reducing the displayed details to "Double-click to view". You can achieve the same result by clicking the Collapse button **Collapse****Collapse**.

埋め込み先で展開

Expands the content of the activity, displaying its detailed content. You can achieve the same result by clicking the Expand button **Expand****Expand**.

切り取り

選択されたアクティビティを切り取り、クリップボード上に配置します。

コピー

選択されたアクティビティをコピーし、クリップボード上に配置します。

貼り付け

クリップボードのコンテンツを現在の位置に挿入します。

削除

対象となるアクティビティを削除します。

注: コンテキスト メニューは、1 つのアクティビティの選択に対してのみ表示されるものですが、対応する「削除」のショートカットキーを用いればこのコマンドを複数のアクティビティに対して使用することができます。

注釈

ワークフロー内のアクティビティについて、注釈の追加、編集、削除を行えます。また、注釈を表示 / 非表示にすることもできます。

画像としてコピー

デザイナー パネル内で表示されたコンテンツのスクリーンショットを作成します。

注: 子アクティビティのスクリーンショットを作成したい場合には、最初にデザイナー パネルで子アクティビティを開いてください。

画像として保存

デザイナー パネル内で表示されたコンテンツのスクリーンショットを作成し、保存の際に必要な情報(ファイル名、ファイルの種類、保存先)を設定するようユーザーに指示します。サポートされるファイル形式は、JPG、PNG、GIF、XPSです。

アクティビティを有効化

それまで無効化されていたアクティビティを有効化します。

アクティビティを無効化

アクティビティを無効化します。アクティビティは灰色表示され、[コメント アウト] アクティビティ内に配置されます。

ここにズーム

特定のアクティビティのみを表示するようにダイアグラム内をナビゲートします。デザイナー パネルの見出しにパスが階層リンクとして表示されます。

Zoom out (縮小)

プロジェクトのダイアグラム全体をデザイナー パネルに表示します。

このアクティビティまで実行

プロジェクトを始めから実行し、このアクティビティが実行される前に停止します。

このアクティビティから実行

このアクティビティからプロジェクトを実行します。

ヘルプ

Activities ガイドでアクティビティの種類に関するヘルプ ページを開きます。

アクティビティ パネル

[アクティビティ] パネルには、現在のプロジェクトに追加できるアクティビティが表示されます。アクティビティごとに名前、アイコン、簡単な説明が表示されます。アクティビティをオートメーションに追加するには、それをダブルクリックするか、デザイナー パネルの目的の場所にドラッグ アンド ドロップします。

パネル上部の検索ボックスを使用してアクティビティを検索できるほか、パネルの左側にあるタブを使用して、種類別にフィルター処理することもできます。使用できるタブとして、[すべて表示] (既定の選択)、[Word][アプリ/Web][Excel][CSV][Outlook][ファイル]、および [共通] があります。

データ マネージャー パネル

[データ マネージャー] パネルには、オートメーション プロジェクトに現在追加されているデータが表示されます。このデータとして次のものがあります。

  • 後でプロジェクトで使用するために保存した出力値。
    • 保存済みの値の名前を変更するには、値を右クリックして、[保存された値の名前を変更] を選択します。
    • 値が保存されたアクティビティに移動するには、保存された値をダブルクリックします。
  • プロジェクトに追加したリソース: Excel ファイル (プロジェクト ノートブックを含む)、Outlook アカウント、Word 文書、アプリケーション、およびブラウザー。
    • リソースが定義されたアクティビティに移動するには、データ マネージャーのエントリをダブルクリックします。
    • オートメーションに追加されたファイル、または、そのファイルが含まれるフォルダーを開くには、Excel または Word のファイル リソースを右クリックして、[開く] または [ファイルの場所を開く] を選択します。

プロパティ パネル

[プロパティ] パネルには状況に応じた内容が表示されます。選択したアクティビティの詳細なプロパティの表示と編集が可能です。複数のアクティビティを選択した場合、[プロパティ] パネルでは、これらのアクティビティに共通のプロパティのみを変更できます。

既定では、[プロパティ] パネルは非表示になっています。ほとんどの場合、デザイナー パネルで使用できるオプションでアクティビティを設定できます。

出力パネル

[出力] パネルでは、[1 行を書き込み] アクティビティの出力、プロジェクトの実行に関するステータス情報、アクティビティ パッケージで生成されたエラーなどを表示できます。

[出力] パネルでは、パネルの見出しにあるボタンをクリックすることで、さまざまなログ レベル (エラー、警告) のメッセージを表示または非表示にする操作や、パネルのコンテンツをテキスト ファイルにエクスポートする操作などができます。メッセージをダブルクリックすると、メッセージの詳細が表示され、その情報をコピーすることもできます。

[出力] パネルに表示されるすべての情報は、[すべてクリア] ボタンで消去できます。ワークフローの実行時に、このパネルのログやその他のデータが消去されます。[出力] パネルには、一度に 2,000 行まで表示できます。

[出力] パネルの横にある [エラー リスト] パネルには、検証およびワークフローの分析中にプロジェクトで検出されたエラーが表示されます。詳細については、「ワークフロー アナライザーについて」をご覧ください。

Orchestrator リソース パネル

ロボットが Orchestrator に接続されている場合、[Orchestrator リソース] パネルでアセット、キュー、プロセスを読み込むことができます。手順については、「ロボットを Orchestrator に接続する」をご覧ください。

Orchestrator に接続されているロボットの種類が標準の場合、[Orchestrator リソース] パネルには、このロボットがプロビジョニングされたクラシック フォルダーのみを表示できます。

ロボットの種類がフローティングの場合、パネルには、このロボットがアクセスできるすべてのクラシック フォルダーとモダン フォルダーが表示されます。 Orchestrator でのロボットの作成についての詳細は、こちらを参照してください 。

パネルには、Orchestrator クラシック フォルダーまたはモダン フォルダーにあるアセット、キュー、およびプロセスが表示されます。詳細については、フォルダーを参照してください。

📘

注:

手動でプロビジョニングされた従来のロボットを使用する場合、パネルに表示するには、対応するリソース (アセット、キュー、プロセス) に対して View 権限を付与する必要があります。

パネルにリソースを読み込むには、ステータス バーで [更新] ボタンをクリックします。上の画像に示すように、矢印の横にあるテキストをクリックしてフォルダーを切り替えます。

ステータス バーのテキストにカーソルを置くと、Orchestrator の URL と現在のフォルダーの名前が表示されます。[Orchestrator リソース] パネル内の任意の項目を右クリックして、その名前をコピーし、そのようなリソースを操作するアクティビティで使用します。

8 か月前に更新


ユーザー インターフェイス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。