通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

StudioX 設定の構成

StudioX の Backstage ビューの [設定] タブで、StudioX の設定を構成します。

一般設定の構成

StudioX の一般設定を構成するには、[設定] タブで [一般] を選択します。

次の値を設定できます。

  • 言語 - StudioX とロボットのユーザー インターフェイスの言語を変更するには、[言語] ドロップダウン メニューから言語を選択します。用意されている言語は、[英語][日本語][フランス語][ロシア語][中国語 (簡体字)][ドイツ語][スペイン語 (スペイン)][スペイン語 (メキシコ)][ポルトガル語 (ブラジル)][ポルトガル語 (ポルトガル)][韓国語][トルコ語] です。
  • テーマ - StudioX には、2 つのテーマとして [ライト] と [ダーク] が用意されています。テーマを変更するには [テーマ] ドロップダウン メニューを使用します。この変更を適用するには、StudioX を再起動する必要があります。Windows オペレーティング システムで [ハイ コントラスト] オプションを選択した場合、再起動した StudioX はハイコントラスト モードに切り替わります。
  • テレメトリ - StudioX で匿名の使用状況データを収集および送信できるようにするかどうかを選択します。UiPath では、問題を診断して製品の向上に役立てるために、使用状況とパフォーマンスのデータを収集しています。UiPath プライバシー ポリシーの実施については、プライバシー ステートメントを参照してください。
  • 設定をリセット - StudioX の設定を既定値に戻すには、[設定をリセット] をクリックします。この操作では、アクティビティ パッケージとそのソースの設定はリセットされません。
    次の各設定が既定値に戻ります。
    • [設定] タブの [一般] セクションと [デザイン] セクションのすべての設定。
    • [開始] タブの、最近使用したプロジェクトの一覧。
    • StudioX のレイアウト。
    • 更新チャネル。[安定] に切り替わります。

デザイン設定の構成

デザイン設定を構成するには、[設定] タブで [デザイン] を選択します。これらの設定は、StudioX で開くすべてのプロジェクトに適用されます。

次の値を設定できます。

  • 保存およびパブリッシュ
    • 自動バックアップの実行間隔 - プロジェクトを定期的に自動保存する間隔を設定します。これは、前回保存したワークフローのコピーを復元する際に役立ちます。既定値は、30,000 ミリ秒に設定されています。最小値は 10,000 ミリ秒、最大値は 9,999,999 ミリ秒です。
    • [プロジェクトのパブリッシュ時のタイムアウト] - プロジェクトをパブリッシュする際のタイムアウト値を設定します。既定値は 30 秒です。タイムアウトの最大値は 999,999 秒、最小値は 1 秒です。
    • プロジェクトを開く動作 - プロジェクトを開くときに読み込むタブの指定として、[タブなし] (既定の選択)、[最後に開いたタブを保持]、または [メイン エントリ ポイントを開く] を選択します。
    • パブリッシュ前にアナライザーを実行 - このトグルを使用して、ワークフロー アナライザーのエラーが発生したプロジェクトのパブリッシュを許可するか制限するかを選択します。
    • 実行前にアナライザーを実行 - このトグルを使用して、ワークフロー アナライザーのエラーが発生したプロジェクトの実行を許可するか制限するかを選択します。
  • 実行
    • 出力コンソールのサイズ - 1 つのセッションで [出力] パネルに表示できる行の最大数を設定します。既定値は 2,000 行です。最大値は 9,999 行、最小値は 1 行です。
    • 実行時に最小化 - プロジェクトの実行時に StudioX ウィンドウを最大化するか最小化するかを、トグルで選択します。
  • アクティビティ デザインのスタイル
    • 注釈をドッキング - アクティビティに注釈を追加するための既定の方法を選択します。このオプションを選択した場合は、注釈がアクティビティの中に固定され、選択しない場合は、アクティビティの横にフローティング表示されます。

場所の構成

プロジェクトの保存先およびパブリッシュ先とする既定の場所を構成するには、[設定] タブの [場所] を選択します。

  • 既定の場所
    • [プロジェクト パス] - プロジェクトの作成先とする既定の場所を変更します。既定では、プロジェクトは C:\Users\<current_user>\Documents\UiPath に作成されます。
    • ライブラリのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にライブラリのパブリッシュ先とする既定の場所を追加します。
    • プロセスのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にプロセスのパブリッシュ先とする既定の場所を追加します。

アクティビティ パッケージのソースの管理

プロジェクトを開かずにアクティビティ パッケージのソースを管理するには、[設定] タブの [パッケージ ソースを管理] を選択します。このセクションのオプションは、[パッケージを管理] ウィンドウのオプションに似ており、プロジェクト単位でソースを調整できます。詳細については、『Studio ガイド』の「アクティビティ パッケージの管理」をご覧ください。

📘

注:

既定では、[ローカル] パッケージ ソースが有効になっています。ロボットが Orchestrator に接続されている場合は、[Orchestrator] パッケージ ソースも有効になります。

ライセンスとプロファイルの構成

ライセンス キーのアクティベーションやユーザー プロファイルの変更を実行するには、[設定] タブの [ライセンスとプロファイル] を選択します。

次のオプションを使用できます。

  • ライセンスを表示または編集 - ライセンス キーをアクティベーションするライセンス アクティベーション ウィザードを開始します。詳細については、『UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド』の「Studio ライセンスをアクティベーションする」をご覧ください。
  • プロファイルを確認または変更 - 知識レベルが異なる 2 つの種類のユーザーのいずれもがオートメーションを作成できるように、UiPath は 2 つの異なるエクスペリエンスを提供しています。以下から最適なエクスペリエンスを選択します。
    • [UiPath Studio] は、プログラミングの知識を持ち、高度な機能を使用した複雑なオートメーションの構築を目指しているユーザー向けです。
    • UiPath StudioX は、プログラミングの経験はないものの Microsoft Excel や Outlook などのビジネス アプリケーションの使用経験があり、これらのアプリケーションで頻繁に実行するタスクに特化したオートメーション の構築を目指しているユーザーに適しています。

📘

注:

両方のプロファイルを使用できるのは、Studio のライセンスをアクティベートした場合のみです。StudioX のライセンスをアクティベートした場合は、StudioX のプロファイルしか使えません。

10 か月前に更新


StudioX 設定の構成


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。