通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

監査ログ

StudioX は、オートメーション プロジェクトのアクティビティで使用されているデータに関して、監査情報を記録します。監査情報は、Information レベルの実行ログとして、Audit: で始まるメッセージに記録されます。

ログには、各プロジェクトの実行がどこから開始されたか (Assistant、StudioX、Studio、または Orchestrator) を記録した、initiatedBy プロパティも含まれます。これによって、組織はツールの使用状況を監視できます。

下の表は、StudioX が記録する監査情報の一覧です。ログについての詳細は、『Studio ガイド』を参照してください。

アクティビティ記録される監査情報
アプリケーション/ブラウザーを使用 (Use Application/Browser)- For desktop applications:
The name of the target application executable file.
Any arguments passed to the application at startup.
- For web browsers:
The name of the web browser (IE, Firefox, Chrome, or Edge).
The URL of the targeted web page.
Excel ファイルを使用 (Use Excel File)- アクティビティで使用される Excel ファイルの名前
Word ファイルを使用- アクティビティで使用される Word 文書の名前
Outlook アカウントを使用 (Use Outlook Account)- アクティビティで使用される Outlook アカウントの名前
表データを抽出 (Extract Table Data)- データの抽出元 Web ページの URL
Outlook メールを送信 (Send Outlook Email)- Recipients added to the To field.
- Recipients added to the Cc field.
- Whether the email is sent or saved as draft.
Outlook からメールに返信- Recipients added to the To field.
- Recipients added to the Cc field.
Outlook メールを転送 (Forward Outlook Email)- Recipients added to the To field.
- Recipients added to the Cc field.

11 か月前に更新


監査ログ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。