通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル : UI の操作の自動化

この例では、次の各タスクのオートメーションを作成します。

  1. Excel ファイルから値をコピーします。
  2. デスクトップ アプリケーションの特定のフィールドに値を貼り付けます。
  3. デスクトップ アプリケーションからトランザクション番号をコピーします。
  4. Excel ファイルのセルに値を貼り付けます。
  5. デスクトップ アプリケーションのボタンをクリックしてデータを送信します。
  6. アプリケーションから取得したトランザクション番号とアカウント番号が記述された確認メッセージを表示します。

プロジェクトを作成し、使用する Excel ファイルを指定する Excel ファイル カードを追加することから始めます。次に、アプリケーションを操作するアクティビティを収めるアプリケーション カードを追加します。最後に、確認メッセージを表示する [メッセージ ボックス] アクティビティを追加します。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルをダウンロード

  1. 既定の設定を使用して新しいプロジェクトを作成します
  2. このチュートリアルでは、ページ下部にあるボタンをクリックして、オートメーション プロジェクトを収めたアーカイブをダウンロードして展開します。ファイル Transaction.xlsx をプロジェクト フォルダーにコピーし、ファイル DoubleUI.exe をダブルクリックして DoubleUI アプリケーションを開きます。

ステップ 2: Excel ファイルをプロジェクトに追加します。

  1. [アクティビティ] パネルで、[Excel] タブを選択して [Excel ファイル カード] をダブルクリックします。[Excel ファイル カード] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. [Excel ファイル カード] アクティビティで次の手順に従います。
    • [Excel ファイルを参照] フィールドの右側にある browse filesbrowse files をクリックし、ファイル Transaction.xlsx を参照して選択します。
    • In the field And reference it later as enter MyExcel です。
      これで、このプロジェクトでは名前を MyExcel としたファイル Transaction.xlsx を操作対象として指定したことになります。
652652

ステップ 3: アプリケーションとそのアプリケーション内で実行するアクティビティを追加

  1. [アクティビティ] パネルで、[自動化] タブを選択し、[アプリケーション カード] アクティビティをドラッグして [Excel ファイル カード] アクティビティにドロップします。[アプリケーション カード] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。Excel ファイルにあるデータはオートメーションのどこでも使用できるので、必要に応じて、アプリケーション カードを Excel ファイル カードの下にドロップすることもできます。
  2. [アプリケーション カード] アクティビティで、[アプリケーションを指定] をクリックして、マウス ポインターを DoubleUI アプリケーションの上に移動します。ウィンドウが強調表示されるので、DoubleUI の任意の場所をクリックします。
    アプリケーション カードが更新され、ウィンドウのスクリーンショットがアクティビティに表示されます。
  3. [アクティビティ] パネルで、[自動化] タブを選択し、[文字を入力] アクティビティをドラッグして [アプリケーション カード] アクティビティにドロップします。[文字を入力] アクティビティが [アプリケーション カード] に追加されます。
  4. [文字を入力] アクティビティで次の操作を行います。
    • [ターゲットを指定] をクリックして、DoubleUI.exe アプリケーションの [Cash In] フィールドにマウス ポインターを移動し、強調表示されたらそのフィールドをクリックします。[Cash In] ラベルではなく、その横の入力可能なフィールドをクリックします。[文字を入力] アクティビティでは、アンカー要素の画像 (フィールドのラベル) が [これを検索] に表示され、ターゲット要素の画像 (入力先のフィールド) が [ここに入力] に表示されます。アクティビティの名前が更新され、フィールドのラベルも表示された状態になっています。
    • Click plus buttonplus button on the right side of the Type this field, and then select MyExcel > Indicate in Excel. In the Excel file, select the B1 cell (the Cash In value) and click Confirm in the UiPath tab of the Excel ribbon menu. The Type this field displays your selection as [MyExcel] Sheet1!B1.
      これで、Excel ファイルから入金の額を DoubleUI.exe アプリケーションの [Cash In] フィールドにコピーするように指定したことになります。
  5. ステップ 3 ~ 4 を 2 回以上繰り返し、Excel ファイルのセル B2 から自行払い小切手の額、セル B3 から他行払い小切手の額を DoubleUI アプリケーションのそれぞれ対応するフィールドにコピーする [文字を入力] アクティビティを追加します。
  6. [アクティビティ] パネルで [自動化] タブを選択し、[テキストを取得] アクティビティをドラッグして、[アプリケーション カード] アクティビティ内の最後の [文字を入力] アクティビティの後にドロップします。[テキストを取得] アクティビティが [アプリケーション カード] に追加されます。
  7. [テキストを取得] アクティビティで、次の操作を行います。
    • [ターゲットを指定] をクリックし、DoubleUI.exe アプリケーションの [Transaction #] の値にマウス ポインターを移動します。値が強調表示されたらクリックします。ラベル [Transaction #] ではなく、その横の値をクリックします。[テキストを取得] アクティビティでは、アンカー要素の画像 (フィールドのラベル) が [これを検索] に表示され、ターゲット要素の画像 (テキストの取得場所のフィールド) が [これを取得] に表示されます。アクティビティの名前が更新され、フィールドのラベルも表示された状態になっています。
    • Click plus buttonplus button on the right side of the Save to field, and then select MyExcel > Indicate in Excel. In the Excel file, select the B4 cell (the Transaction # value) and click Confirm in the UiPath tab of the Excel ribbon menu. The Save to field displays your selection as [MyExcel] Sheet1!B4.
      これで、DoubleUI.exe アプリケーションの [Transaction #] の値を Excel ファイルの Sheet1 の B4 セルにコピーするように指定したことになります。
  8. [アクティビティ] パネルで [自動化] タブを選択し、[クリック] アクティビティをドラッグして、[アプリケーション カード] アクティビティ内の [テキストを取得] アクティビティの後にドロップします。[クリック] アクティビティが [アプリケーション カード] に追加されます。
  9. [クリック] アクティビティの [ターゲットを指定] をクリックし、DoubleUI.exe アプリケーションの [Accept] ボタンにマウス ポインターを移動します。ボタンが強調表示されたら、クリックします。この [クリック] アクティビティでは、ターゲット要素の画像が [これをクリック] に表示されます。アクティビティの名前が更新され、ボタンのラベルも表示された状態になっています。
    これで、DoubleUI.exe アプリケーションの [Accept] ボタンをクリックするように指定したことになります。
  10. [アクティビティ] パネルで [自動化] タブを選択し、[テキストを取得] アクティビティをドラッグして、[アプリケーション カード] アクティビティ内の [クリック] アクティビティの後にドロップします。[テキストを取得] アクティビティが [アプリケーション カード] に追加されます。
  11. [テキストを取得] アクティビティで、次の操作を行います。
  • [ターゲットを指定] をクリックして、DoubleUI.exe アプリケーションの [Account #] の値にマウス ポインターを移動し、強調表示されたらその値をクリックします。[テキストを取得] アクティビティでは、フィールドのラベルの画像が [これを検索] に表示され、値の画像が [これを取得] に表示されます。
  • Click plus buttonplus button on the right side of the Save to field, and then select Save for Later Use. Enter the name Account # for the value.
    これで、[Account #] の値を DoubleUI.exe アプリケーションからコピーし、プロジェクトの後工程で使用できるように、その値を Account # という名前で保存するように指定したことになります。
591591

ステップ 4: メッセージ ボックス アクティビティを追加して作成

  1. [アクティビティ] パネルで、[システム] タブを選択し、[メッセージ ボックス] アクティビティをドラッグして最後のアクティビティの後にドロップします。Excel ファイルにあるデータはオートメーションのどこでも使用でき、また [メッセージ ボックス] は UI Automation アクティビティではないので、Excel ファイル カードの内部、アプリケーション カードの内部、それらの外部のどこにでもメッセージ ボックスをドロップできます。言い換えれば、最後のアクティビティであればオートメーションのどこにでもドロップできます。
  2. [メッセージ ボックス] アクティビティで、右側の plus buttonplus button をクリックして [テキスト] を選択します。[テキスト ビルダー] ウィンドウが表示されます。
  3. ここでは、次のようなテキストを追加して表示します。「Transaction # 123 has been processed for account # 456」このためには、次の手順に従います。
    • 「Transaction #」と入力します。
    • Click plus buttonplus button on the right side of the window, and then select MyExcel > Indicate in Excel. In the Excel file, select the B4 cell (the Transaction # value) and click Confirm in the UiPath tab of the Excel ribbon menu. You have added the transaction number value from the Excel file.
      The text should now look like this: "Transaction # MyExcel Sheet1!B4".
    • 「has been processed for account #」と入力します。
    • Click plus buttonplus button on the right side of the window, and then select MyExcel > Use Saved Value > Account #. You have added the account number value that you saved for later use earlier.
      次のテキストが表示されます。
750750
  1. テキスト ビルダーで [保存] をクリックします。
  2. リボン メニューで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてそのオートメーションを実行します。

Excel ファイルから値がコピーされ、DoubleUI アプリケーションに入力されます。また、DoubleUI アプリケーションの Transaction # が Excel ファイルにコピーされ、メッセージ ボックスの最後にトランザクション番号とアカウント番号が表示されます。

サンプルをダウンロード

2 年前に更新


チュートリアル : UI の操作の自動化


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。