通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: CSV から Excel へのコピーと、ファイルのメール送信

このチュートリアルでは、CSV ファイルから既存の Excel ファイルにデータをコピーし、その Excel ファイルをメールに添付して Outlook からメールを送信します。

プロジェクトを作成し、データをコピーする Excel ファイルを指定する [Excel ファイル カード] を追加することから始めます。カード内で、[CSV を読み込み] アクティビティを追加して、コピー元の CSV ファイルとコピー先にする Excel ファイル内の場所を指定します。次に、[Outlook アカウント カード] を追加して、使用する Outlook アカウントを指定し、その中に [Outlook メールを送信] アクティビティを追加して、メールを送信します。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルを取得します。

  1. 既定の設定を使用して新しいプロジェクトを作成します
  2. この例では、このページ下部にあるボタンを使用して、オートメーション プロジェクトを含むアーカイブをダウンロードして展開し、A.csv ファイルと B.xlsx ファイルをプロジェクト フォルダーにコピーします。

ステップ 2: Excel ファイルをプロジェクトに追加します。

  1. Click plus_iconplus_icon on the Designer panel and then, in the Common Scenarios section of the search box at the top of the screen, select Use Excel File, and browse to and select the file B.xlsx. An Excel File Card activity is added to the Designer panel.
  2. In the activity, in the field And reference it later as enter ExcelB です。
    これで、このオートメーションでは名前を ExcelB としたファイル B.xlsx を操作対象として指定したことになります。
673673

ステップ 3: アクティビティを追加し、CSV ファイルのデータを Excel ファイルにコピーします。

  1. [Excel ファイル カード] で、plus_iconplus_icon をクリックし、画面上部にある検索ボックスで [CSV を読み込み] アクティビティを検索して選択します。Excel ファイル カードに、そのアクティビティが追加されます。
  2. [CSV を読み込み] アクティビティで、以下の手順を実行します。
    • [読み込み元ファイル] フィールドの横にある browse filesbrowse files をクリックし、ファイル A.csv を参照して選択します。
    • Click plus buttonplus button on the right side of the Output to field, and then select ExcelB > Indicate in Excel. The spreadsheet is opened in Excel. Because there is already data in the file and we want to keep it, select the first cell in the first empty row (cell A7), and then click Confirm. The field is updated with your selection [ExcelB] Sheet1!A7.
      これで、CSV ファイル A.csv から、ファイル ExcelB の Sheet1 セル A7 を先頭にデータをコピーするよう指定したことになります。
681681

ステップ 4: Outlook アカウントをプロジェクトに追加して、メールを送信します。

  1. [アクティビティ] パネルで、[Outlook] タブを選択し、[Outlook アカウント カード] をドラッグして [Excel ファイル カード] の下にドロップします。[Outlook アカウント カード] がデザイナー パネルに追加されます。
  2. アクティビティの [メール アカウントを選択] フィールドでは、既定のメール アカウントが既に選択されています。別のアカウントを使用する場合は、ドロップダウン メニューから選択します。
    In the And reference it later as field, leave the default value Outlook as the name under which to refer to the account in the automation.
  3. [アクティビティ] パネルで、[Outlook メールを送信] アクティビティをドラッグして、[Outlook アカウント カード] 内にドロップします。
  4. [Outlook メールを送信] アクティビティで、以下の手順を実行します。
    • [送信元アカウント] フィールドの右側にある plus buttonplus button をクリックし、[Outlook] を選択します。
    • [宛先] フィールドの右側にある plus buttonplus button をクリックし、[テキスト] を選択します。[テキスト ビルダー] ウィンドウに、メールの宛先とするメール アドレスを入力します。たとえば、自分宛てにメールが送信されるように、自分のアドレスを入力することもできます。
    • Click plus buttonplus button on the right side of the Subject field, and then select Text. In the Text Builder window, enter a subject for the email, for example Updated Excel File です。
    • Click plus buttonplus button on the right side of the Body field, and then select Text. In the Text Builder window, enter text for the body of the email, for example See attachment です。
    • [添付ファイル] を指定するには、[ファイル] を選択して、フィールドの横の browse filesbrowse files をクリックします。つづいて、ファイル reconcile Excel Date!YYYYMMDD.csv の保存場所に移動し、そのファイルを選択します。
325325
  1. リボン メニューで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてそのオートメーションを実行します。

A.csv のデータが B.xlsx にコピーされ、次にメール メッセージに添付され、[Outlook メールを送信] アクティビティに設定されている詳細を使用して送信されます。

サンプルをダウンロード

2 年前に更新


チュートリアル: CSV から Excel へのコピーと、ファイルのメール送信


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。